たんぢょび 

2008年10月06日(月) 21時27分
いやー
ついに23才になっちゃった!
今年のお誕生日も最高に幸せやった!
前日はちょうせいさんちでみんながお祝いしてくりた。


















しあわせ!
当日は会社のみんながサプライズパーティ開いてくれて、いっぱい笑ったー
途中で「きっしー下見て」ってゆわれてざぶとんのした見たら






こんな素敵なプレゼントがー
真剣うれしかった!
かわいくない?
みんなセンスあるー

でもこれだけぢゃない!
家帰ったらおっきな贈り物が!


だいすきなキティーーーーーーー!しあわせ!
みんなありがとう!




そしてそして、次の日は大学のみんなからサプライズプレゼントー
もうみんなだいすきすぎるからーーーー!
  


毎日ほんっっとにしあわせー


あなたと奈良 

2008年10月06日(月) 21時11分
だいすきな会社の同期、みやっちとよっしーと土日使って奈良旅行!!
やばたのしー
奈良最高!
初日は三人で彼氏のレースを見に行く。
一着ひゃっほーい

それから東大寺。






































やぱ大仏様は美しい!
いやされるー
ライトアップにも行ったよ!
奈良素敵すぎて感動!
夜の奈良はほんとやばい!鹿さんうろうろしてるのもなんだか和むしなー

旅館もすっごい雰囲気があってくつろげたし♪
ただ、次の日がテストやったから三人で必死にテストの練習!
全員千円札100枚持参でひたすら練習してたー!








































でも楽しかった!














そしてそして次の日もレース。
決勝やからみんなでずーっとうきうき。
したらきたーーーーーー!

彼氏二着やったんやけど、実はその分の券も買っててー
みやっちもよっしーもあたしも全員17000円勝っちゃった♪♪
旅費浮いた♪

楽しすぎる、この三人♪
今度また奈良行こう!
あなたと奈良、大和路。
やはり京都と奈良は最強!

きゅんきゅん 

2008年09月24日(水) 23時08分
ひさしぶりにきゅんて気持ち見つけたー

男の子はお仕事してるときがいっちばんカッコイイ!

きゅんきゅん

ふだんはあまり派手に感情ださへんしおとなしいくせに、お仕事のときは別人みたくたくましい。

きゅーん

おじさんたちにやじられている彼氏を見ると少し心が痛いけど(笑)、それでも一生懸命なあいつはほんとカッコイイ!

こないだはじめて一番になったとこ生で見れた♪

きゅーん

こんな気持ちってばすてきすなー




二条城 

2008年09月14日(日) 0時55分
ちょうせいさん以外に大切にしたいって想える人に出会えたけれど、今でもあなたの夢を見ます。
会いたくってたまらなくなるときだってあります。

理由はわかってるよ。

今でもちょうせいさんに惚れてるからやん。

生まれ変わってもやっぱりちょぅせいさんと一緒になりたい。
一緒にいろんなところに行って、一緒にいっぱい笑いたい。

京都で一緒に住もうって約束覚えてる?

また二条城のまわり一緒にお散歩したいなー

一緒に考えた携帯のメールアドレス、いまだに変えられずに残してる☆
ちょうせいさん女の子みたい。
ふたりだけにわかるあどれすにしたいって。
かわいー
だからあたしのあどれすは今でも二条城。

二条城にはうちらふたりの思い出いっぱいつまってるもん。
寒い寒いって文句言いながら二条城のまわりお散歩してね、
京都は、あったかいミルクティもすぐに冷たくなっちゃうくらい寒かったね。
あまりにも寒くて、お散歩の途中おそろいの手袋買ったこともあったっけ。
二条城の前の公園で一緒にたこやきも食べたよね。
そのときもたこやきすぐに冷たくなっちゃったやん。
それでもちょうせいさんがそばにいてくれるだけですごくあったかかったー

「お母さん、今週もさーくるの合宿あるから家帰られへんわ」

何回かお母さんにうそついてちょうせいさんの京都のおうちでプチ同棲。
これが最高の思い出かもしれへんなー
二条城のお散歩のプチ同棲のときよくしてたし。

2005年の冬、一週間プチ同棲したとき、記録的な雪が降って、
そのときちょうせいさんに連れてってもらったクリスマスイルミネーションが忘れられへん
あたり一面真っ白で、ふたりではしゃいでたらこけそうになって、そのたびにちょうせいさん優しい笑顔見せてくれて、ほんまに楽しかったー

ちょぅせいさんのあのくしゃくしゃの笑顔が今でも鮮明に思い浮かぶ。

ちょうせいさん、やっぱり今でも涙がでちゃうよ。
今も涙がとまれへん。
どうしようもなく会いたい。

もしもひとつだけ願い事が叶うなら、
間違いなく、一年半前の過去に連れてってもらうやろうな

ちょうせいさん、今日も明日もこれからもずっとずっと大好きって
それだけ伝えてちょぅせいさん抱きしめてあげたい。

ちょうせいさん、あかんわ
今日もちょうせいさんのことめっちゃ好きや。

こんなにも夢中にさせてしまうあんたはほんまに罪やな
バーカ

でもこれからもずっとずっとあたしの中で生き続けてよね。

-- 

2008年01月18日(金) 2時49分
ちょうせいさんとお別れしてからすごく夜が長くて眠れない日が続いたから早朝のバイトを始めた。
朝早くて起きるのが辛いけど、それでも眠れない夜はなくなって、毎日があっというまに過ぎてった。
そのバイトで知り合ったOくん。
最初は恋愛対象にすら入らなかったけど、こんなにもあたしのこと想ってくれるのかって思うと、だんだん愛しくなってくるものなんかな。

しあわせ。

どきっとする気持ち、なんか久しぶり。
この気持ちを大切にしたい。
Oくんは、今までちょうせいさんの話をたくさん聞いてくれて、これからもずっとちょうせいさんのこと大切にしていきたいってゆってくれた。

Oくんと会う日はいつも一緒に星を見に行くんやけど、不思議といつもすごいきれいねんな。
ちょうせいさん喜んでくれてるってことかな。

あたしは一生、ちょうせいさんのことを想うと思う。
ずっと好きでいると思う。
それだけは正直にいたい。
好きやから好きなままでおるねん。

でも今の自分も大切にしたい。

ちょうせいさんはずっと大切で特別な存在に変わりはないけど、
Oくんもあたしにとってすごく大切な存在。

生きることがこれほど辛いものかって思ったこともあったけど、
やっぱり生きるって楽しいな。

やっぱりちょうせいさんに会いに行くのはまだまだ先がいい。

あと何十年先かわからないけど、あたしもお星様になることができたら、ちょうせいさんに会えるかな。
あたしがこれから先、素敵な恋愛をして、どんなにちょうせいさん以外の人を愛しても、きっとちょうせいさんは笑ってあたしを迎えてくれると思う。
こないだ見た夢のように「久しぶり」って笑ってくれる気がする。

あたしのことちゃんと探してよね。
それまで元気でね。
あたしも新しく前に進むから、ちょうせいさんも新しい幸せ見つけて今度会ったときにいろんなお話聞かせてね。

またね☆

田中製作所 

2007年11月22日(木) 19時39分
「田中製作所」2007.3



ちょうせいさんと一緒にゾルテの先輩の卒業式へ。
ちょうせいさんが卒業してから、もう1年もたつねんな。

「留年してたゼミのトモダチが今年卒業するから会いに行ってくるわ!」

そう言い残し、ちょうせいさんはその場を走り去る。
30分くらいたって、ちょうせいさんから電話

「ゼミの先生もおったわ。ちょっと来てや。先生とゼミの子たちにおまえを紹介したいから、早く来て。」

めんどくさ・・・・

なんて言えずに仕方なくちょうせいさんの元へ。

「先生、彼女です。」


ずきゅん。
めんどくさい気持ちなんてこれっぽっちもなくなって、なんだかちょうせいさんにすごくドキドキした。

「おまえは俺の自慢の彼女やから」
っていつもゆってくれてたけど、本当にそう想ってくれてるって、このとき改めて感じた。

その日の帰り道、突然ちょうせいさんが、

「ごめん!仕事入った!今から行っていい?」
とあわてだして、京都の山奥につれていかれた。


サプライズでびっくりしたふりしてたけど、実は「急に仕事が入った!」って騒ぎ出したときからきづいてたよ。
本当は仕事なんてないんやろうなってこと。
ちょうせいさん、ウソつくの下手やねん。
でもまさか、あんなに素敵な夜景をプレゼントしてくれるとは思ってなくって、感動して泣いちゃったやん。

名古屋転勤を前に
「心配するな!今までも半分くらいしか会えんかもしれへんけど、その分ラブラブでいようぜ。」
って、そう言ってくれたから、初めて経験する離れ離れの生活に少しの不安もなかったのに。

あのとき見た星は、今日のちょうせいさんと同じくらい綺麗に光ってたよ。

おもいで 

2007年11月22日(木) 19時19分
ちょーせーさんとの思い出がなくなりそうで怖い。

素敵な思い出はいつまでも思い出せるように残しておこう。

にんじんりんぐ 

2007年11月22日(木) 19時16分
「にんじんりんぐ」2004.9

「なんでキャンプ来んの?」おいでや」
エースさんから突然の電話。
翌月にせまったゾルテのキャンプに参加しないつもりのあたしに、エースさんはお誘いの電話をくれた。
キャンプの日はどうしてもバイトを休めないから、エースさんにどれだけ誘われようが行くつもりなんてなかったけど。

「ちょっと待ってな、電話変わるわ」
エースさんはが隣にいる誰かに電話を手渡したようで、突然電話の向こうの声が変わった。
「もしもしきっしー?」

一瞬で誰だかわかったんやけど、この時のきまずさ忘れられない・・笑

「あ、ちょうせいさん、お久しぶりです」

ちょうせいさんと言えばお調子者の3回生のひとり。
すっごいおもしろくてみんなの人気者やけど、だからゆえ1回生のあたしにとっては少し近づきにくい存在。なんせ髪型コーンローで見た目が怖いし、口癖「FUCK」やし。
ちょうせいさんとは一ヶ月前の合宿で2言話しただけの仲。
正直全然仲良くなんかない。
だから、きまずくてきまずくて電話越しやけど逃げ出したい気持ちでいっぱいやった。
何の話をすればいいの?
どうしよう・・・どうしよう・・・
動揺もピークになったとき、

「キャンプなんで来んの?俺きっしー来んかったら行かんで。だから来いって」

なんで。
なんでろくに話したこともない1マネのあたしにこんなこと言ってくれるの?
でもちょっぴり嬉しくてきゅんとした。

この一言でキャンプに参加することに決めたあたし。
エースさんには本当に申し訳ないけど。笑

キャンプには遅れて参加することになり、京都駅でエースさんと待ち合わせ。
エースさんがあたしに好意を寄せてくれているということは、うすうす感づいてはいたけど、まさかこのことがちょうせいさんと仲良くなるきっかけになるとは思ってもみんかったよ。
一時間車を走らせるとキャンプ場到着。
「きっしー♪」
なおとりょうこが手を振ってくれてる。
手を振り返すと同時にちょーせーさんを探したんやけど、みつけられずにみんなが用意してくれたカレーを食べ始めた。゜
カレーを食べ終えたとき、後ろに気配を感じた。

「あ、ちょうせいさん」

「これきっしーのために作ってん。だからつけてや」

何をもらったのかわからず戸惑うあたし。

「違う、左手につけろって」

これがちょーせーさんからもらったはじめてのプレゼント。

本当なら今ごろ、カレーのルーの中でじゃがいもくんやたまねぎちゃんと仲良く遊んでいたはずのにんじんくん。
だけど、今あなたがいる場所はあたしの左手薬指。

世界一安くて
世界一もろくて
世界一きまぐれやけど、

でも宇宙一素敵な思い出がつまったにんじん製の婚約指輪。

たからもの 

2007年07月09日(月) 22時01分
最近ほんまに忙しいー
バイトしすぎ。
今月15万ー爆笑ー
時給750円やで。
でも疲れて夜を迎えるほうがずっと楽。
すぐに眠りにつけるほうがずっと楽。

でもバイトばっかりしてたら長星さんに怒られるやろうな。
1年前真剣怒られたからな。。
「俺には時間がないねん!今しかないねん!」
だからあたしはバイトをやめて、長星さんとの時間を大切にしました。
長星さんは他の人よりも就職するのが遅くて七月入社やったから、卒業してから七月まで鬼のように遊んだ!
あの時間はあたしの宝物。

ちょんまげ 

2007年06月24日(日) 23時45分

おちょうの髪型かわゆす!
ちょんまげー
サークルに入ってほんとによかったな。
今日もみんなと会ったよ。
みんなでおちょうの話をしたよ。
あたしはあなたがそばにいてくれる限りきっと元気です。
2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ひまじん
» たんぢょび (2008年10月21日)
アイコン画像真那斗
» たんぢょび (2008年10月17日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» たんぢょび (2008年10月12日)
アイコン画像めーたん
» たんぢょび (2008年10月09日)
アイコン画像しの
» たんぢょび (2008年10月07日)
アイコン画像ひの
» あなたと奈良 (2008年10月07日)
アイコン画像ひの
» たんぢょび (2008年10月07日)
アイコン画像はにまる
» きゅんきゅん (2008年10月02日)
アイコン画像きりひと
» きゅんきゅん (2008年09月30日)
アイコン画像ひの
» きゅんきゅん (2008年09月26日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shinonoyunyun
読者になる
Yapme!一覧
読者になる