偲ぶ会やお別れ会のマナーについて調べました。

June 06 [Mon], 2016, 19:17

偲ぶ会やお別れ会に出席する時には、
あなたも少し悩みませんか?


どんな服でどんな髪で、香典はどうしよう?
会費は? どんな挨拶がいいのか、口上は?
などなど。


でも、
調べてみると、それほど悩まなくていいことが分かりましたので、



<お別れ会・偲ぶ会でのマナー


<基本的事項>

・招待されたら出席される方がいいです。
・遺族や世話人にひとこと挨拶やねぎらい、
 お声がけのお礼やお悔やみの口上をかけましょう。



<服装>

・男の人は黒の背広またはダーク系の背広白地ワイシャツにブラックの
 革靴とソックスがふつうです。

・女の人は光沢の無い黒色のフォーマルな洋服と黒色の履き物、黒色の
 ストッキングが原則となります。
 

しかし、案内状に”平服”と記載されていたときは違うのです。


分かり易く言うと礼服ではありませんがフォーマルな出で立ちの事を言います。
なんかわかりにくですが、つまり、男性ならダーク系のスーツ、女性ならブラック
系のスーツです。





<髪型>

・髪形についてはとりたてて決め事はありませんが、日にちに余裕があれば
 あらかじめ分かっていますので、準備する余裕があると考えると、
 ”急いできました”みたいな寝起きやボサボサは当然ながらNGです。

 遺族に失礼のない度合いに整髪しておく方が適切なイメージを与え故人にも失礼に
 ならないのではないでしょうか。



<香典>

・香典に関する案内がなければ香典を準備しておいた方が無難です。
 出欠確認の返事は早めに返送する方がいいでしょう。

 表書きは”ご香典(仏式)”や”お花料”などがよろしいようです。





最後に、

・故人との思い出話について何かネタを用意しておくのも上手いかもしれません。
ちなみに、平服とは普段着では無ありませんので注意しておく必要があります。


ブラックフォーマル