普通自動車運転免許をとるにあたって

October 02 [Tue], 2012, 16:33
ご存知のように、日本では普通運転免許は満18歳から取得可能となります。
そして身体的には視力の検査を受けなければなりません。これは両目で0.7以上、片目では0.3以上となっています。
片目で0.3以下の場合、視野が左右150度以上であるこが条件となっています。
これらの数値は裸眼、眼鏡、コンタクトを使用した場合をいいます。

また色彩識別の有無も検査対象となります。信号の色を見分けることができないと事故につながります。このため赤、青、黄色の3色を識別できることはとても重要です。

もう一つ聴力も車を運転する上で、大切なこととなります。
聴覚障害者のかたの運転免許取得が以前は適性検査で不合格となった方でも、取得の範囲が広くなりました。
車にワイドミラーを装着するなど、一定の条件を満たせば普通自動車運転免許は取得できるようになりました。
聴覚障害者の方が運転する車両に「聴覚障害者マーク」を表示されることが義務付けられています。

運転免許の基礎知識
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっぴー
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/shinobidayo/index1_0.rdf