日本の最初の姿

March 16 [Wed], 2016, 16:13
大昔の日本で、どう伝えられてきたのかはわかりませんが、最初の世の中は何だかどろどろした感じだったらしいです。
水に浮かぶ油のようにふわふわとしていたそうです。
最初の神々は姿も見えず性別もなかったのですが、後に男女でペアの神々になって行きます。
有名ないざなぎといざなみの夫婦の神が、子どもを生むように日本の島々を造って行きます。
これが有名な国生み神話です。
最初に生まれたのが淡路島、というのが面白いですね。
次が四国です。
その後に、隠岐、九州、壱岐、対馬、佐渡島、と続いて、最後が本州です。
これらの八つの島々を、大八島と呼びます。
これは古代の人々が知っている世界だったのでしょうか。
佐渡島というのが意外ですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:コジ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/shinnkoji/index1_0.rdf