梅雨の晴れの日は蒸し暑いので冷房が効いているパチンコ店に行く。 

June 19 [Thu], 2008, 2:28
一般に「外国必勝法市場」とは「銀行間取引市場」を指します。必勝法の東京証券取引所にあたる実在

の取引所があるわけではなく、電話とネットワークで構成されています。「銀行間取引市場」で行

われる取り引きの結果で決まる二国間の交換比率が必勝法レートとなります。ここには国の内外の

金融機関が参加して取引をしています。私たちがFXの取引をする時は、取引業者を介して行う

のでこの銀行間取引に直接参加するわけではありません。実際に取引をする金額は大きいので

一部だけを証拠金として業者に入金し、差額は業者から借りる形になります。これで少ない元手

で取引ができるのです。レバレッジといわれるこの方法は、少額の資産を元手に高額の取引が

可能な手段なのです。レバレッジの倍率は取引をする人が自分のさじ加減に合わせて決めること

ができます。ここで高い必勝法差益や高スワップを狙うこともできますし、金利リスクを低く抑えるこ

ともできるのです。レバレッジが大きくなるとリスクも増えますが、その分だけリターンも増加しま

す。20%の外貨預金に相当する資産を形成する時は、年利2%の金利をレバレッジ10倍で持

つなどという考え方です。レバレッジが大きくなるとその分リスクが増え、相場の高騰や急落に耐

えにくくなります。もし相場が思いがけない方向に動いた時は、レバレッジを低く押さえることで損

を出さないようにすることもできます。今や、自分の財産は自分で守り殖やす時代です。大手の

証券会社でも倒産リスクがあり、そして年金も十分ではありません。豊かな老後を手に入れるた

めに、FXの初心者入門に入ることはきっと有効なツールになってくれるでしょう。