睡眠薬が体の合わなくて日中のだるい方へ

January 15 [Thu], 2015, 19:19
睡眠薬を服用しているうちに体のだるさがひどくなってきた・・
そんな悩みはありませんか?

睡眠薬は不眠を根本的に改善するものではありません。
一時的に眠りに導いてくれる対処法なのです。

長期間の服用による副作用が心配になりますね。
例えば日中体がだるいのもその副作用の一つです。

また睡眠薬を飲んでるうちに依存性が高くなり
睡眠薬がなくては眠れなくなることもあります。

現在はベンゾジアゼピン系の睡眠薬が主流になって
いますが、依存性が強くなるとさらに強いバルビツール系の
睡眠薬でないと効果がでなくなることもあります。

これは体が睡眠薬に慣れてしまってより強い薬でないと
効果を実感できなくなるためです。

睡眠薬は即効性があるので必要に応じて飲むこともあると
思いますが長期の服用はなるべく避けた方が良いでしょう。

また睡眠薬への依存性が強くなるとやめるのが難しくなったり、
急にやめるとイライラや不眠、幻覚などの副作用に苦しめられる
こともあります。

くれぐれも使用方法、使用料を守ることをお勧めします。

睡眠薬を長期間服用していたり、体に合わなかったりで
日中の体のだるさが抜けない方は休息サプリメントで
代用する方法もあります。

「深眠源/シンミンゲン」という休息サプリが不眠で
悩む方にとっても人気です。

深眠源/シンミンゲンは完全無添加の健康食品なので
「体がだるくなる」などの副作用もなく安心です。

眠れない原因としてストレスによる自律神経の乱れが
原因と言われています。

昼間の仕事をしている時には交感神経が働いて活動的に
なりますが、夜寝る前には副交感神経が働いてリラックス
モードに切り替わることでぐっすり眠ることができます。

自律神経が乱れるとこの活動モードとリラックスモードの
切り替えがうまくいかない場合に不眠症になってしまいます。

そんな自律神経の乱れを正常に整えてくれるのが
深眠源/シンミンゲンなのです。

睡眠薬が体に合わない・・
日中体がだるいとお悩みの方にはオススメです!

興味のある方は下記の画像をクリックして
詳しい情報をご覧ください。
↓↓↓