一人暮らしの家族に手料理を送る!フードセーバーの真空パック 

June 10 [Fri], 2016, 16:21
家から離れて一人暮らしをする家族が心配になりますよね。

それが息子や娘ならなおさらですが、単身赴任に行ったご主人、
田舎に暮らす父親、母親など毎日元気でやっているのかとても
気になります。

私の周りでも、そういう心配をしていると話してくださる人が
多いです。

特に心配されているのは、やはり息子さんが就職や進学で
一人暮らしを始められたお母さん
たちですね。

数ある心配のなかでも、毎日の食事が一番心配になると思います。


一人暮らしをして忙しくしていると、ついついコンビニの弁当や、
レストランで外食をしがち
になります。

そうすると栄養バランスをしっかりと維持することはとても
難しくなります
よね。

かといって、自分で料理をする子供さんだったとしても、作る
料理は基本的に好きなものが多くなりがちです。

しかも野菜をいっぱい入れて・・・とか、なるべく一汁三菜に
近づけて・・・などという方向ではがんばりません。

たぶん、ほんの一握りの子供さん以外は、作るのが楽で好きな
ものを作ります。

それは経験者の私が保証します!(苦笑)


あとはやはり、一人暮らしを始めた子供というのは、どうしても
どこかで母親の味が懐かしいという思いが離れません。

しばらく帰ってこなかった子供さんが、何の気なしに作った
いつもの手料理を、いつもよりおいしそうに食べるのを見たことは
ありませんか?


実家に帰ったときにしか食べられないと思っていますから、
もし自宅で愛情こもった手料理が食べれるなら、誰でも喜びます。



このような理由から、いつもの愛情込めて作った手作り料理を
そのまま送ってあげるというのは、とても喜ばれる
ことなんですよ。

特に、フードセーバーの真空パックで送ることができれば、
真空パックなので届いてからも保存が効きます。

冷凍で送るだけでは、真空にした状態での食物の持ちのよさは
実現できませんからね。


食べるときは湯煎か電子レンジで温めるだけ
(電子レンジの場合は切れ込みを入れる必要有)

とても手軽ですから、1食ずつ小分けでパッキングしてあげると、
子供さんもすごく使いやすいです。


もし今まで真空パックで手作り料理を送ったことがない方や、
子供さんが一人暮らしを始めてすぐの方は、手作り料理を送って
あげることを考えてあげて欲しいです。

家族が大事だ!と思うやさしい子供さんほど、手作り料理の
贈り物は最高の癒し
になると思いますよ!

↓ 詳しい説明は公式サイトでどうぞ ↓