【 更新情報 】

スポンサードリンク

高齢層の坐骨神経痛の原因

年齢に関係なく特殊な疾患として、脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍などがあり、このような腫瘍性の病変で坐骨神経痛が発症すると、痛みがとても強く、保存的治療で治りにくいのが特徴です。また、糖尿病や帯状疱疹などによっても坐骨神経痛を発症することもあります。体内に赤ちゃんがいることで、母体に負担はかかっていますが、それ以上に、胎内の赤ちゃんの成長と共に腰椎や骨盤が圧迫されることが坐骨神経痛を引き起こす要因になるようです。

女性の体内でお産に備え⇒ホルモンが胎盤から分泌(関節や靱帯をゆるやかにする)⇒骨盤周囲が不安定⇒尾骨や仙骨・腸骨の関節の痛みを引き起こすことがあります。腰部脊柱管狭窄症は、脊柱管(せきちゅうかん)という神経を囲んでいる管がさまざまな原因(主に老化)により狭窄(きょうさく:狭くなってしまう)して発症し、歩いていると、腰の痛みや足の方まで痛みやしびれ・つっぱったような感覚があり、途中で休まないと足が前に出なくなることもあります。(手術で取り除くのではなく、病気になっている臓器の機能を残しなが行う治療)妊娠中に坐骨神経痛!予防対策は!妊娠中に腰痛や肩こりだけでなく、坐骨神経痛の症状が全くなかった妊婦さんにも、坐骨神経痛を妊娠中に発症することがあります。

赤ちゃんの成長⇒骨盤や腰椎周辺が圧迫⇒血流が悪くなる⇒筋肉がこわばり、硬くなる⇒その筋肉によって坐骨神経が圧迫されやすくなるのです。変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの変形疾患に伴って坐骨神経痛が誘発されることが多いようです。

変形性腰椎症は、加齢的な変化(老化現象)や軽微な繰り返しの作業・スポーツ傷害などによって腰椎に生じたレントゲンの異常を見た上での見解を言うもので病名ではありません。長年体を使っていると、だんだんと体にボロが出てきてしまうものですね。

坐骨神経痛の原因は若年・高年層で異なる

坐骨神経痛の症状といっても、坐骨神経は、とても長い神経で、坐骨神経がどの部分で圧迫や絞扼などの障害を受けるかによって、症状のでる範囲や症状も違ってきます。
坐骨神経に沿って指で押さえると痛いところがあったり、立ち上がる時や歩く時、また、体を横にする時などに痛みが酷くなったりします。

この椎間板は、弾力性があり、体への衝撃を吸収するという大切な役割がありますが、椎間板が負荷になりはみだしてしまうことがあります。

椎間板は、背骨を構成している各骨(椎骨)と骨の間にあります。特に症状が悪化すると、歩くことさえ困難になったり、眠れないほどの痛みやしびれが生じます。ラセーグ兆候とは:体を横にしたままで、痛みのある方の脚の膝を伸ばしたまま上げると、坐骨神経痛の痛みがさらに強なる特徴があります。腰やお尻から太もも後面→すねの外側→足の裏やつま先にかけて痛みやしびれなどが発症します。


通常、梨状筋に問題がある場合には、ラセーグ徴候は起こらないことが多いようです。腰椎椎間板ヘルニアは、どちらかというと急激に発症することが多く、また、ラセーグ徴候が起こります。この時神経が刺激されると、坐骨神経の通っている範囲に症状が生じるのです。

若年層の坐骨神経痛の原因ですが、腰椎椎間板ヘルニアや梨状筋症候群によって坐骨神経痛を引き起こすことが多いと言われています。ほとんどは、身体の片側にだけ症状が出ますが、ヘルニアの位置やその大きさによっては両側に症状が見られることもあります。梨状筋症候群は、梨状筋間で坐骨神経が圧迫されることによって引き起こされ、症状は比較的ゆるやかに発症しますが仕事や運動のストレスなどで悪化することもあります。


坐骨神経痛は背骨・筋肉・内臓に問題

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)という言葉!近所のおばさま達との井戸端会議中に、よくに耳にしますし、テレビや雑誌などでも見聞していますが、中年の私自身も時折、腰が・・・アレ?と思う事もあり、もしかしておばさま達が話していた症状に似てる?チョッと不安に思うことがあります。

そのため坐骨神経痛の症状が出たら、原因となる坐骨神経痛の種類や性質などの鑑別をする必要があり、また、妊娠すると坐骨神経痛が起こりやすくなったり、若年層と高年層で原因が変わってくるという特徴があります。

坐骨神経痛の原因には、背骨・筋肉・内臓に問題があります。
でも、坐骨神経が圧迫され、それによって起こる神経痛で、臀部から太ももの後面、ふくらはぎやかかと・くるぶし、足のうらの方まで痛みや下肢のしびれが出たりし、もっと症状が悪くなると知覚鈍麻や歩行障害などが起こることもあります。
つまり坐骨神経痛は、神経が腰椎(ようつい)の隙間から出て骨盤をくぐり抜け、お尻の筋肉から神経がでる間の何処かで、圧迫やしめつけなどの障害を受けたりすると症状が生じてくるようです。

坐骨神経は、末梢神経の中で最も太く一番長い神経で、第4.5腰神経と第1〜3仙骨神経からなり、梨状筋(りじょうきん:仙骨の筋肉)の下を通って大腿後面を下行し、膝の裏で総腓骨神経(そうひこつしんけい)と脛骨神経に分かれます。
でも、2〜3日後には疼きや重い腰が治まっているので少し安心はしていますが・・・!私達は、この坐骨神経痛っていう言葉を普通に使っていますが病気の名前なのか。
いいえ、実際は違うようで、坐骨神経痛自体が病気の名前ではなく、症状に付けられた呼び方で、医学的な病名ではないようです。

ただ、一般的に症状軽い場合、我慢できないほどの激痛ではないため、病院に行かずに我慢している方が多いようです。

◆椎間板ヘルニア・椎間板すべり症・変形性脊椎症・脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)など背骨に問題があると椎間板や変形した骨が坐骨神経を圧迫して痛みやしびれなどが発症します。

◆大腰筋など腰部筋肉の緊張・梨状筋症候群(お尻の筋肉の緊張)など筋肉に問題があると腰やお尻の筋肉が坐骨神経を圧迫して痛みやしびれがなどが発症します。

◆まれに、糖尿病・動脈硬化・腫瘍・うつ病など内臓などの問題で発症することがあります。

筋肉による坐骨神経痛の特徴として、激痛が腰からお尻→太もも→ふくらはぎ→足首にかけて広範囲に及ぶことが多いです。また、仮に椎間板ヘルニア・椎間板変性症など背骨の変形などの原因による坐骨神経痛と診断された場合でも、背骨の状態が不安定なため、腰やお尻の筋肉が骨をガードしようとして緊張し、筋肉にコリを作ったり、血流が悪くなったりする事で、ますます坐骨神経痛の症状が悪化し、悪循環を作り出してしまいます。

みのもんたさんも手術を受けた脊柱管狭窄症!腰椎(腰の骨)や頚椎(首の骨)に起こる可能性があり、狭窄の部位によって症状の違いが出る場合もあります。そのため、MRIを受けても異常ないと医師に言われた場合、このタイプに多いようです。

病院でMRIなどの精密検査を受けても、筋肉の問題で引き起こされた坐骨神経痛は見落とされがちです。

ぎっくり腰やデスクワーク・ハードな運動などにより同じ姿勢を長時間していたり、筋肉疲労でコリができ、そのコリが坐骨神経痛を引き起こしやすくしてしまいます。

坐骨神経痛の3つの症状

坐骨神経痛には、運動系の症状・知覚系の症状・自律神経系統の症状といった3種類の症状があります。整形外科でも原因がつかめないような、坐骨神経痛のような症状の中には、重大な疾患が隠れている場合が有りますから、原因をしっかり検査してもらって下さい。坐骨神経痛・運動系の症状ですが、坐骨神経は、膝の下の筋肉にすべての影響を与えていますので、坐骨神経の異常が起こると、脚の後側の筋肉や関節の痛みや違和感といった症状が現れます。坐骨神経痛は、症状が進んで来ると、筋肉の麻痺や萎縮が起こってきますので、そうなる前に、坐骨神経痛の自覚症状があったら早期に必ず医療での検査を受けましょう。

坐骨神経痛・知覚系の症状の場合は、坐骨神経が通っているお尻の辺りから脚の先にかけて、鋭い痛みを感じます。動かなくても痛みが続く持続性の痛みと脚を動かすと痛みだす運動痛の場合が有ります。このように坐骨神経に支配されている支配筋は、神経の障害が悪化する事によって、萎縮したり更に麻痺する事がありますので、注意しなければなりません。坐骨神経痛の症状は、一般にお尻の痛みが起こり、神経が通っている道に沿って痛みの自覚症状が現われてきますが、どこが痛いのか、はっきりしないといったことも経験しませんか。

坐骨神経痛と似たような症状に、糖尿病(壊疽など)や閉塞性の動脈硬化症なども、下肢に異常が出てきます。その他には「筋膜の異常」が、坐骨神経痛と似た痛みになります。筋力の弱化と共に、股関節・膝関節・足関節の痛みや違和感を生じる事があります。

治療が遅れると、予後にも大きな影響を及ぼします。またこのすべての症状が組み合わされて起こる場合も多いです。その場合でも、膝の下の筋肉など坐骨神経の影響を受けている領域の自覚症状は、坐骨神経痛と診断される事が多いようです。

坐骨神経痛の症状や原因

坐骨神経痛と思われたら、まずは原因をしっかり確かめる必要があります。坐骨神経とは、人体の中で最も大きい神経です。治療せずに放置しておくと慢性疾患になってしまう場合も有りますがそれ以上に怖いのが、坐骨神経痛の中に重大な疾患が隠れていることもあります。人体には坐骨神経という神経経路が通っています。坐骨神経痛という病名はないのです。

坐骨神経痛とは症状の名称なのです。このように、お尻や大腿後、下腿外側や後、足の甲あたりまで、広い範囲に痛みを感じます。そういう私も、ぎっくり腰から腰痛または坐骨神経痛で、病院での治療を経験済みです。整骨院での治療においては、「坐骨神経痛ではないかと思います。坐骨神経の分布領域に痛みの症状が有る場合には、坐骨神経痛と呼ばれているのです。

数人集まると必ず話題に出るのが、腰痛そして坐骨神経痛、しかし命にかかわる病気では無し、病院へ行っても治療に時間が掛かる上に、果たして治るのかさえ解らない坐骨神経痛です。坐骨神経痛は、何らかの原因で神経が圧迫された時などに、腰や臀部、下肢などにシビレや疼痛の症状が現れます。」という事で、それから月日が経ち、私の足も病院から遠のいてしまいました。それも自己診断ですから、正しいのか間違っているのかさえ確信がなく、悶々とした日々を送っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。その後自然治癒しましたが、再発は繰り返しています。

腰椎4番目・5番目の神経と仙骨の前面から出て梨状筋の下を通り、大腿後面中央を下行、膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれ下肢から足裏に通っています。坐骨神経痛と思われる症状が有りましたら、必ず医療での検査を受けて下さいね。そこで解るようで解らない坐骨神経痛に絞って調べてみました。様子を見ましょう。なぜなら坐骨神経痛の症状が現れた原因によっては、治療方法が異なるからです。

坐骨神経痛の治療

坐骨神経痛の治療のために、あらゆる治療や改善策を試してダメだった方には朗報です。そのどれが良いのかは非常に判断が難しいところです。「整形外科」「鍼灸」「接骨」「カイロプラクティック」「指圧」などなどがその治療法にあたります。

漢方薬を飲んで直る方もいれば、整体や鍼灸院などの鍼治療で完治される方もいらっしゃいます。その根本原因によっては当然ですが治療方法や改善策が異なってきます。何故ならばその「治療方法」には人それぞれの相性があったり、「医師」あるいは「カイロプラクター」に相性があったり「治療方針」との相性があったりするからなのです。

坐骨神経痛の治療や改善に効果がある施術はいろいろと沢山あります。ですから坐骨神経痛でお悩みなら、まずあなたの症状や原因を知る必要があります。もちろん自宅整体やストレッチで坐骨神経痛が治った、改善した、痛みが無くなったという方もいらっしゃるでしょう。

坐骨神経痛の治療には根本原因を除去することが必須となります。ほとんどの坐骨神経痛は完治可能なのですから。

P R