AログU 

2005年07月25日(月) 0時32分
これは微妙だが、地区によっては受験学年以外も依頼はくる。いない地区はほんといない。だがこの場合はC1、P1に抑えないとまずい。講師がいないということは、生徒もあまりいないということ。いや、埼玉、東京の北は講師だけいない。C2、ともすればP1でもOK。東京の東も同じ。都心はC1でないとお呼びがかからない。関東の西はC2、P1で、経験者を処方しないとまずい。
ともあれ受験学年、地区によって料金を使いわけよう。あとクラス授業は期待されるものが大きいので、ちゃんと授業研修、もしくは素質のある人間を送ろう。素質があるってのは最低条件。大手なのでしっかりと対応。未経験の講師はC1で納得しなさい。経験者はC2でしっかり稼ごう。院生、社会人が基本的にP1で泣きなさい。ともすればC2で行ってもらいます。経験があるといっても、いくらあっちが緊急で要請しているんだとしても、P2でいい地区ってのは限られてます。
ちゃんと料金を伝えないと損ですね。よく家庭教師の経験ならございます、なんてメールで書くけど、それで先方にC2、P2?って思わせてしまったら、依頼は絶対にこない。
まずはこの方向でいく。要求に対する返答センス、それは私にしかわからない。培えない代物。
いつか未経験も集団経験者っぽく見せられるようにできれば、C1で頼んだ校舎はびっくりするだろう。C2がほんとにC2のレベルだったらなおさらだ。C1の依頼増大、C2の講師だって欲しくなる。そうなればこっちのもの。未経験者だってC2送る。あっちも哀しくない。こっちも罪悪感はない。いい関係。研修システムの増強を急げ。

Aログ 

2005年07月24日(日) 23時33分
Aは大手塾。小中高、だが高校は強くない。小中の難関校から補習まで商う。個別も併設している。
健康診断書の提出は必須だろう。今後仕事がまわってこなくなる。一日のみの代講も診断書が欲しいなんて無茶なことを言う。
あと別の塾で稼動している講師はお断り願いたい、とも。無茶だ。この料金体系で講師に健康診断を要請するなど、別の塾で働いてはだめなど、言えるわけない。健康診断の金は会社持ち?講師持ち?Aでは週3回、他の曜日は家庭教師でもしてろと?日雇いバイトでもしてろと?無理無理。
無理なことをあの優しいKさんが言うなんてことは、裏がある。脳みそのあるKさんがあんなこと言うのは裏がある。私どもに頼らざるおえないAさんには裏がある。
一つはKさんの頭には、派遣なんて使わなくてもどうにかなるかも、どうにかしたいという、希望的観測、理想があるということ。将来的には私どもを完全に排除していく方針があるということ。たしかに自前で講師をそろえる努力を、莫大な金をかけてやっている。次第にかたちになりつつあることを知っている。
一つは緊急の代講なんてものは自前で育てている講師に無理を言ってお願いすれば、どうにかなると思っている。最近代講の依頼がこない。どうにかなっているのだろう。受験以外の学年は、自前の中途半端な実力の人間でもなんとかなると思っている。なんとかなっている、というかそれくらいのレベルでもしょうがないと考えをあらためている。
一つは、健康診断をうけて、他塾との併用で勤務している講師を排除するなんてことを言うのは、今後専任講師の依頼、もしくは学生講師の依頼が中心になるということ。週5日働かないと、社会人が食っていけるわけない。学生講師は学校で健康診断をうけている。手間いらず。うちに期待しているのは、Aにとっては悔しい話、私たちにとってはおいしい話で、まともな人間で、どっかの塾から転がり落ちた社会人講師、司法浪人を決意した人間がお小遣い稼ぎに登録、そんな人間を紹介してもらうこと。
つまりお金はC2、P2を覚悟しているということ。週5日以下であれば、C2で欲しい。週5日以上であれば、P2でもかまわない。むしろそのほうがいい。大事なところしか話はまわってこない。

どうすれば 

2005年07月24日(日) 19時51分
女はいない。つなぎとめておくことは不可能。仕事で忙しい。日曜だって仕事のことを考える。そうしなければ、ではない。そうしたい。黙ってついてくる女などいない。それは俺のポテンシャルの問題でもある。今はただの年収240万の男。ボーナスなどない。浪人、留年、ベンチャー企業に入社。社会的な立場などなにもない。
だが実力主義の世界。うちの1年はほかの3年に値する。三倍スピードがはやい。3年後、まともな扱いされなかったら、辞める。なめるな。自分のプライスは自分でつくる。会社をでかくする。3年後、清潔なままで転職する。なんだがボロボロになっちまったやつなんてどこもいらない。9時出社、17時退社。年収500万。27歳。いいんではないでしょうか。車の免許をとって、なんでもいいや。なんかの経営者。
行動を起こすものが勝つ。なにをやってもうまくいく性質は俺オリジナル。動けば勝つ。動くことにしりごみしない人間になる。その練習。今はうまくいっている。これからもうまくいくだろう。やろうと思えば達成することは浪人時代にも体験済み。入社3ヶ月で体験済み。考えて動く。考えて動く。情報だとか、ノウハウだとか、人材だとか、お金だとか、そんなものは付属的なものだ。考えて動く。これを徹底したら負けない。女は都合のいいやつがついてくればいい。

自己啓発U 

2005年07月24日(日) 19時51分
やってやる、やってやる、やってやる。期待されている。なぜ俺がここまで仕事ができるのか。それは天才だからだ。考えて考えて、考えぬいて方向性を決めるからだ。目標が決まったら全力で動くからだ。手間暇に見合うだけの効果をあげられるか常に考えているからだ。時間、金、労力、ポテンシャルその他もろもろを意識しつつ、最大限の効果を発揮できるように動くからだ。俺は異端だった。努力すれば結果がでなくてもOK的な、学校の風潮、世の中の風潮が嫌いだ。単純作業をなんのひねりもなく、言われたままにやればいいなんてバイトみたいなことは嫌いだ。1日で差はつかなくても、2日目以降で差が開いてくるシステムを構築するのが好きだ。和気藹々と大学生みたいにあほくさく仕事するのは嫌いだ。やると言えばやる。どんなことをしてでもやる。そういうのが好きだ。

自己啓発 

2005年07月24日(日) 19時12分
いいぞ。5月300万達成。6月500万達成。7月500万達成。
加藤「できるとは思っていなかった。彼に関しては、自分で目標を達成した。私は笑ったんですがね」
自分「講師選考業務を営業が受け持つことになった。動ける時間を作ることができなかった。なので新規は一件という結果になってしまった。だがそのかわり、いい人がいれば紹介という流れのなかで、うまく動けたと思う。先々月からのお客さんに講師を売り込むことで目標を達成できた。少ないロットのなかに、強引に講師を押し込んだかたち。来月からはそうもいかないだろう。限界まで講師を押し込んだ。来月は新規を追っていくしかない。さらに、できれば池田さんや佐藤さんから顧客を引き継いで、ロット数を増やしていきたい。そういう意味でチーム制、担当エリア別という構想に期待している」
社長「ギムナジウムってまったくの新規なの?」
課長「まったくの新規です。テレマからつなげたお客さんです」
私は才能がある。なぜ少ないお客さんながら、ここまで限界近く講師を押し込むことができたか。それは塾長とのヒアリングで、先方が欲しがるものを表裏ふくめて嗅ぎ取っているから。ただのオーダー以上に、先方がなにを欲しがっているか理解しているから。デモの動き方も意識している。私はいい講師しか派遣しないイメージを相手にもたせている。何百人と登録してくる講師を厳選して、いい人間だけをピックアップしてくる意識付けをおこなっている。
そして先方の塾のことを深く理解しているから、講師と面談した際も、うまく講師を先方用にカスタマイズできる。
社長「おまえら新卒のオズボーンでも下手したら仕事とってくるぞ。それはなによりも一生懸命だからだ。自分の息子とそう年齢もかわらないセールスマンが、親身になって相談にのってくれる。別段教務力があるわけじゃない。受験事情だっておぼつかない。けどこの人なら自分のために努力してくれる、なんとかお仕事をまわしてあげようかしらって気にさせるんだよ」
2回も俺の名前がでた。誉め言葉しかない。
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shinjyuku
読者になる
Yapme!一覧
読者になる