水分と糖尿の話

June 21 [Tue], 2016, 11:31
親がお茶を買ってきて欲しかったらしく、自転車で、河原の自動販売機までいってきました。
緑茶も何も、普段、いろはすや、ミネラルウォーター、それを飲み終わった後に、水を入れて、冷やして、飲んでいるのですから、やっぱり血糖値か血圧か、高いのでしょうね。

ともあれ、水分は取った方がいいという話です。

年を取ると、喉の渇きを感じなくなってくると聞いた事があります。

なので、室内の熱中症だとかなるようです。
結構危ないので、親が水分を補給するのは、とても良いことですよね。

ただ、糖尿で水分が欲しいというのは、血液がどろどろになっていて、栄養素が、身体の中に回っていないという事でもあるようなので、そこは注意だと思いますよ。

糖尿で、頻尿になったり痛風になる原因がそこなのだという話なんですよね。

自分も喉の渇きがないのですが、血糖値は割と安定していて、朝に計ると、120以下だとか、余裕であります。

ほっとしましたし、特に夜は血糖値には、本当に気を付けていて、もしこれが、200を超えるくらいまで上がると、苛々したり、情緒不安定になります。


バイクが原付になり自転車になる話



年とともに愚痴っぽくなったきがするのは、気のせいでしょうかね。
なんて、思うのですが、二十代とは違うよなあとは、定番の話ですね。

タブレットを、充電していて、休んでいたら、眠りそうになりました。
ブログって、思いの丈は、書けるけど、やっぱり、思いの丈ですね。深い事は、何も書いていませんし。

昔、バイク乗りに憧れた時がありました。27歳くらいの時でしょうか。エリミネーターとか、バンディット、クラブマンだとか、これで旅に出られたら、良いなあと思って、それから、持病と視力の関係で、原付になり、四回落ちたという哀れましい話ですね〜。l

今は電動自転車です。助かります。ガソリン代も、かかりませんし、うちは、電気代、会社持ちなので、楽々と、かけていけます。

むかし、ペギー葉山だかが、青い山脈を歌っていて、なんか、ペダルがなんとかって、自転車の歌を歌っていたように思えます。

違う人でしたっけ?


ともあれ、晩年はシニアカーになるのでしょうか。

なーんて。

所で、以前高齢者が、青春を取り戻すように、自転車二人乗りしていたんさ。
元気なんでしょうか。
P R
http://yaplog.jp/shingekinokyoj/index1_0.rdf