年を取るにつれ・・・

January 15 [Sun], 2017, 18:00
年を取るにつれ、だんだん水晶体が黄ばんみ、寒色系が見分けにくくなります。

全体にくすんで見えるようになるので、段差や扉の把手などは、赤色系、黄色系の明るい色にすると目立ちます。

食の進まない人にはオレンジ、ピーチ、ブラウン系など、血圧の高い人には柔らかいブルーやブルーグリーンなどをインテリアに採り入れると、効果があるそうです。

長い間生きていると、それまでの年輪を表すさまざまな持ち物があるはずです。

思い出の品々や写真などを飾れるようなメモリアルスペースがあると過ぎし日がよみがえることでしょう。

ただし、家具や物が多すぎるのは、つまずく恐れがあり危険です。

家の選び方

December 11 [Sun], 2016, 17:47
住まいのあり方で、老後の生活の質が左右されるので、一生の締めくくりを豊かにするためには、バリアフリー対策は決してなおざりにはできません。

若くて元気な時には階段を二段つつ駆け上がっても息も切れず、ちょっとした段差で転んだり老いて足腰が弱るなど、考えもつかないことです。

そのために、部屋の中に段差をつけたり、スキップフロアにするなど、楽しく魅力のあるスペースに気をとられてしまいます。

ライフステージに応じて、それぞれの時期にふさわしい家に順次住み替えてゆくなら問題はないのですが、若いうちに買った家に住み続けるとなると、年とともに住みにくくなってきます。

また子供の成長に合わせて家の購入を考える人が非常に多いですが、買った家に一番長く住むのは買った本人です。

子供は十数年もすれば独り立ちし、家を出るでしょう。

自分たちの将来を考えた家選びをしましょう。

ハイテク技術

November 13 [Sun], 2016, 9:46
先頃の震災では、電気、ガス、水道などのライフラインが止まってしまい、市民生活に致命的な影響をもたらしました。

役に立ったのは、懐中電灯、旧式の石油ストーブ、プロパンガス、焚き火や井戸だったようで、文明のもろさを露呈してしまいました。

ハイテクとかホームオートメーションという言葉は、いままでの生活がすっかり楽になるかに響きます。

外出先から電気釜のスイッチを入れると、帰ってくるころちょうど炊き上がり、留守でも暗くなると電気がつき、自動でカーテンが閉まるので防犯上も安心などということも可能です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ちぃママ
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる