小説っぽく書き綴ってみる、みたいな。 

2009年04月15日(水) 21時05分
ちょと前のブログで書いた、アンソニーとのその後の出来事。
格好つけて、小説ちっくに書いてみた。

始まり、始まり〜〜

     

タイトル『禁煙Night』

 アンソニーとメールのやり取りが続き、実質二回デートをした。
 一回目のデートでワタシは、彼クンとの別れ話についてアンソニーにとくと語った。実に赤裸々に語ったのは、アンソニーがワタシの恋愛圏外だから。
 あまりのぶっちゃけトークに、アンソニーは恐らくワタシにソノ気が全く無いと悟ったと思う。
「俺はお前の兄でいいよ。兄な存在で」
 アンソニーは笑いながら、ワタシの頭をナデナデした。

 きっと次の誘いは無いだろうな、とも思ったけど、アンソニーは翌週もまたデートの誘いをしてきた。それがワタシにとってことのほか嬉しく、意外にも一刻も早くアンソニーに会いたくなった。
 好きとはまた違うんだけど、これは何なんだろう。

 二回目のデートのとき、1mgのメンソールはワタシのバッグから出ることはなかった。
 喫煙者のワタシと、非喫煙者のアンソニー。
「俺に遠慮することないよ、吸いたければ吸えばいいよ」
アンソニーはいつもの笑顔で私の頭をナデナデした。

 その笑顔だ。
 無性に会いたかったワケはその笑顔だった。
 笑うとできる目尻の皺が、年上の男性なのにカワイイと思える瞬間でもあり、同時にそれはワタシに安心感を与える瞬間でもあった。
 アンソニーの笑顔は、ワタシの笑顔を誘う。
 笑うだけで人は満たされた気持ちになれるんだ。

 タバコを吸うのを遠慮をしているわけじゃないんだ。かと言って我慢をしていたわけでもない。
 そもそもワタシは男性の前でタバコを吸うことに、何の抵抗も感じてないし。

 だけど、テーブルの灰皿はいつまでもきれいなままだった。

 ねえわかってよ、アンソニー、ワタシがどうしてタバコを吸わないのか。

 店を出て駅まで歩く途中で、アンソニーは私の手をそっと握った。最初の夜のお散歩のときみたく。
 あのときと違うのは、手を握られてウキウキするワタシがいることだ。そしてアンソニーの横顔には、二本の笑い皺が浮かんでいた。

「もう彼氏のことは吹っ切れたの? 今日は彼氏のこと一言も言わなかったじゃん」
アンソニーが聞いてきた。
「うん、もう平気なの。兄のおかげで嫌なこと全部忘れちゃった」
ワタシは笑顔でアンソニーの横顔を見た。

 裏通りは人がまばらとは言え、全く人が通らないわけじゃない。もしかしたら偶然にも知っている人が通るかもしれない街だ。
 そんな街の裏通りで、アンソニーは立ち止まった。

 ……あ。

 アンソニーはワタシにそっとキスをした。手を繋いだままの、唇が触れるだけの軽いキスだけど、ワタシの思いが通じたかのように思った。

 ワタシがタバコを吸わなかった理由。
 それは密かにこんなシーンを期待していたからだったんだ。アンソニーにとってはタバコを吸っていようが吸っていまいが、関係なかったかも知れない。
 だけどワタシは、せめて最初の接近のときだけでも、タバコの匂いを漂わせたくなかったんだ。
 それは一種の“おまじない”みたいなものだった。妙に子供じみているけど、オンナはいくつになっても恋愛においてメルヘンなのだ。

the end.

     


自分の身に起こったことを語るのは恥ずかしいです。
だけど誰かに聞いてもらいたい気分でもあるのです。
特にアンソニーとのことは、リアル友達の誰にも話してないことなんで。

小説風に書くこと自体恥ずかしいんだけどね。
恥ずかしさを恥ずかしさで消した、みたいな。
毒をもって毒を制す、みたいな。
(ん? 言葉の使い方合ってるのかしら?)


○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

▼ブログランキングに一票ください♪
ブログランキング 恋愛

▼さらにコチラもお願いします
人気ブログランキングへ

早朝の独り言。 

2009年04月13日(月) 5時31分
彼クンとちゃんとグッバイしました

ワタシの中では彼クンのこと好きだったけど、それ以前に忘れられないメンズの存在があって。
彼クンも彼クンで、ワタシ以外の女がいて、もうどうにもならない状況だったわけです。

だから会えば会うほど、好きの気持ちと比例して嫉妬と嫌いな気持ちが芽生える、複雑な感情がお互いを支配していて、これ以上先には進めないとお互いに納得しました。

彼クンはまだまだ遊びたい年頃なんですよ。
そしてワタシは結局昔のメンズといまだに関わってしまっているんですよ。

どっちもどっち、な感じです。
そして、別れを切り出した直後に深く悩んで傷ついたせいか、今は引きずるでもなく平穏無事な心を取り戻しているであります。

昔のメンズに戻るわけでもなく、アンソニーになびくわけでもなく、今は次の恋がやってくるまでの間にオンナ磨きに勤しもうと決意しました。

今に見ておれ、絶対キレイになってやる


○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

▼ブログランキングに一票ください♪
ブログランキング 恋愛

夜のお散歩 

2009年03月28日(土) 11時38分
ブログ再開と言ったものの、更新を怠っておりました。
年度末ってなにかと忙しいです、ハイ

先日、会社の飲み会がありました。社内なのに男女比同数で初対面とあって、まるで合コン

ワタシ、目下彼クンと別れ話が進行中、ここんとこずっとメンタルがやられてました。別れを切り出したのはワタシだけど実はまだ好き、なんて状態だから気持ちの整理がついてなくて。

気落ちしたままそんな飲み会に参加したもんだから、最初は作り笑いの連続で、時折小さくため息なんてついたりしてね。しかしながら、出席している男性陣、さすがは営業マン。女性陣を無理なく自然に引っ張っていき、いつのまにかすっかりペースに巻き込まれ、ワタシは自然な笑顔が出てたんですわ。

「やっと笑ったね。笑った顔のほうがかわいいよ、おチビちゃん」
……なぬ さてはおぬし、丘の上の王子様



いや、“おチビちゃん”はワタシがたった今勝手に付け足したセリフだった

丘の上の王子様の正体はアルバートさんだけど、隣に登場した男性は、とてつもなく爽やかでチャラ〜いアンソニーだったんです。

ああ、だけどワタシにはテリーがいる。
……ワタシはまだまだテリーが好き

アンソニーは、ワタシのそれまでの会話からオトコのことで凹んでいることを察知しておりました。いろいろと優しい言葉で励ましてくれるアンソニー。それが彼の手口なんだと思いつつも、ついついその優しさに胸がキュンとなります。

会合が終わり店を出ると隣に立っていたアンソニーが、「彼女は俺が送っていくから、じゃあな」と言ってワタシの手を引きました。驚く一同を尻目に、ワタシは素直にアンソニーに手を引かれて歩いたわけです。もう一軒寄って行くでもなく、ラブホ前でモナと二岡ごっこをするでもなく、ただ普通に手を繋いで他愛も無い話をしながら歩きました。

「付き合ってくれと言ってもすぐには無理だろうから、友達からスタートしない」
え? アンソニー? 
Yes、フォーリンラブッ
と言うわけにはいきませんが、アンソニーの手の暖かさに心が開いたのは事実。

テリーのことが好きだけど、原作どおりに好きでも別れる運命にあるわけで。
でもアンソニーは落馬して命を落としてしまう。
ワタシのアルバートさんはどこに居るんだろう。

翌日、アンソニーからメールが来ました。アンソニーがアルバートさんになるんだろうか……



○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

▼ブログランキングに一票ください♪
ブログランキング 恋愛

ブログ再開 

2009年03月15日(日) 16時50分
最後に書いたブログの内容、今読み返すと重たい

セクハラだのパワハラだの、クビだのと。

あれからスグにワタシは新しい仕事を探し、今の会社に入って1年半が経ったんだ。
月日って本当に早いな〜。
歳とったのかな〜。

さてさて、あんだけ夢中で遊んだシムズも、ちょっと飽きがきまして。
その代わり、ワタシは人生のシミュレーションとも言うべく、自分を育てることに夢中になりました。

というわけで、ワタシの「ダメダメ恋愛」ストーリーを取り入れて、ブログ再開と致しま〜す。
ゲーム日記はちょいちょい挟む程度になりますが……

どんなときも 

2007年08月14日(火) 0時27分
普段のゲーム日記ではありません。
実生活のことを書いてみたくなった夜です

ワタシ、もうすぐ会社辞めます。クビなんだ。

でも正直、クビにならなかったら、今の会社のいやな部分にどっぷりハマって感覚麻痺するところだった。

というのは負け惜しみかな。

理不尽な理由だから、悔しさを通り越した。
でも会社に行くと、セクハラ&パワハラの挙句にクビを宣告したあの上司の顔見る度に、チクチョーって思う。

クビにされたことより、そういう出来事があったことがいまだに悔しい。

誰かに相談すればよかったのかな。
何かいい対策あったのかな。

だけど、戦う勇気は私にはなくて。
ただ周りの友達に甘え、ときに愚痴をこぼし、時に胸を借りて泣いてた。

もちろん笑ったこともあったけど。

クビだって言われてから、上司の顔を見て悔しく思ったとき、心の中で槙原敬之の「どんなときも」を唄いました。

あれってどんな歌詞だったか全部わからないけども、自然とサビの部分が頭に流れます。

 どんなときも
 どんなときも
 僕が僕らしくあるために

おし、ガンバロ、て気分にさせてくれた。
そして悔しくってもワタシらしく笑っていなくちゃって思った。

それと、そんな気持ちを援護してくれたワタシの友達。
特にあの子。
ワタシの先輩でもあるんだけど、去年の夏に他の部署に異動になってしまったハケン仲間のあの子。
きっとこのブログを読んでくれている、あの子。

今日ね、突然新しい仕事の話がじゃんじゃん舞い込んできて、あー、いよいよワタシ辞めるんだなって実感したんだ。
そしたら、あなたと離れちゃうんだーって思って悲しくなってきちゃった。

あー、こんなセンチメンタルこそワタシらしくないっっ
さて、気持ち切り替えて明日から残りの2週間ちょい、ガンバロ

ザ・シムズ生活−11− 

2007年08月13日(月) 10時22分
今とりかかっているフリーモードでは物足りず、ワタシが初めてザ・シムズをクリア(すべての職業をマスター)したときに作ったフリーモードを久々にいじってみた。

作った家族は、オトコ3人・オンナ1人の4人家族。
オンナはもちろん自分の分身シム。
でも見た目はショートカットでタンクトップにミニスカートという、現実とは全然違う姿

オトコ3人が働きに出て、ワタシが家事全般を担当するという設定。
家のインテリアはモノトーン調で無機質な雰囲気になるようにしました。

▼そんな家の全体図がこちら

て、わかりづらいね、夜時間に撮ってしまったし。
しかも携帯カメラでテレビ画面を撮ってるし。

右側が玄関となっています。上部がキッチンで、下部はバスルーム。そして玄関から入って奥が寝室。


▼こちらはダイニング

画面の奥はキッチンになってます。


▼庭に一角にある、スキルアップコーナー

お庭にこういうのを置いても、防犯対策していればOK。


▼寝室はモノトーンではなく、暖か味と遊び感をだしてみました。



▼おまけ

一丁目に住むアスリート家のシモヤナギとワタシがキッチンでいちゃいちゃ


家具や内装をいいものでそろえるためには、毎日の仕事とスキルアップは重要です。
お留守番はちゃんと近所と交流を図って、お友達を増やしましょう。

この家は今後、プレイルームを1つとバスルームを1つ増築予定です



○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

▼ブログランキングに一票ください♪
ブログランキング 家庭用ゲーム

ザ・シムズ生活−10− 

2007年08月08日(水) 1時58分
ヨシミ家の活性化を図るべく、チャイナ服とお色気メイド、そしてギャルの旦那のコゲニーロ君はほぼ毎日休まずに仕事に行かせるようにした。

留守番のギャルには毎日誰かを電話で呼び、多くの人と友達になるように努力をさせた。

3人も働き手が居れば、あっという間にお金はたまり、どんどん家の中の改築が進む

そんな中、とても困った事態が起こった。
困ったというか、これはもう事件だ

ストーリーモードのワタシの旦那であるロッドが、ヨシミ家に顔を出したと思ったら、挨拶もせずに勝手に上がりこんできた
こいつは、泥棒か!!!!

ギャルは普通に他の友達と親睦を深めている。

勝手に上がりこんできたロッド、勝手にうちのキッチンで料理をし、勝手にうちのギターを弾いて楽しんでいる。

おやおやと思いながら観察していると、なんと勝手にベッドに入って寝ちゃったよ

えーーーー、うちは定員マックスの4人家族になっているのに。
ベッド、4人分しかないのに。

ギャルは段々疲れてきていたので、友達とバイバイし、仕方なく空いてるベッドで寝たが・・・。
仕事に行ってるほかの3人の寝床がなくなっちゃうーーーーー。
もうすぐ帰ってくるというのに。

ギャルの旦那のコゲニーロ君は、ギャルの隣で寝るとして、チャイナ服とお色気メイドはロッドと面識もなく、ダブルベッドの隣に寝るわけがない。

案の定、自分の寝床が無いと睡眠不足でふらふらのまま怒り狂うチャイナ服。結局ロッドを叩き起こし、チャイナ服もお色気メイドも無事にベッドに入ったのであった。

途中で起こされたロッドはギャーギャー騒いだのち、リビングのステレオとテレビをオフにして、ソファで寝だした

ロッド。
ストーリーモードで、ワタシは決してアナタを邪険にしてないわ。
なぜ家出なんてしてきたの。

まぁでもいい、しばらくは落ち着くまでここにいるがいい。

ギャルが起床し、朝ごはんを作っていると、ロッドも起きだした。
そして2人はぺちゃくちゃおしゃべりしながら仲良くお食事。
働き手3人は、そのうち起きだしてきたが、出勤までのわずかな時間に黙々とスキルアップに励んでいる

ギャルは旦那が猛烈にギターを弾きまくっている横で、ロッドと楽しくお話に高じ、あっという間に2人はお友達に。
そしてコゲニーロ君が出勤した直後にギャルはロッドにいちゃつきだし、すぐさまハートマークが点灯

旦那の居ない昼下がりの専業主婦は、よその旦那と恋に落ちるという奥様劇場を演じるのであった。

しかしあまりにもロッドは長居をするので、気になってストーリーモードに切替えてみると、ちゃんとロッドはワタシや同居人のために食事を作っていた。
ロッドは睡眠不足であったが、それはヨシミ家に居座っていた名残である。
ロッドの友達にはちゃんとギャルが仲間入りされており、しかもワタシよりも指数の高い、98のハート。

くれぐれも修羅場にだけはならないよう、うまくやってくれよ、ロッド


○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

▼ブログランキングに一票ください♪
ブログランキング 家庭用ゲーム

ザ・シムズ生活−9− 

2007年08月06日(月) 18時03分
フリーモードは面白い
今週末もまたフリーモードにはまりました。

だけど、こないだまで遊んでいたヤチ家は、自分が作った家族ではないせいかどうも身が入らない。
悪ノリした友達がわざとぶさいくキャラに仕立てていたけど、実際に遊ぶワタシとしては、ぶさいくキャラが誰かといちゃついたりするっていうのが耐えられなくなってきたわけで・・・

気分転換に、1丁目のデフォルトキャラたちを追い払って、新たな家族を作成してみた
その名もズバリ「ヨシミ家」。
家族は3人で、それぞれに「NO.1」、「NO.2」、「NO.3」という番号の名前をつけてみた。

わかりやすいと思いきや、なかなかこれがわかりづらいとわかったときには後の祭りですな

NO.1は、セーラー服にもかかわらず厚化粧でお色気たっぷりなコギャル。コギャルというだけあって、肌の色は浅黒い
NO.2は、チャイナ服の似合う中国人っぽい雰囲気のシム
NO.3は、セクシーメイド風ファッションに身をつつんだ、魅惑のシム

セーラー服のギャルを無職に設定し、他2人に働いてもらうことにしました。2人とも職業は「芸術家コース」。
やはり最初は超貧乏につき、仕事には休むことなく行ってもらうことに。
そして留守番のギャルは毎日友達を作り、料理のスキルをバンバン上げさせた。

フリーモードでは、近所の友達が遊びにくるのは最初のうちだけで、あとはこちらから電話で誘わないと遊びに来ない。
それがわかっていたので、最初に遊びに来た段階で、ギャルが手厚くおもてなしをした結果、こっちから誘わなくってもしょっちゅう遊びに来るシムが現れた。
それが、フリーモード3丁目に住む、リアルの友達が作った「ヤチ家」のコゲニーロ君である

コゲニーロ君、確かちゃんと働いているはずなのに、しょっちゅうヨシミ家に顔を出す。
して、ギャルと楽しげに談笑
当然2人の仲は急速に発展し、すぐにラブラブモードとなったので、思い切ってギャルのほうからコゲニーロにプロポーズ。
指数100のハートで、それまでダンスしたりチェスをして盛り上がったので、そのプロポーズは一発OK!
おめでとう、コゲニーロとギャル

2人はその場でウェディング姿に着替え、ギャラリーの居ないところで勝手に盛り上がっている

他の2人に視点を切り替え、チャイナとお色気メイドにそれぞれ「創作」スキルを上げさせた。
チャイナにギターを弾かせようとしたとき、先ほど結婚したばかりの新婚2人がそろって現れた。
そしてギターを聴くでもなく、チャイナに何かを話しかけようとしている。

もしかして、結婚の報告!?祝福してもらいたかったのかな
そんな2人を無視して一心不乱にギターを弾くチャイナ。
次に新婚2人は、絵を描いているお色気メイドのほうに歩みよった。やはり、2人そろってお色気メイドの前に立ってみるが、メイドは無我夢中で絵を描きまくっていた。

誰からも相手にされない新婚は、その後2人仲良くお食事をしましたとさ

コゲニーロが家族の一員になったところで、一気に収入がアップし、家の中もどんどん豪華になっていった。
やはり自分で作ったシム達は扱いが面白い
しばらくはヤチ家を放っておいて、ヨシミ家に専念するとしよう


○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

▼ブログランキングに一票ください♪
ブログランキング 家庭用ゲーム

ザ・シムズ生活−8− 

2007年08月03日(金) 13時46分
ストーリーモードで7つの職業をすべてクリアしないと、家具などロックのかかっているものは多いのだけど。
いじり始めたフリーモードにすっかりハマったワタシ

友達が作った家族は「ヤチ家」。
変な名前であるが、その友達のニックネームに由来しているといういたって単純な理由です。

ヤチ家の家族は3人。
コゲニーロ、ケムキャット、チエゲオカ、というこれた変な名前であるが、それぞれ実際にいる友達のニックネームである。

必要最低限の家具の配置が終わり、まずこの3人には早速「料理」を勉強させることにした。
壁紙の貼ってない、壁むき出しの部屋なので、一刻も早く稼いでまともな家にしたい!!!!

料理を熱心に勉強する3人。全員の料理スキルが2になったところで、1丁目に住むジギーが遊びにきた。コゲニーロが挨拶に出たところ、続々と近所の人が集まってきた。
が、ちょっと待って、あんまり人が来ても、ここにはステレオやらテレビがなく、金がないので、食事もそんなに出せません
それでも一応近所の人に挨拶をしまくるコゲニーロ

まだ3人のおなかはすいてないし、ギリギリまで食事を出さないでいたら、近所の人々は次々と帰宅して行った
ホッと一安心したところで、チエゲオカとコゲニーロに仕事を探させた。
チエゲオカはパソコンおたく、コゲニーロはおきらく稼業。

ケムキャットにはしばらくの間、主夫業をしてもらうことにした。

2人が仕事に行き始めても、最初はなかなかお金がたまらない。毎日の食事もあるし、ちょっとでもお金が入れば壁の一部でもいいから壁紙を貼るため、常に生活はギリギリ状態である。
どうしてもテレビを買いたいが、本を読んだり絵を描くことで楽しさゲージはあがるので、ぐっと我慢。
まずは環境を整えなくっちゃ

毎日のように仕事に行ってもらい、ケムキャットには食事の支給と友達作りにせいをだしてもらったおかげで、徐々に家計が潤い始めてきた。

して、メイドも雇ったある日のこと。

チエゲオカ、ふと気がついたら頭を反対にしてベッドで寝てました

彼に一体何が起こったのだろう。


○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

▼ブログランキングに一票ください♪
ブログランキング 家庭用ゲーム

ザ・シムズ生活−7− 

2007年08月01日(水) 12時29分
めっきり更新が遅れてしまいました

自分の日常生活がハードな月末期間に突入し、しかもビリーにまで手を出してるから。。。。

シムズを何日か放置すると、ややモチベーションが下がるんだよね
しかも、飽きが来る
だがしかし、一度スイッチをして30分もプレイすればすっかりシムズ熱が再燃しちゃうんだな〜〜。

というわけで、7月最後の日曜日、たっぷりと時間をかけてプレイをしました

前回、ファッション業界の道で最終ステージのマルコム邸に引っ越したところでセーブしていたワタシ。
ワタシの「魅力」を上げればスーパー・モデルになれる、という段階で、スキルアップが飽きてしまった。
マルコム邸は朝からやたらと友人達が訪れ、わざわざ電話でパーティを開催しなくても、人数と音があれば勝手にパーティモードになってしまう

ダンナのロッドは、ワタシがせっせとスキルアップしている最中に、ゲストのミミと手に手を取り合ってダンスをし、そのたびにワタシの「やきもち音」が鳴り響いてます。さほどダンナには興味がなくなってきているのですが……。

ダンナとの指数、89のハート
ダンナとミミの指数、98のハート

妻より愛人のほうがいいみたい

ストーリーモードに飽きたので、フリーモードをいじることにした。

フリーモードは1丁目と2丁目にはすでにデフォルトキャラたちが住んでいる。
先日リアルで我が家に遊びにきた友達が作ったキャラを、3丁目に住まわせることにした。

3丁目は、家も建ってない空き地で、つまりは一からすべて建築し、家具を設置しなければならない。
友達の作ったシムは、オトコばかり3人のむさくるしい世帯
散々プレイをしてきたので、なんとなくどこに何を配置しようっていうイメージは頭に描いているわけで、建築についてはそれほど悩むことはなかった。
まずはトイレの設置。
本当はトイレと風呂を日本風に分けると、のちのちパーティやら大勢の来客時に渋滞ができることもないのだが、貧乏スタート時はユニットバスを作ることをお勧めする

一人暮らしではないので、ユニットバスは最低2つ欲しいところ。
だがいかんせん金がないので、2つのバスルームには、トイレ・シンク・鏡・シャワーを設置。バスタブは働いてお金をためてから購入するとしよう。

そこから家の全体像を建築し、玄関の扉をつける。
そして、窓は一番安い小さいのを、1個置きに設置。
次に電話と警報機、そして照明の設置

家具を置く前に、これらを先にやる必要があります。

キッチンも最初は「冷蔵庫」「自動ゴミ箱」「食器洗い機」の3点で、食器洗い機の上にフードプロセッサーを置いた。
家具はすべて一番安いもの。
テーブル×1、椅子×4、ソファ×1、本棚×1、キャンパス(絵を描くやつ)×1、一人用ベッド×3。

家の土台が広く設計しすぎたのと、最初からユニットバス2つ作ったあたりで、予算不足になり、テレビを買うことができなかった

設計が終わっていよいよシムを操作する、というところで、8時間近くゲームをしていた自分に気がついた。
ちょうど切りもよい、ということでここでセーブ。
しかしこれで、彼らの暮らしを豊にするという楽しみができたな〜〜


○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

▼ブログランキングに一票ください♪
ブログランキング 家庭用ゲーム
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:シモンヌ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 趣味:
    ・お酒
    ・恋愛
読者になる
都内在住、ハケンOLのゲーム&恋愛日記です
【掲載中ゲームタイトル】
■シムピープル〜お茶の間劇場〜
■ザ・シムズ

※PS2限定、PC版ではありません。

ランキングにご協力ください♪
▼家庭用ゲームランキング
ブログランキング 家庭用ゲーム

▼恋愛ブログランキング
ブログランキング 恋愛

▼こちらも♪
人気ブログランキングへ
2009年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像チロル
» 小説っぽく書き綴ってみる、みたいな。 (2009年04月21日)
アイコン画像シモンヌ
» 早朝の独り言。 (2009年04月14日)
アイコン画像チロル
» 早朝の独り言。 (2009年04月14日)
アイコン画像シモンヌ
» 夜のお散歩 (2009年04月02日)
アイコン画像チロル
» 夜のお散歩 (2009年04月01日)
アイコン画像シモンヌ
» ブログ再開 (2009年03月21日)
アイコン画像チロル
» ブログ再開 (2009年03月21日)
アイコン画像ぶん
» どんなときも (2007年09月13日)
アイコン画像Yoshimi
» どんなときも (2007年09月10日)
アイコン画像ぶん
» どんなときも (2007年08月28日)
Yapme!一覧
読者になる