7/19 赤丸 下北沢シェルター

July 20 [Wed], 2016, 0:13

セトリ(とても不確か)

I love my 人生
ウソツキ
ワールドイズマイン
夜明けのメロディ
ワールドエンド
凡人症候群
深海魚の夢

en1
ヒーローズ
新曲

en2
カミソリ

思えば 凡人症候群のときはレコ発もファイナルも行かなかったわけで、死んだなと思われててもおかしくないくらい行ってなかった。
でも凡人症候群に入ってる曲が生まれたての頃から知ってるからなんかおばあさんみたいな気持ちで好きです。
The world is mineは逆で、CDになってから聴いた曲の方が多いのでメジャーバンドを応援してるみたいな気持ちでした。うまく言えね。

赤丸の曲がやっぱ好きだと思った。
何にも似てないどこにもない。
でもそういうふうにしてるのはひとりひとり個の力なんですよね(サッカー日本代表みたいなこと言ってる……)
いろんな要素が唯一無二のものにしてるんですよきっと。
前時代的な人間なんでブログを再開しましたけど、過去に息が詰まるような気持ちで書いてた自分を微笑ましく思ってしまった。
この前の、新宿motionのときは、あぁなおてぃこわいなって思ったけどきょうはなんかめちゃくちゃ穏やかに見れて、ひとの笑ってる顔っていいなとか思ってしまった。もはや老婆ですよわたしは
あと清住さんのギターソロありがてぇなとか、サカイ氏の黒ネイルに赤混ざってるとかまーくん泣きそうじゃんとか、いろいろ観ながら深海魚の夢でなぜか泣いた。
わたし何も観てなかったんだって思い知ったというか……これは別に暗い話ではなく、なんかなんも知らないのにこんなにも楽しませてくれてありがとうと思ったツアーファイマルでした。
いいものを見せてくれてありがとう。
代え難いものだと思いました。
これからも全部は行けないし、「都合のいいとき」なんて都合のいいことば使ってしまうし、去年の8月から12月までみたいにまったく現れなくなるかもしれない。
その間、わたしなんか比じゃないくらい赤丸のことを好きになるひとはどんどん増えてく気がしました。
自主企画はなるたけ平日で頼む!火曜以外!

あと、今日途中からだったけど、
赤丸の企画って最初のバンドから観て完成されるものだな? とかそんなこと思ったよ。
自分が二人いればよかった。

おわり

7/16 白フェス/下北沢mosaic

July 18 [Mon], 2016, 2:28




お目当てはイロムクさんでした。
Inside of the doorさんのバンド名をなんか知ってて、YouTubeで観たら良さそうだったので観ようと思いました。
当日のツイッター見てたら「mosaicひと多すぎ」というツイートが多く、8:20くらいには入ろう! と決めました。

プラグラムハッチ
割と好きな感じ。曲調とかバンドのテンションもよかったんだけど、特にギターの女の子の感じが好きでした。

Inside of the door
セトリ(ツイッターで知った)
1、息もできない(new)
2、33番地
3、水星より
4、11月

一番前で観ました。
どういうひとたちが、どんな表情で演奏するのかちゃんと観た方がいい気がして。
リハの段階から「なんかすごい」って感じがして、
照明落ちて、一曲目の一音目からなんか感動してしまって、ちょっと涙出ました。
流行りの音楽とかガチャガチャしてる感じじゃなくて、わたしはそういうのも好きなんだけど、映画を観ているような、記憶を触られるようなそんな演奏が観られて超いいな って思ったんです。
友だちが自殺しちゃった歌とかもなんかいろんな境界が曖昧になる感じがよかった。
11月という曲。
みつかは11月生まれでした。
これからもバンド続けてくださいね。

イロムク
セトリ(ツイッターで知った)
1、三枚目
2、指切り
3、二重瞼、一重になる
4、新曲(曲名決まってません)

ワンマン観たのもmosaicだった。
三枚目が入った「四枚目はどうするの」というCDが出るそうです。おめでたい。
わたしはイロムクさんのギターの音が好きなんです。
「イロムクだなぁ〜」って思うんです。(語彙力がまるでない)
でもそういうのっていいなと思ったりする。
あと藤沼さんって可愛い性格してるなぁと思う。うまく言えないけど。
CDようやく買いました。
配信で買った恋煩いと人形劇しか聴いてなかったので嬉しいです。
またライヴ行きたいなぁ。

2/20「激突!最後に勝つのはどっちだ!?動員マシマシ化計画〜3回戦 THE FINAL〜」 チェルシーホテル

February 22 [Sun], 2015, 20:26
(あ、看板撮り忘れた)

OAは二組
ちびっ子赤ヘルとサッドモンスターズとライス米田とハンバーグ師匠の仲間たちです。
ちびっ子赤ヘルとサッドモンスターズはメジャー(メジャー↓ではなく、メ↑ジャーです)へ、
ライス米田とハンバーグ師匠の仲間たちは、ハンバーグ師匠がハンバーグ屋さんをやめてしまったため、
もう名乗ることができないということでいずれもラストライヴでした(MCによると去年の五月の最初のマシマシの時点でもうハンバーグ師匠は辞めていたのでは……?)

ちびっ子赤ヘルとサッドモンスターズのセットリストは
1、ヒゲソリ(カミソリのアレンジ)
2、コンプレックス
3、空想ゲーム
赤ヘルのひとの空想ゲームが好きだったので残念ですが、
ニューヨークでも頑張ってください。笑

ライス米田とハンバーグ師匠の仲間たちのセットリストは
1、突風
2、kill kill kill
3、ハンバーグ
吉田さんらしき人物のハンバーグのときの語り面白すぎました。

この日体調があんまりよくなかったので「小料理屋よしだ」のものが何も買えなかったのは残念でしたね。

●赤丸

セットリスト
1、ガラクタ
2、サムライハラキリ
3、カミソリ
4、新曲
5、テイクアンドテイク(仮)
6、橙色
7、突風
8、ゆらり

前回のマシマシのセトリを見てみると
1、ガラクタ
2、ぽっくりさん
3、新曲
4、新曲
5、テリトリー
6、橙色
7、突風
en ゆらり

ガラクタで始まり〜橙色、突風、ゆらりで終わるという流れは同じだったんですね。
ガラクタ始まりは個人的に◎です。
好きだから。
このライヴは赤丸とHelloesの対戦形式で
半券を投票して帰るんですが、
どうやら赤丸、負けてしまったようです。
わたしは尋常じゃなく体調が悪すぎてHelloesを観ずに帰ったので比較できないんですが、
何がいけなかったんだろうね……。
いままでは赤丸とHelloes以外にもバンドを呼んでいたのでそのバンドに連れてこられたファンのひとたち分の
票数もあったのかもしれないんですが、
今回の場合は2マンだったので(OAも赤丸とHelloesのメンバーだし 笑)
この日までにお互い、何人連れてこられたかみたいな……そういう試合になっていたんじゃないかなと思ってしまいました。
中立のファンのひとがどれだけいるか知りませんが、
よっぽど厳しいファンのひとがいて、「きょうのライヴはだめだったから」ということで普段応援していないほうに入れるっていうのはあったのかも。知らないけど。笑

MCの浅草芸人の潮さんが「実力はあるから、あとは運」みたいなことを言っていて
ほんとにそうだよなと感じました。彼らだけでなく、いろんなものに対してそう思いました。
世の中には本人たち云々じゃなくて怪しい力を持って表に出ているひともいるしね……。

今回感じたのは曲が多くなってきて、聴けなくなる曲が出てきてしまったので
早くワンマンやってください☆っていうこと。
ほかに聴きたい曲があったんだけど、それは、コンスタントにライヴに行かないとだねえ。
今回4曲目にやった新曲がものすごく好みで、脳内をぐるぐる回っています。
わたしは赤丸の楽曲が好きだけど、
メンバーさんが多分、わたしよりも好きなんだろうというのがライヴを観ていて伝わってきて、
それを観るのがすごく好きで、行ってしまうのだと再度思いました。
今回の結果云々は気にせず、これからも腐らずにいろんなところでいろんなライヴをして、
このバンドを知ってもらい、たくさんのひとに好きになってもらえたら、と祈ることしかできないのですが
こころからそう思いました。

しもみつ

1/24 渋谷チェルシーホテル 赤丸と泡

January 25 [Sun], 2015, 19:35
セットリスト

1、時計(仮)
2、突風
3、カミソリ
4、サムライハラキリ
5、橙色
6、ゆらり
(サムライハラキリとカミソリが逆かもしれない……。アンケートを写メるのを忘れた)

赤丸のライヴに2015年行けるのかなぁ〜と
実は12/22のときから不安に思っていたのですが、
今年もときどき遊びに行きたいなぁと感じた日でした。
わたしも切磋琢磨しまして、自分のことがんばろうと誓う。

1、時計(仮)
一曲目にこれ持ってくるの、ちょっと勇気要るんじゃないかなぁと思ったのですが
割に引き込んでいる気がしました。
わたしはこの曲ものすごく好きです。

2、突風
コールアンドレスポンスも浸透してきましたね。
曲終わったとき、直記さんがいい顔していたのが見えた。

3、カミソリ
「怪しくてポップな曲」です。
去年とと比べて音がはっきりしたなぁと感じました。

4、サムライハラキリ
ようやくわたしの中でこの曲に対する理解が追いついてきたし、
楽しめる楽曲

5、橙色 →6、ゆらり
橙色とゆらりを並べることに少し驚いた。
ゆらりの前に「わたしから離れないでください。寂しいので」って直記さんが言った日。
ゆらり、youtubeにもありますが
いまのゆらりがとてもいい。静と動がよりはっきりしている感じ。

*



1、足跡
2、濡れた羽
3、夕暮れ向日葵
4、秋時雨
5、彼方、辿る未来
(公式ツイッターから)

赤靴vo:マルヤマカズヒロさんと
Plastic Treeドラム:佐藤ケンケンさんことサトウケンタロウさんのバンド。

初めて見るバンドで、入ってくる情報量が多く、
正直記憶がついていけてなくてレポートとして残せることはほんとうに少ないのですが
どんなバンドだったかということだけ記しておくと、

・暗くない
・爽やか
・聴きやすい
・元気をもらえる

このような印象を感じました。
わたしは佐藤さんサイドでしか物を言えないのですけれども、
Plastic Treeとは似ても似つかない音楽性でした。
恐らく、何曲か聴いたのですが、マルヤマさんのやっていらっしゃった赤靴というバンドに近い音楽性ですので
そちらを調べていただければと思います。

もちろんヴィジュアル系ではなかったので化粧はしていないですし、
黒いシャツにネクタイだったかなぁ。
補足だけど、佐藤さんは黒縁眼鏡をかけていた。

しもみつ

12/22 渋谷チェルシーホテル 赤丸

December 22 [Mon], 2014, 22:12


1、コンクリート
2、トマト
3、テイク&テイク
4、カミソリ
5、サムライハラキリ
6、時計(仮)
7、突風


en
1、ガラクタ
2、ゆらり


ツアーファイナル!
全部は行けなかったけど
結構行ったなぁその間新しい曲も生まれて、
うー、楽しかったです。
きょうはほんと赤丸みんないい顔していてなんかいってよかったなぁ。
バンドが大きく成長したツアーだったんじゃないでしょうか。


じゃあ書けるものだけひとこと感想を


1、コンクリート
やってもらえてよかった……。
アレンジ新しくなってましたね。


2、トマト
最初に聴いたときより余裕ができたっていうか
感情的に奥行きができた気がします。


5、サムライハラキリ
楽しい曲になったと思います!
格段に良くなった気がします。


6、時計(仮)
歌詞をちゃんときこうと思って集中して聴きました。
赤丸のバラードもいいなぁ。


7、突風
コールアンドレスポンスをはじめて正式導入した日!
代表曲になりましたね。


en
1、ガラクタ
やっぱり好きだなと思いました。


2、ゆらり
走馬灯のようにいろんなことが駆け巡りました。
ほんと、いろいろ観られてよかったです。


そんなツアーファイナルの赤丸企画でした。
たくさんのひとに見てもらえてよかったです。
来年はワンマンが満員でできるといいですねー。