気になるシミ、クスミの解消サポート情報 シミ、クスミを予防する対処方法とは? 

2015年12月02日(水) 14時03分







できてしまったシミ、クスミの対処方法


まず、紫外線を浴びることは体に良いことですが、
必要以上に浴び過ぎるのはよくありません。

秋や冬も油断せず、
紫外線対策はしっかりと行っていきましょう。


日頃から血流をよくしていくことが先決です。

血行不良によるくすみを改善するには、
お風呂に入ったり運動して汗をかく機会を作るなど、
日頃から血流をよくすることが先決です。


これによって冷えも解消されます。
毎日きちんと湯船につかることが基本です。

体が温まり疲れが取れるだけでなく、
血行がよくなってバラ色の肌になっていく効果も表れます。


肌も柔らかくなり化粧水の浸透がよくなるうえ、
化粧ノリもアップしていきます。


忙しい時は、蒸しタオルで肌を温めるだけでも
効果があります。


朝起きた直後に顔色で健康チェック


洗顔前に自分の顔を触ってみて下さい。
少し潤いがあり、
手にかすかに脂がつくくらいがベストです。

ベタっとついた部位は、油分の与えすぎと考えて下さい。

洗顔にはベストな温度は、
ぬるま湯(32〜34℃くらい)です。


顔の表面から皮脂が溶け出す温度は30℃です。

したがって、それよりも少し温かい32℃で洗えば、
自然と顔から皮脂が出てきて、
汚れが浮きでたところを洗うことができるのです。


まだまだ寒い日もありますので、
つい温かいお湯で洗顔したくなりますが、

35℃以上のお湯で洗うことで、シミやくすみの原因にも
なりますので注意が必要です。

洗顔にベストな温度32℃は、手では温かさを感じない程度です。

泡洗顔なら、優しくマッサージするように馴染ませるだけで、
毛穴の奥まで入り込み、汚れや古い角質を取り除くことができます。


濃密な泡の作り方は、まず、適度にぬるま湯を加えながら、
泡をつぶさない様に手のひらで泡立てます。

うまく泡立たない場合は、泡立てネットを使ってみてください。

泡立てネットを使うと、
たった10秒でとてもきめ細かい泡を作ることができます。

もこもこの泡を作ったら、
両手でこねるようにして空気を抜きます。
すると、簡単に濃密でクリーミーな泡ができますよ。



シミ、クスミ解消スキンケア


また、保湿は、洗顔するときから始まっています。

洗顔料に保湿成分がしっかり入ったものを選びましょう。
天然成分を配合したお肌には、優しい成分のものを
選びましょう。


スキンケアに一番大切なことは、
お肌を労わり、大切にケアしていくことを
継続することです。





P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31