乳児ボツリヌス症について 

June 01 [Thu], 2017, 6:02
先日生後6ヶ月の男の子が、乳児ボツリヌス症で死亡しました。
離乳食に入れられていた蜂蜜が、原因だと考えられています。
娘たちが赤ちゃんだった20年ほど前から、蜂蜜を与えるのは危険だと育児雑誌でも読んだ覚えがありますし、蜂蜜を買うと瓶のラベルには小さな文字ですが警告文が記されていました。

乳児ボツリヌス症は、重症の場合、命に関わると知った私は、蜂蜜そのものはもちろん、蜂蜜入り、と書かれたお菓子なども全て遠ざけました。
大人が蜂蜜を使っていると、何かの拍子に子どもが口にしてしまうかも知れないと考えて、大人も蜂蜜を使わないようにしました。
今でもこんなにハッキリと覚えているのですから、かなり意識したのだと思います。

乳児ボツリヌス症での死亡例は日本初だと言う事です。
今までは上手く予防できていたのに、とても残念です。
今手元にある輸入品の蜂蜜の瓶の裏に貼られたラベルを見てみましたが、1歳未満の乳幼児には与えないで下さい、と一言書かれていました。
以前使っていた国産の蜂蜜のラベルには、乳児ボツリヌス症についてキチンと書かれていたように思います。
人の受け取り方にも寄るのでしょうが、与えないで下さい、のみでは危機感を持たない人がいるのかも知れません。

このような事は、色々な角度から何回でも知らせる必要性を、強く感じました。
お母さんが知っていても、赤ちゃんの面倒を見る誰かが知らなかったら、何にもなりませんから。





2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。
幻冬舎メディアコンサルティング