シマノ(SHIMANO) スコーピオン XT1000 の激安情報

June 30 [Thu], 2011, 20:00
シマノ(SHIMANO) スコーピオン XT1000の購入を検討されている方に
オススメの販売店が⇒こちらです!

誰もが知っているココなら安心して購入できますね!
それに送料無料は嬉しいですね!

上記の販売店以外に格安で購入するならヤフーオークションが
おすすめです!掘り出し物がみつかるはず…。

ヤフオクで検索は⇒こちらから



シマノ(SHIMANO) スコーピオン XT1000の仕様

June 30 [Thu], 2011, 19:01
品番: 1000(右)

ギア比: 6.4

最大ドラグ力:(N)/(kg): 44.1/4.5

自重(g) : 190

ハンドル長:(mm) : 40

糸巻量:(ナイロン号-m):3-100、3.5-90、 4-80、5-65

最大巻上長:(cm/ハンドル1回転): 64

スプール寸法:(径mm/幅mm) : 32/22

ベアリング数S A-RB/A-RB/ローラー :6/1


⇒シマノ(SHIMANO) スコーピオン XT1000の詳細はこちら

シマノ(SHIMANO) スコーピオン XT1000の特徴

June 30 [Thu], 2011, 18:06
ライトウエイト・コンパクトボディで軽量ルアーに対応する[スコーピオン1000/1001]が、
エキストラチューン(XT)を施されて新登場。スプール径は従来の[スコーピオン1000/1001]
よりも1mm小さい32mmで設定。スプールはSVSユニットの軽量化をはじめ、
エッジを0.3mmまで削り込むなど、隅々までエキストラチューンを施すことで
低慣性化したマグナムライトスプールを採用しました。

[アルデバランMg]と同じ径サイズのスプールは、1/4oz前後のルアーを中心に
オールラウンドに対応。よりウエイトの軽いルアーに対しても抜群の適応力を発揮します。
低慣性化されたスプールが軽量ルアーに対しても敏感に立ち上がり、
バックラッシュなどのトラブルを激減。ボディサイズも大幅にコンパクト化され、
従来モデルよりも6.7mmも低いボディによりパーミング性能が大幅に向上。

自重も40gも軽量化されており、長時間の使用に対する疲れやストレスを最小限にとどめます。
スプール径の小型化にともない、従来モデルと巻き上げ速度を合わせるために、
ギア比は6.4で設定。アルデバランMg、アルデバランMg7の間となるギア比とすることで
3種の使い分けも可能としました。

⇒シマノ(SHIMANO) スコーピオン XT1000の詳細はこちら