May 14 [Sat], 2011, 0:54
いま小島信夫の「残光」を読んでいる。

小説なのかエッセイなのかわからないし、人称も変わるし、同じ話が繰り返されるし、本当によくわからん本なんだが面白い。どうも小島信夫の思考(または思考している時間)をそのまま文字を通して目にしているようにも思えるし、ただただ文字の集合体というか言葉の集合体のようでもある。思うに、小説を読むさいのこちら側の暗黙のルールを壊してくれている、ような気がする。
大体小説だ、といってもそもそも作家の考えてることを僕は文字を通して目にしているわけだし。漠然と抱いている小説のイメージみたいなものから外れているといって誰がそれを小説じゃない、なんて言えるのか。とても面白い。
まだまだ途中なので、これからの時間が楽しみだ。

●小島信夫を読んでいて、断片だけを集めたような芝居をいつかやってみたいなぁーと思った。
●ヘンリー・ダーガー展に行った。刺激的だった。
●4月の月末を終えてからというもの、矛盾という事を考えている。何だか矛盾が大きければ大きいほどいいような気がする。芝居を観ていてもやってる人の矛盾だったり欲望が深ければ深いほど、なんだかいいような気がしている。色んな芝居があってもいい、と体裁のいいような言い方をしたとしても、やっぱり芝居は一つしかないよ(笑)とにかく矛盾や欲望と向き合うことだけは続けていきたいなぁー。そんなことを考えている。



July 09 [Fri], 2010, 3:05
●経堂に引っ越してもう何年たったんだろうか。農大通りの松屋に僕が引っ越した頃からずっと(もっと前からかもしれないけど)深夜に働いている男の人がいて、今日、復活!という宣伝文句につられてトマトとハンバーグの定食を食べながらふと、本当にふっと「この人がこの仕事を辞めたら、僕は毎日通っているわけではないのですぐには気づかないけど、もしかするとしばらくして(あの人最近見かけないなー)と思い、もし僕がこの町を離れるようなことになればこの店員さんは{接客態度から推測するとこの人は僕の存在を認識している}(最近あの顔の長い人みかけないけど引っ越したのかなー)と思ってくれるのかなー。」というような事を思った。そして、僕はそういう関係は嫌いではないなーと思った。いやどちらかというと素敵な関係だなーとも思ったのが東京は夜の三時。

●もー僕はどんな事があっても頑張らない(そんなに頑張ったためしはない)。

●人はなにをもって人を裁くんでしょうか。許しってなんでしょうか。イーストウッドの映画は許しが大きなテーマになっています。グラントリノは最高だった…。そんなことを最近考える。

終わり。





June 27 [Sun], 2010, 20:55
●「海辺のバカ」が終了した。とても面白かった。(台本も素晴らしいし、柄本さんの演出も素晴らしかったのだが)「海辺のバカ」という台本を上演するに際して1カ月(簡単にいうと稽古中、本番も含めて)、自分が体感したこと、思ったこと、考えたこと、悩んだこと、発見したこと、そんな色々な事がとても楽しかった。…言葉にするのは難しいけど。

●月末の「いかけしごむ」。やりたい。別役さんの台本やりたい。ムショーにやりたい。

●とにかく今、芝居したい。とてもしたい。

●が、しかし、ワタシは目下、朝来演劇セミナーでの「夏の夜の夢」の準備が控えている。これは大変なことになるんじゃないかなーと踏んでいる。

●文春のクドカンのコラムで早川義夫のエッセーについて書かれていた。「かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう」の人で、興味があったので早川義夫のHPを見ているのだけど、これがちょっと感動する。とてもいい。

終わり。





April 04 [Sun], 2010, 1:07
バイトから帰って熱でボーとしていたのもあり考え事してたのもあるんだけどトイレに行こうと思ってドアを開けたら顔面を強打し上唇をザックリ切ってしまい深夜に唇から血を滴らせながらウロウロする様は我ながら惨めな心持ちになった。

最近は映画を観るのとカミプロを読む事以外に楽しみを見いだせず、何だかなーな毎日だ。

自分には珍しく芝居を立て続けに2本観た。時々自動の「うたのエリア−2」はとってもいい舞台だった。初めて観にいったのだけど想像してたより芝居場が多かった。これ以上多いと微妙だなーと思うスレスレのラインだと思った。「うたのエリア−3」もおっかけたい。もう1本は珍しい方からお知らせメールが来たのでペンギンの「贖罪の罪」を観た。作家さんの書きたいもの、丁寧な芝居作り、達者な役者さんとこう書くと問題は無さそうなんだけど観ていて答えが一つしかないところ(芝居の内容ではなく)についつい身構えてしまう。ちょっといじわるになってしまう。劇場は不健全な場所だと思うんだけど至って健全なんだもん。

友達が旗揚げするそうで。よかったら是非。温泉ドラゴン「ESCAPE」。どんな芝居なの?と聞くと「ヤクザのかちこみの話」って答えが帰ってきて非常に不安ではありますが…。

終わり。

今こそ

February 28 [Sun], 2010, 4:57
酔ったついでに。

↓月末劇場。『二人で狂う』イヨネスコ。
http://www.tokyo-kandenchi.com/getsumatsu201002.html#more

ほんと良かった。
こういうの観ると、やっぱり月末劇場は続けるべきだと思います。
凄く志がみえました。良かったです。

最近駄目で…。ホント駄目で…。
でも、刺激もらいました。

●『TVロード』 役者をお休みして2年、大きなロスがあったんだなぁ。作品集と月末の雷鳴、この作品でやっと色々な事を思い出せました。やるべき事を。やはり役者は数を踏んでいないとわからなくなる事が多いです。あと、見ていてくれる人は必要です。

●『眠レ、巴里』 劇場で何もできず、ずーっとうろうろしてるだけだった。無様でした。でもとても大切な時間でした。和枝さんと楽子さんが経験も時間も記憶も捨て、今のこの時間を掴むために悪戦苦闘する姿は痺れたし、カッコ良かった…。『そういった意味ではとても面白い芝居』ではなかったかもしれないが、3日間で動いていく劇場!時間!空間!とても面白かったです。…面白いじゃ語弊があるか…。有意義な時間でした。これは、ホント財産になります。

●アクターズ・ラボ 卒業講演 『海辺のバカ』僕にどういった言葉があるんだろう。ここに集まった人達で芝居をするんだ、ここに集まった人達だからこそ流れていく時間しかない。とても勉強になりました。
皆それぞれ問題を抱え、それに向かってよく頑張ってました。逆に問題はこっちにあるんじゃないかなぁ。
とにかく皆お疲れ様でした。

●アクターズ・ラボ オーディション いやー、面白かった。こっちに観てる人がいて、そっちにやる人がいる。やる人は色んな問題を抱えそこに立つ。どうしてもそうならざる得ないが柄本さんがそこに座れば、やはり演出家となる(本人はそれを望んではいないんだけど…)。もう、やっぱり芝居だったもん。その場所が。劇場でした。もう、それだけで面白かった。


どうあがいても明日はくるんですね。
明日も頑張りましょう。

でなけりゃ、やってはいけないよ。

終わり。


February 14 [Sun], 2010, 0:46
アクターズ・ラボの卒業公演。「海辺のバカ」。

組み合わせが多くて…。とりあえず今日の夜の回で終了した5人、東君に山添さんに富田さんに井原さんに船越!。お疲れさまでした。
明日で卒公は終了。

打ち上げで皆とゆっくり話したい。(卒公では僕、何もしてないんだけど…。)
打ち上げに参加出来ない音響の飯島さんと今日、ゆっくり飲めて良かった。

何だろうか。面白い。し、難しい。とにかく僕らは矛盾してるね。

TVロードと眠レ、巴里についても後日書きたい。

January 15 [Fri], 2010, 1:36
とてもじゃないが、昨日書いたものがここに残っているのが耐えられない状態なので昨日のブログを削除しった。
はぁ…。

難しいですね。
お芝居って…。

December 14 [Mon], 2009, 0:47
もう12月も中旬ですか…。

何があったか、何をしていたか、何だかよく思い出せませんが。

●11月月末。阪田と「雷鳴」をやりましたね。面白い体験でした。またどこかでやりたいです。やっぱり阪田は不思議な人でした。(良い意味で)
●アトリエ公演 良かったんじゃないでしょうか…。アトリエを経ての授業では、みんなの変化をひしひし感じながらの授業であります。(良い意味で)

●じゅうべぇプロデュースの風雲を観た。じゅうべぇって人は大変優秀な人だなー。と。で、映画も面白かったのだけどあの兄弟の作品がずば抜けて良かった。

●牧田さんの芝居。トゥルーパ。久しぶりに牧田さんやキムタクさんに会えた。

で、今は「TVロード」の稽古。

あと何日かしたら、池袋に通おうと思ってます。
終わり。


October 10 [Sat], 2009, 18:18
●5日で加藤作品集が無事終了いたしました。
来て頂いた方、そうでない方ありがとうございました。

スタッフ・出演者の方達もさることながら、制作をやってくれた4人には大変感謝しています。

●怒られたなぁ…僕。
ホントに怒られたなぁ…色んな事で。

役者の作業もそうですが、なんでもやればやる程に大変難く。
でも、いや、反省点だらけの作品集だったけど、次につながる課題は大変に多かった。

●次の日に早速新宿に池口さんに呼び出され、11月の月末の顔合わせ。
喫茶店を出て、雨の中、谷川さんにかけてもらったアドバイスには非常に勇気づけられた。

この公演中、色んな方が色んな言葉を僕にかけて
−(というか、残して、というか、あびせて、というか、投げ散らかして、というか…)−
いってくれて、それはとても大変な財産です。

●今年度でいっても、まだまだやんなきゃいけない事いっぱいあるし。
来年は、ちょっと手をつけられなかった、色々なやりたい事をやっていきたい。

●最近、矢沢永吉にはまってます。
ってか、永吉語録に。かっこいいんだもん。

終わり。

September 16 [Wed], 2009, 3:38
宇宙人と話したみたいだった。
尾をひいていて、いまだ眠れない。
体温が確実に下がった。

↑気がふれたわけではありません。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shimaken
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1977年7月25日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
アイコン画像(笑)
»  (2011年07月31日)
アイコン画像どるふ・らんぐれん
»  (2010年11月08日)
アイコン画像shimada
»  (2010年07月10日)
アイコン画像ドルフ・ラングレン
»  (2010年04月08日)
アイコン画像非礼を承知で。
» 今こそ (2010年03月26日)
アイコン画像shimada
» 今こそ (2010年03月15日)
アイコン画像はまぐり
» 今こそ (2010年03月08日)
アイコン画像QP
»  (2009年10月08日)
アイコン画像shimada
»  (2009年10月07日)
アイコン画像QP
»  (2009年09月16日)
Yapme!一覧
読者になる