プレオープンを終えて・・・

August 06 [Sat], 2016, 7:08
どもども。
杉山(夫)です。


忙しい時に物事が重なることは、もう常で
うちのにゃんこたちが代わる代わる具合を崩しています。

まったく・・・
と言いつつ、めちゃめちゃ心配する夫婦。
大事な家族ですからねー。


さて、銀水のプレオープン3日間が終わりました。

おかげさまで、たくさんの人にお越しいただきました。
本当にありがとうございました。

正直、こんなに来てもらえるとは思わなかったです(笑)
市役所の職員さんや地域の方々は
『めっちゃ来るよー!大変ねぇ!!』と言っていましたが、
僕たちは、

『そんなハードル上がって、全然集まらなかったらどうしよう』
なんて考えていました。

でも、その予想をいい意味で裏切る結果が出て良かったです。
改めて、島原の方にとって銀水というお店が特別なものなんだと感じました。


店内に入れば
『懐かしいねー』『お婆ちゃんはここでねー』と
別々に来た顔なじみの人の会話が始まる。

僕たちが作りたいと思っていた空気があってうれしかったです。


もちろん、そんな中には

『銀水の味じゃなか』『これは薄い』『白玉が固いね』『これじゃもう来てもらえないよ』

なんて厳しい言葉もいただきました。
でもこれも予想していたこと。少しずつ改良していければ、と思います。


そうした中で、いくつかご質問をいただいたもので
まだあまり地域おこし協力隊の制度や僕らの銀水の関わり方が
浸透していないなと感じたので、ブログに書いておきます。


まず、地域おこし協力隊は『国の制度』です。
なので国から地域おこし協力隊に関わるお金が市に入ります。

つまり、地域おこし協力隊のお給料や活動するときに出る経費は
島原市の税金を使うわけではありません。国から出たお金を使っています。

しかも、物を購入するときも『請求書払い』という特殊な方法をとっています。
先に物をもらって、請求書をもらい、役所に持ち帰って振り込みをしてもらう。というもの。

これを取り扱ってくれているところは少なく、当然ほぼ市内に限られます。
よって、国から出るお金を島原市のお店で使っています。

簡単に言うと、日本の税金を地域おこし協力隊を通じて島原へ使い、地域を応援している感じです。


また、銀水についても認識が様々ですが

銀水は『市の観光施設』です。

僕らの『個人事業』ではありません。

これは市がはっきりとその意向を示しています。
だから、銀水の中には市の観光案内パンフレットがたくさん置いてあります。

つまり銀水は、市の建物で、観光施設で、売り上げは全て市の歳入になり、杉山には最初の契約通りの協力隊としてのお給料しか出ていません。

どれだけ儲かっても、僕らは懐に一銭も入れていません。

地域おこし協力隊には、残業代は出ません。
残業分は、別日に勤務時間を調整して消化します。

しかし、銀水は年中無休で10:00〜17:00なので、休みを規定通りに取ることは難しく、
仕込みで発生する残業を消化することも難しいため、
他の市の非常勤の方と同じような時間外手当をもらえるか、現在検討していただいています。

なので、『生活保護と同じじゃ?』『よそものが銀水して、市のお金で丸儲けじゃん』という
ご指摘は少し違うので、よろしくお願いいたします。


また、地域おこし協力隊の 任期は3最長3年で、1年ごとの契約更新です。
なので、僕らがずっと銀水をやっていくということは、
現段階では何も決まっておらず、市から3年後のお話もいただいていません。
少なくとも、今の契約では僕らは2年半後には銀水から離れることになります。

そもそも、地域おこし協力隊として銀水をやる、というのは、採用が決まった後出てきたお話です。
僕らが最初にいただいていたお話は、観光と移住の問題解決です。

なので、銀水目的とか、お店を出したかったからちょうどよかった、などで島原に来たわけではありません。
島原という土地が好きだから来たのです。

僕ら自身は、銀水は地域の方々にとって大切なお店だし
将来的には、僕らじゃなく地域の方々で回していけるようなお店になれば嬉しいと思っています。

そのためにも、この一年で他の市の施設のように赤字続きではなく
黒字化できるような基礎づくりをしていきたいと考えています。

現在は、地域おこし協力隊を銀水で使うことで人件費を浮かせている状態です。
それをちゃんと人を雇っても黒になるような経費管理をしていかなければいけません。

銀水の予算が議会を通るときに、かなり話し合われたのもこの経営関係なので、
それをしっかり解決しなければ、と考えています。


僕たちは、
『地域おこし協力隊というよそ者夫婦が、島原の老舗を地域の方と協力して復活させる』というドラマと
『地域おこし協力隊の制度で人件費を抑える』
という二つを求められていることを自覚しています。

なので、引き受けた以上、しっかりそれも全うしていきたいと思います。
本当に、島原は素敵な土地だし、好きな場所なので。


今日から、正式オープン。
たくさんのお客さんとお会いできることを楽しみにしています。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:よちすけ
  • 現住所:長崎県
  • 職業:公務員
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
まー
» プレオープンを終えて・・・ (2017年05月24日)
市民
» プレオープンを終えて・・・ (2017年03月03日)
よちすけ
» プレオープンを終えて・・・ (2017年02月07日)
奈々
» プレオープンを終えて・・・ (2017年02月07日)
くだらねー
» プレオープンを終えて・・・ (2016年12月27日)
よちすけ
» プレオープンを終えて・・・ (2016年12月09日)
旅人
» プレオープンを終えて・・・ (2016年12月08日)
よちすけ
» プレオープンを終えて・・・ (2016年10月23日)
みさき
» プレオープンを終えて・・・ (2016年10月20日)
他県の地域おこし協力隊
» プレオープンを終えて・・・ (2016年10月08日)
ヤプミー!一覧
読者になる