健康診断などで、子宮内膜症と診断されたら・・・治療費をグッと抑える方法公開中! 

2014年08月04日(月) 6時17分
子宮内膜症の治療って、本当にお金がかかりますよね。
ホルモン治療はある程度続けなければならないので一定期間家計を圧迫します。
ホルモン治療を1セット行って内膜症が完全に治ることは少ないので、閉経するまでの間ずっと苦しみ続けることになります。
ホルモン治療の薬代だけではなく、痛み止めや診療費もばかになりません。

かといって子宮内膜症を放置しておくともっと苦しい症状に悩まされることになります。
子宮の中にとどまっていた病巣が内臓全体にとんでしまうこともありますし、生理時以外も激痛に苦しむこともあります。
そうならない為には、定期的に病院に通い経過を観察しながらホルモン療法を続けることが重要です。

症状がひどくなると開腹手術も視野に入れなければなりません。
入院が伴う手術ですので、30万円程度の出費は覚悟しておいた方がいいでしょう。
そうなったら家計へ大打撃ですよね。

そんな治療が難しい上に家計を圧迫し続ける、子宮内膜症の新薬を無料で試す方法があります。
それが治験です。
国の許可が下りる前の最新の治療薬を、自己負担ゼロで試すことができるのです。

新薬というと危険なのでは?と思うかもしれませんが、そこはご安心を。
子宮内膜症の専門医の指導のもと、血液検査や尿検査などを頻繁に行いながら体調をしっかりと管理して投薬しますので、安全性はお墨付きです。

なんといっても最新の治療薬を家計への負担ゼロで試すことができるのですから、嬉しいですよね。
さらに、治療費ゼロどころか謝礼も受け取ることができるのです。
これまで、子宮内膜症の治療費が家計を圧迫して苦しい思いをしてきた方は、治験に参加してみると心の負担もすっと軽くなると思います。

治験に参加するには、JCVNのような治験情報サイトに登録するのが一番確実です。
インターネットで氏名や生年月日、悩まされている症状などを登録するだけでオッケーです。
説明会も開かれますので、不安な点も事前に解消しておくことができます。

P R