フェルメール@ 

2006年12月14日(木) 1時08分
絵画に興味なく過ごしてきて、あることをきっかけに
絵画に目を留めるようになったある日、FUJIKOは
フェルメールという画家を知ることになった・・・

「真珠の耳飾の少女」が有名です。

FUJIKOが気になった絵は、「水差しを持つ女」

どの作品もそうですが、光が本物のように見えました。

しばし、立ち止まってポスターを眺めてしまいました。

今までこの作家はどのくらい有名だったのかも知りません。

しかし、FUJIKOが気にしてからは、映画もできるくらい

きっと、今の世の中に受け入れられる作品なんだろうな、と

感じました。

勉強不足だから多くを語れませんが、少しずつ書いてみようかと思います。

童画展 

2006年12月12日(火) 0時26分
FUJIKOが初めて出会った画伯・荻山さんの招待で
ある日、上野の童画展に伺いました。

何度も描くけど、絵に興味がないFUJIKOは
さら〜と歩いて見て回っただけでした。

その中で1枚だけ、ウサギと月の絵に目が留まり
結局はがきを買って帰りました。

今でもその絵を思い出せるのですが・・・・・
実は誰が描いたかわからない

ほら、興味なく見ているから、画家の名前を見てこなかったのですね。
はがきも誰かに送ってしまったし・・・

もう一度見てみたい作品なんですが・・・・・

いつかわかるのかな?

ある画伯との出会い 

2006年12月11日(月) 2時39分
そんなこんなで、アートとは無縁のまま日々過ごしておりました。
そして、ある診療所でバイトしている時に、ある画伯と出会いました。

その方は、どことなくFUJIKOの大好きだったおじいちゃんに
似ていたので、ついつい話しかけてしまい、仲良しになったんです。
そうそう、そこの診療所は、ものすごい方々がいらしてました。

与謝野晶子さんのお孫さん、大変品のよい奥方でした。

西郷隆盛さんのお孫さん、これまた、西郷さんのあの銅像とそっくり。

極めつけは、あの発明王「ドクター中松」先生のお母様。
「あたしゃね、いつも年齢を20引きで生きてんのよ。
だから元気でいられんのよ」と矍鑠とお話されていました。
さすが・・・あの発明王を産んだお方だわ。。。と感心しておりました。

大変楽しい診療所でありました。

そして、おじいちゃんに似ていた荻山さんは、実は画家さんだったんです。
いつもありがたいことにFUJIKOの絵を描きたい、とお話ししてくださり、
お写真を預けたこともありました。
でも、目が悪くなられていて、描けなかったみたいです。
FUJIKOが診療所をやめることになったときに、大変寂しがってくださり、
おうちまで遊びに行きました。
荻山さんのアトリエにお邪魔して、絵を見せていただきました。
雑誌の表紙などをやられていたようで、色々イラストなども
見せていただき、FUJIKOは初めて、「絵」を頂くことになります。
少女が手まりしている絵と、水芭蕉の絵でした。

でも、あまり「絵」に興味がないことは、このときも変わらなかったから
荻山さんも寂しかっただろうな~と反省・・・
でも、数々の絵の中から「ほしいの持って行きなさい」と言われたら
嬉しいものですよね。
そして、本当に、いいな、と思う絵に目が留まるんだな、と知りました。
有名、無名は関係なく・・・・

その絵はFUJIKOの実家にあります・・・・

荻山さんは数年前亡くなられたそうで、奥様にお電話したときに
「あ~いつも主人がお話ししていた人ですね。ありがとう。
墓前に伝えておくわね」と優しくお話ししてくださいました。

これがFUJIKOが初めて出会った画伯です。


若かりし頃 IN アメリカ 

2006年12月10日(日) 5時01分
遠ざかったがゆえに、美術、というものには

ほとんど関心を示さず、大変もったいないことをした。

○十年前、アメリカのメトロポリタン美術館に行ったのだ

こんな私が行ったから、絵画にはほとんど目をくれず

一緒に行った友人とは、出口で○時に待ち合わせね〜と約束をし

藤子は一目散に、この時期企画されていた「衣装」コーナーへ

数々の衣装を見ながら、次はエジプトコーナーへ

実はこれしか覚えていない・・・

広い美術館にはたくさんの絵がかかっていた。。。確かに。

でも、本当に関心がなかったことがよくわかる。

本当に覚えていないのよ・・・・

あ〜しまった!と思ってもあとの祭り、とはこのこと。

今後メトロポリタン美術館に行く機会に恵まれるかなんてわからないし。

一緒に入った友人は、絵画が大好きで、色々と堪能したらしい

「ふ〜ん」と話を聞くだけの藤子の若かりし頃 IN アメリカだ・・・

絵画との出会い 

2006年12月09日(土) 1時39分
絵画との出会い・・・
まず、中学校の時に美術の時間で描いた風景画
そのとき、産休の美術の先生の代行で来ていた
若い女の先生から、なぜだかFUJIKOは風景画を
ほめてもらった・・・
不器用で、工作やってもサイズが合わないなど、
本当に、美術の時間が嫌いだったFUJIKOにとって、
「え!!こんな絵をほめてくれるの?」と、ものすごく
嬉しかった。。。

そして産休の先生が戻ってきた。
ケチョンケチョンだった・・・・
「なんであなたにこの成績をつけたのかしら?
私にはわからないわ」
今でもハッキリ覚えている言葉・・・・

「やっぱり・・・」と思いながらもすごく傷ついた・・・

そして美術を嫌いになった・・・・

思えば、教師の一言で、人生を大きく左右されることも
あるのだろうな・・・

「苦手なんだ」
「下手だから」と思っていたら、何をやってもつまらないだろうに・・・

高校に上がると、美術か音楽を選択できた。

迷わず音楽コースを選んだ・・・・

そして、美術からドンドン遠ざかっていった・・・・・

迷子になった光 

2006年11月10日(金) 0時55分


タイトルが・・・考えてしまう・・・

迷子になった光

このタイトルの発想も紫紺大だからこそ・・だろう。

抽象的な作品である。

なぜ、光は迷子のなったのか?

私は、この作品の前では「う〜ん」と唸るのだ

そして、自分自身が答えが見つからず迷子になるような・・・気がする

でも、本当はこの絵の中に答えが隠されているのだ・・・きっと。

紺の静寂 

2006年11月08日(水) 0時54分


紫紺大の技法、透かし

奥深く幾重にも重なる花々

丁寧に描かれた線

それに相反する大胆な構図

私はこの「紺の静寂」を、紫紺大との出会いの1枚に思う

静かに舞い散る花々と、静まり返る紺色の世界が

深く心の底をかき乱す・・・・

満月の風 

2006年11月02日(木) 0時16分


幾重にも塗り重ねられた

色とモチーフの重なりが

奥深く、そして、大きな動きとなって作品に表れている

風が動き、月がそこにじっと存在し

その月の向こう側には、もっと静まり返った奥深い宇宙が存在する

宇宙の果てはどうなっているのか

考えても答えがでないことを思い巡らせる時

この作品を見ていると、宇宙の最果てのそのもっと先に

風が運んでくれるような気持ちになる

満月の風

浄瑠璃の夜 

2006年10月31日(火) 14時39分


この絵を見ると、幼稚園時代を思い出す

なぜだかはわからない

幼稚園の時に歩いた坂道

その先に見えるビルの壁に、色々な色のモチーフがあった

この絵とはまったく違うのだけれど、それを思い出す

それは、藤城清治の影絵だと、大きくなるまで思っていたモチーフだ

しかし、大人になってそこを通った時、まったく違うものだと気がついた

幼稚園の頃、藤城先生の影絵は夢の世界だった

この絵を見ると、なぜだかその当時の思い出がよみがえってくる

そして、なぜかドキドキする

幼稚園の時、早生まれだった私は、色々なことで、クラスメートから遅れをとっていた

かけっこも、工作もいつもできなかった

そして、いつも泣いていた

身体も小さくて、引っ込み思案だった

小さい時にかけっこがいつもビリだったので、走るのが苦手と

思い込んでいた

高校生の時、都の大会でリレー選手に選ばれた時、かけっこが苦手なのではなく

早生まれで成長が遅かったから、だと知った・・

でも、幼稚園の時味わった、屈辱感、かけっこの列に並んでドキドキしていたこと

これは、やはり、忘れないんですよね

そして、この絵を見ると、思いだす。。そのことも。

すごい絵だな~

浄瑠璃の夜

作品展にて 

2006年10月30日(月) 0時15分


調布スペースZEROにて

久しぶりに紫紺大先生の作品に触れた

一番左の「祝月」

これは、原画が中国にあるので、現在はこの複製画のみ見ることができる

紫紺大の描く「海」と「月」の世界は、本当に実際の波が動いているよう。

ここに展示された作品を1つ1つ間近に見ては、遠目に見たりしてみた。

初期の作品と、中期の作品が並んでいると、紫紺大先生の歩いてきた道を

垣間見るような気がする

本日、「うたの画廊」にいらしたお客様も、じっくり見ていらした。

絵のある空間が、とても高級な癒し空間になっていた。
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像みんなのプロフィール

» 幸せのジャンプ (2006年10月21日)
アイコン画像FUJIKO
» 朝の国 (2006年10月20日)
アイコン画像S&A
» 朝の国 (2006年10月18日)
アイコン画像S&A
» この夜のために (2006年09月29日)
アイコン画像FUJIKO
» この夜のために (2006年09月29日)
アイコン画像S&A
» この夜のために (2006年09月28日)
アイコン画像FUJIKO
» いつかあなたと (2006年09月18日)
アイコン画像S&A
» いつかあなたと (2006年09月18日)
アイコン画像FUJIKO
» さかな・・・サカナ・・・魚 (2006年09月09日)
アイコン画像S&A
» さかな・・・サカナ・・・魚 (2006年09月06日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shikandai33
読者になる
Yapme!一覧
読者になる