資格試験の勉強で細切れ時間をうまく使うには?

September 29 [Tue], 2015, 9:08
これから資格試験を受験する予定の社会人の皆さん。

普段の仕事と勉強、お疲れさまです。


忙しい中、そしてお疲れの中、資格試験の勉強時間を
確保することは容易なことではありませんよね。


休みの日はたっぷり勉強する時間があっても、
仕事がある日は終わってから1〜2時間確保できれば
御の字かもしれません。

勉強は、最終的には「量より質」だと思いますが、
個人的にはある程度の「量」がないと、資格試験の
合格という目的は達せられないのではないかと
考えています。


そこで重要になってくるのが、「細切れ時間」の
使い方です。

通勤時の電車の中とか、昼の休憩時間、帰りの
電車の中など、少しの時間でも勉強できる時間は
あります。

この細切れ時間をうまく使うことによって、
勉強時間が少し確保でき、それを毎日積み重ねる
ことによって休日1日分の勉強量に匹敵する
くらいになる可能性があります。


仕事などが忙しい人ほど、この細切れ時間を
うまく使い、目的を達成している場合が多いように
思います。

ぜひ、細切れ時間をうまく使って、最終目標である
資格試験の合格に向けてがんばってくださいね。


細切れ時間の使い方については、「1分間勉強法」と
いう本を書かれた著者のDVD講座が参考になります。


この1分間勉強法という本は、2009年の年間ベスト
セラー1位になったというすごい本で、受験勉強
だけではなく、資格試験の勉強にも応用できる
内容となっています。

1単語1秒、1問1秒というように1秒単位の勉強を
60回づつまとめて、「1分間」という単位で
勉強をしていく勉強法として使われています。


時間がない社会人の細切れ時間をうまく使う
方法と類似する部分が多く、参考になる教材では
ないかなと思います。


DVD講座の詳細については、下記ページに
載っていますので、興味のある方は参考にしてみて
くださいね。