2010年全日本フィギュア 

December 26 [Sun], 2010, 22:11
はじめに言っとこう。
わたしは真央ちゃんが大好きだ。
自分を重ねているとこもあると思う(到底及ばないレベルだったけど)


今日の美姫の優勝には納得。
私もうれしい。美姫も大好き。
世界フィギュア、四大陸のメンバー選出にも
とっても満足だから
今日はとても機嫌いいです。(おまえの機嫌なんかどうだっていいっつーの!)


でもこんな時だからこそ、客観的に物事が考えられる気がする。
(真央ちゃんにひいきせずに 笑)




真央ちゃんのすごいとこ、なぜこれほどにカリスマ性があるのか
という点に関して、今日自分の中で
なんつーか
どんぴしゃり、気づけたので綴っておきたい。



真央ちゃんは、細くて、柔らかくて、技もできる。
ちょっとスピードは遅い(昔は(ちっちゃい頃は)あったけどそれも並で
そっからどんどん難しいプログラムをこなす過程で失われたりして)
けど、今日改めて思った。


柔らかいのに、技もできる。


それってまじですごい。
私も体操やってたので、ちょっっっっっっっっっっとだけ
分かるのだけど、
技がすごいのに
柔軟もすごいのって
ほんとすごいこと。

それに加えて
今回、「「「「表情」」」」までが加わって
私は感動すぎる。
まさに大人の階段のぼってる。




彼女はいつも私の期待を満たしてくれる
まぎれもない「「「「「ヒーロー」」」」」だ。


泣きそうになる程美しいのだが
ヒロインではなく
「「「「ヒーロー」」」」



挑戦者であり、みんなに夢を見せてくれる。



人間だから、失敗もあるけど

苦悩もあるけど

混乱もあるけど

うまくいかないときもあるけど、、、、






でも、今までたっっっっっっくさん

偉業を成し遂げてくれた。



そして今もなお、夢を見させてくれる。


彼女はまぎれもない



   ヒーロー


          だ。

昨日のショートがおわって

ふと考えた。



彼女がこれからソチまで
どんどんと成長を重ねていったら
どうなってしまうのだろうと。



ヨナちゃんは確かにすごかったけど

あの強さは、プル様の強さとは違う。




真央ちゃんには、プル様のように
いや、彼女のcuteな部分を一生大事にしながら

彼女の探究心
ストイックさを自分自身納得できる形で

成長していってほしい。


それによって

私達もがんばれるのだから。

決意 

December 12 [Sun], 2010, 23:46
親をとても大事に思うから
一緒に生きて行きたい。

孤独死させない。ぜったい。

お父さんも色々うるさいけど

ドンウォーリー、Be Happy!!!

うれしい記事 

June 18 [Fri], 2010, 1:05
★エミリーさんのプロフィール:http://www.thereadery.com/html/about_emily.html
(一部だけ翻訳しました。主にダンス関連のご経歴の部分です…)エミリーさんは元ダンサー兼振付師として活躍していた劇作家さんです。ダンサーとしては、マーサ・グラハムやチャールズウェイドマンの舞踏団で踊り、American Dance Drama Companyの創始者で芸術監督として、1000以上のアメリカの都市で公演し、米国務省と英国芸術カウンシルの後援の下、ヨーロッパ・ツアーも行いました。他にも、Jacob’s Pillow Festival、New London Dance Festival、Spoleto Festival of Two Worlds等にゲストとして招かれてたこともあります。ソロ・ダンサーとしては各種交響楽団と共に、アメリカ合衆国、南アメリカ、南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、そして極東でも公演。リンカーン・センターのタリー・ホールにおける、マーラーの「交響曲第五」の70分間のパフォーマンスでダンスのキャリアを締めくくりました。

★動画の翻訳はこちら…
“エミリー・フランケルと申します。AIR BROADCASTING(Artists-in-Residence/近隣の芸術家達 NYより)のために、バンクーバー五輪についてお話させていただきます。私は「em's TALKERY」というブログ(http://emtalkery.blogspot.com/2010_02_21_archive.html)をやっています。そこで、以前バレンタイン・デイにある二人のフィギュア・スケーターについて書いたことがあります。二人のことにはとても興味がわいて、彼女達の演技のビデオをたくさんじっくりと観ました。

さて、昨夜のフィギュア・スケートの決勝戦ですが、大変興味深かったです。優勝した女子選手の名前はキム・ユナで、韓国の方です。もう少しで優勝した、銀メダリストは浅田真央で、彼女は日本人です。

私は…真央が優勝すべきだったと思います。私のダンスの見識や知識…それなりに考慮されるべきかと感じているそうした視点に基づけば、真央の方がダンサーとしては優秀だと思います。

まぁ、彼女達が舞う姿を見て…ほぼ即座に優勝するのはキムだと感じたんですが、それは彼女の方が要するにセクシーだからです。二人とも19才で、実際はセクシーではないんですが、どちらも本当に美しい。20日くらいしか誕生日も違わないみたいなので、共にとにかく「若く」て、「仔馬のよう(にまだ未熟)」!

でも、キムには自信があって、特有の輝き…「私は自分が素晴らしいって分かってるわ」って雰囲気を醸し出してます。それは恐らく、私達が聞いている通り、既に知っている通り、韓国では政府からしてみても、社会にしてみても、彼女はとにかく、最も韓国で有名な人物だからでしょう。それもあって、彼女は繰り返し自分が美しいと周囲に教え込まれ、守られ、リンムジン等の専用車もあれば、贈り物もファンもどこに行ってもいるような状態なんです。

彼女は絶えず、自分が世界一だと言われ続けているでしょう。そして、世界一だと言われ続けると、演技の質が変わってくることを、私自身もよく理解しています。彼女は美しく、映画スターのように華やかです。

一方、浅田真央ですが…デリケートで、小柄で…二人とも小柄ですけど、彼女の方がもっと繊細な印象を与えます。もっと可憐な印象を。そして、彼女の方がダンサーとしては優秀です。彼女の身体の伸びやかさ、彼女のアラベスク…それらはプリマ・バレリーナと同じレベルのものです。私がそう言うなら、間違いなくプリマと同じレベルですよ!真央の脚、腕、そして胴体は、弾力があってしなやかです。彼女のフロント・エクステンション(バレエ用語?)…フロント・エクステンションとはこうです…脚を上にこう持ち上げるんです。今、私がやってるように、ほとんどの人の場合はこうやって手で支えなければこんなに脚を上げられません。でも、彼女は支えなくても大丈夫なんです。そのまま、高く上げていられるんです。とても、美しかったと思います。

何より、(演技中に)真央は本物のダンスと呼べる動きを定期的に見せてくれます。ステップについて詳しくなくても、観ていて美しく、よどみなく流れるようなんです。そうした動きを盛り込むのはとても難しいことです。特に長いプログラムをスケート靴を履いて滑りながら、しかも3Aのような技も含めてなら尚更。

キムは…彼女の脚は美しいし、大変よくトレーニングもしているとは思いますが、ただバレエ的側面からは訓練されていない…完成されていない。彼女は大抵の場合、競うことに意欲的で、彼女は小さな個性の粒を演技に散りばめる能力が長けています。随所でちょっとずつそうした部分を加えて、音楽に合わせてディング♪ディング♪ディング♪って感じで。彼女は自分のキャラクターを素早く変化させることができて、それを楽しんでいます。観る側にもその楽しさが伝わります。

こう言うと、「エミリー、どうしちゃったの?君の話を聞く限りじゃキムこそ勝者って思えてくるよ?」と、皆さん思うでしょう。そうです…確かに彼女は勝ちました。彼女は勝者です。でも、私はフィギュア・スケートを一つの芸術だと思っています。そして浅田真央は芸術家で、それに対してキムは素晴らしいパフォーマーと受けとめています。キムは女王です。一方の真央は闘い続ける芸術家なんです。

何はともあれ、(アメリカ版放送の)解説者だったスコット・ハミルトンは、素晴らしい解説で、二人の演技に関して私達を見事にガイドしてくれました…どういう部分に注目すべきか、そして何が完璧で何がそうでなかったかや、審査がどのように行われるかも説明してくれました。けれども、もう一人の解説者は、サンドラ・ビーズィックという女性でした。彼女も以前はスケーターでお兄さんとペアを組んでいたようです。でも、現在の彼女は解説者になって、解説を大変偉そうな、権威ある口調でするんです。まぁ…どうでしょう…もしかしたら、私自身が偉そうな口調になってるかもしれませんね。でも、さすがに私でさえ…「自分は何でも分かってるのよ!」みたいな雰囲気ほど威張ったりはしません。もっとそうした方がいいかも?(笑)とにかく、サンドラはキムが演技を終えようとした瞬間、「これは私が今まで目にした最高の演技だわ!」って叫びました。何ですって?そんなことを言うなんて、私は酷いと思いました。あれでは、まるでもう一人の選手(真央)が滑るチャンスすら与えらる以前に、キムに勝手に金メダルをあげてしまったようなもんです。

私はバンクーバー五輪の催され方について、不満があるわけです。解説者は常にカナダの五輪として、カナダの観衆がどうとか、カナダの声援がどうとか、カナダ人選手のバックグラウンドの説明…どうやってカナダで生まれ育ったかとか、そうしたことにやたらと執着していたように感じました。それは正しい五輪の扱い方ではないと思います。地元中心の情報はそんなに大事だと思えません。あんなに大勢の人達が世界中から集まるイベントで、全てのアスリート達はこの大会のために今まで全てを注ぎ込んで努力して来たんですから。

と言うわけで、私は浅田真央に優勝して欲しいと感じたので、皆さんにも彼女のことを知ってもらいたいと思いました。”

------------------------------------------------------------------------------------------------------完

とにかく、一流のダンサーだった方がこんなに真央を誉めてくれるなんて、感激です。真央が素晴らしいと思っていたのは、決して私達ファンの単なる贔屓目のせいじゃなかったことが証明されたように思えて… 要するに、芸術と芸能(エンタテインメント)は違うってこった!ワシが以前からブログに書いてるのと同じやんけー!でも、やっぱりちゃんとした芸術家の人が仰ると重みが違いますのう…

あと、軽はずみな発言で視聴者に先入観を植え付けてしまった解説者に対する苦言も的を射ていたと思いますね。解説者は観る側に多大な影響力があるんで、視聴者の自由な観賞を妨げない程度にコメントは控えて欲しいもんです。

すごい納得記事みつけた。 

March 07 [Sun], 2010, 22:04
2.トリノ五輪後に4年がかりで浅田真央がされてきたこと

・キムヨナがフリーで3回も使うダブルアクセルの基礎点が突如3.3→3.5点にUP。加点をつける基準が
 難しい3回転と同じなので、簡単なダブルアクセルの前後には工夫ができあっさり毎度トリプルループ以上の点に

・トリプルルッツとトリプルフリップの踏みわけが厳格化され、真央が1試合3回使う得点源であり3回転で一番基礎点の高い技トリプルルッツが不正扱いで使う度平均2,3点も減点。修正しない限り組み込めなくなる

・真央の甘かったシットスピンの認定基準も厳格化。
 しかし真央即座に対応し深いシットスピンに

・実はキムヨナも3回転で2番目に基礎点の高いトリプルフリップの不正があった。
 ところが何故かキムヨナの不正トリプルフリップだけは見逃され続け驚異の加点
 それでも真央が2008年ワールドで優勝してしまう

・その直後、来シーズンから今度は回転不足の厳格化を発表
 更にトリプルルッツを跳べないでる浅田に、浅田の得意な3回転半を除いた
 3回転5種類を跳んだ場合のボーナスを出す情報が流れる

・予想通り真央のトリプルアクセルとトリプルループ、安藤のトリプルループ、
 特に二人ともセカンドトリプルループが怖いぐらい全く認められなくなる

・ところがキムヨナの得意なセカンドトリプルトゥループだけは決して回転不足にならず
 初戦のアメリカ戦でトリプルフリップがまた見逃される。しかしVTRではっきりトリプルフリップの不正が映ってしまい、
 2戦目からエラーではない「!」の注意がつくも、
 彼女だけマイナスにならず小さいながら加点がつき続ける。

・真央がトリプルサルコウを克服しルッツもなんとか矯正してくる。対照的にキムヨナはトリプルループが跳べなくなる
 真央が文句のつけようのない演技をしてグランプリファイナル優勝
 するといつの間にか5種類ボーナスの話しが立ち消えに

・五輪シーズン、8月に韓国でルール改正決定。真央の最大の得意技トリプルフリップも、
 蹴る足がつま先ではなくブレード全部で蹴ってるからと減点に。
 ジャパンオープンで矯正しても不正扱いされ浅田の最後の砦トリプルフリップも減点、
 しかもいじっていびつになり質が悪化、ついでにトリプルトゥループも減点ジャッジが登場

・2010年度初戦で真央に回転不足4連発判定。内3つは明らかに足りてるループ
 5輪シーズン、彼女のループを2回転含め全て潰す意図が明確に
 キムヨナはトリプルフリップの不正は再び注意もつかなくなり、
 フリーではトリプルフリップを跳ばずに世界最高得点更新



 いかがでしょうか。
 浅田真央は、4年もの長きにわたって、これだけの仕打ちに耐え、乗り越えてきたのです。これだけの、浅田真央に不利でキムヨナに有利なルール改正。浅田真央が、何十年に一度の稀有な才能の持ち主でなければ、ここまで露骨なルール改正はなされなかったかもしれません。これでもか、これでもかと浅田真央をつぶしにかかり、それでもつぶれなかった浅田真央は、本当に頑張ったし、偉いと思います。


3.浅田真央の代わりにプルシェンコが滑ったら・・・
(http://nereidedesign.jugem.jp/?eid=205 より転載)

日本の皆さんは、「浅田真央がノーミスなら当然金メダルだったはず・・・」と思っているでしょう。

違います。
浅田真央の代わりにプルシェンコが滑って、4回転ジャンプをかましても、キム・ヨナに勝つのは無理なんです。

だから浅田真央は滑る前の、気持ちの持って行き方に迷いが出たのです。
絶対勝てない、って分かってたから。

フリー種目だけを、男子と同じPCS(*女子は×1.6、男子は×2.0)で計算すると、キム・ヨナはジャンプが1回少ないにもかかわらず、ライサチェックの得点を超えます。
女子金メダル キム・ヨナ(12要素ジャンプ7回)
FS 168.00点 [TES 78.30(加点17.40) PCS *89.70]

男子金メダル ライサチェック(13要素ジャンプ8回)
FS 167.37点 [TES 84.57(加点9.64) PCS 82.80]

男子銀メダル プルシェンコ(13要素ジャンプ8回)
FS 165.51点 [TES 82.71(加点7.68) PCS 82.80]

どうしてそんな差がついたの?

ジャンプは真央の方がはるかに難しいのを完全に決めたじゃないか。キム・ヨナは10位の選手と同じジャンプしかできなかったのに。


一言でいうと、審判のおまけポイント。
気分次第で10点20点の差ができる仕様になっております。

    GOE女子             GOE男子
1位 ヨナ: 17.40        9.64 : ライサチェック
2位 真央: 8.82         7.68 : プルシェンコ
3位 ロシェ: 4.42         3.20 : 高橋
4位 長洲: 8.50         2.58 : ランビエール
5位 安藤: 5.30         3.80 : P・チャン


そして当日、韓国人審判とカナダ人審判が入っておりました。

だから

「オリンピックの試合だが、全く緊張しなかった」

などと余裕をぶちかませたのです。


色々な感情がありますが、まずは浅田真央という選手を賞賛するべきでしょう。

スキージャンプよりも酷いルール変更の連続に苦しめられて、それをたった1、2年で修正してきて、「用意された王者」を脅かす所までいったのです。



――――――――――――――――――――――――――――――★

ほんとだ、あの3回転5種類ボーナスの話はどこにいったんだ。
やっぱり闇の権力が働いてるのか。。。
だとしたらホント悔しい。

★――――――――――――――――――――――――――――――


テスト 一平ちゃん 

September 06 [Sun], 2009, 11:53

たんじょうび。 

November 04 [Tue], 2008, 1:01
今年も無事に誕生日を迎えることができました[m:50]
おとうさん、おかあさん、おとうと、のんちん、親戚の方、友達、
仕事関係の方、みなさん、ありがとうございます。


26歳の目標は、
★人の役にたくさんたつこと
★どんどんでしゃばること
★禁煙


26歳からの私は、幸せに向かって行きます。

時の商人 

October 27 [Mon], 2008, 8:35

その商人は時を売っていた。

「いらっしゃいませ。時はいかがでしょうか?1分から承ります」

ある男は商人から1時間買った。

1時間買った男は、

それを読書の時間に使った。

ある女は1週間買った。

1週間買った女は、

それを海外旅行に使った。

「10年欲しいのだがね」

ある老人は商人に聞いた。

「お客様、10年だと、すこし値がはりますが」

「かまわん。10年ぶんよこせ」

10年買った老人は、

それを病気の妻に譲った。


時に、ドラマを。
宝石 時計 長野

 

October 24 [Fri], 2008, 3:43
  http://www.nicovideo.jp/watch/sm686894



  なぜ めぐり逢うのかを
  私たちは なにも知らない
  いつ めぐり逢うのかを
  私たちは いつも知らない

  どこにいたの 生きてきたの
  遠い空の下 ふたつの物語

  縦の糸はあなた 横の糸は私
  織りなす布は いつか誰かを
  暖めうるかもしれない



  なぜ 生きてゆくのかを
  迷った日の跡の ささくれ
  夢追いかけ走って
  ころんだ日の跡の ささくれ

  こんな糸が なんになるの
  心許(モト)なくて ふるえてた嵐の中

  縦の糸はあなた 横の糸は私
  織りなす布は いつか誰かの
  傷をかばうかもしれない

  縦の糸はあなた 横の糸は私
  逢うべき糸に 出逢えることを
  人は 仕合わせと呼びます

のんちんとタピオへ PART2 

October 18 [Sat], 2008, 22:50
U子ちゃんにもらった券でスタバラテをいただこうとしていたら
こないだ作ったキャンディロザリオが破壊



きれいな夕日(画面のゴミが気になる)



のんちんプリングルスを、わたしアボカドチップス&固いスナック&ダージリンマシュマロ&グリーンカレーを購入し、帰路へ。

おにぎりまだある



キリントラック



HOWEVER

のんちんとタピオへ 

October 18 [Sat], 2008, 22:48
昔へんたいが出たこの道をwalkしていると…



おにぎりが落ちていた。



おにぎりが


おちていた




のんちんと合流。2けつでラクチン



写真がこれ以上アップできないので、NEXTへ
2010年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shihosuhoyama
読者になる
Yapme!一覧
読者になる