今日のメモ 

2014年09月27日(土) 13時10分
午前5時前頃、排尿。

お腹が空いているんだろう。
頭突き連発。
けど、明日は11時から血液検査が控えてるから、あげられない。
頭や首、喉を撫でて、誤魔化す。

午前8時前頃、頭突き治まらず。
お水ならいいかと思い、10ml給水したら、吐いてしまった。

自発的に食べる量が減り始めた頃、早朝(朝6時〜7時)に空腹の為の胃酸過多のせいで、胃液を吐く事が増えた。
起きてすぐ水を飲んでは吐き、水を飲むから胃が変に刺激されて吐くのかと思い、寝る前に水を置きっぱなしにしないようにしたら、胃液だけを吐くように。

吐いた後は特に体調が悪そうな感じはなかった。
午前11時前、排尿。

予約時間通り診察の為、病院へ。
体重、少し減って、3.55キロ。
何度か吐く事があったせいだろう。
造血剤の効果が出て、PCV値が18%から20%にアップ、腎臓に関する数値もBUN・クレアチニンともに下がっていた。
結果控えをくれるかと思ったが、貰えずなかったので、今度から、その場で書き写せるようにメモ持参で行こう。
次回検診は2週間後、お薬が無くなる頃に予約して下さいとの事。
あと摂取水量の件。
300mlはトータルしての水量。
それ以上、あげられるのであればどんどんあげて欲しいとの事だった。

で、考えた結果。
給餌は1日6回(午前8時、午後12時、午後4時、午後8時、午前12時、午前4時)とし、給水も1日6回(給餌後10ml×6=60ml)とするなら、ドライフードを液状にする際に使用する水量は最低240ml。
多分、240mlではドロドロ過ぎて、流れが悪いと思うので(トロトロくらいがベスト)250mlか260mlくらいが程よい仕上がりになるはず。
まあ、この辺は様子を見て、調整していこう。
退院日翌日にフード60g:水300mlで作ったら、シャバシャバになり過ぎて、給餌だけでゲップしてたし、そうなると最後の流しに使う水を入れる余地がなくなる。
吐かれてしまっては何の意味もなくなるし、逆に体力消耗や脱水につながりかねないので、やはりトロトロ程度が良さそうだ。

帰宅後、少しの間、リビングで解放してやる。
キッチンの勝手口から、外を眺めたり、ウロウロ歩き回る余裕も出てきた。
この状態をしっかりキープできるようにどんちゃんをサポートしていこう。

午後12時半、給餌30ml+給水10ml、ゲップなし。

午後5時半、給餌30ml、給水10ml、ゲップなし。

今日のメモ 

2014年09月26日(金) 6時54分
午前5時20分、砂を掻く音で目が覚める。
間もなく排便。
すっきりした後、私の横に来て、頭突きを繰り返す。
お腹が空いたと言ってるのか?
ううーん、もう少し我慢して下さいよ。
ウトウト誤魔化しながら、首を掻いてやる。
手が止まると、頭突き。
そんな事を繰り返すうち、のそのそと歩きだし、再びトイレへ。
どっちに入るか悩みながら、うんちのないスノコ式へと誘導し、5時40分頃、排尿。

午前7時半頃、給餌35ml(今までより5ml増量)と給水5mlを注入し終えると同時に嘔吐。
吐き気はなかったと思うし、原因不明。
それとも増量分はやはりキャパオーバーになってしまうのかな?
30ml以上は増やさない方が賢明って事か?
吐いた後、息はあらいけど、ぐったりはしていない。
喉もゴロゴロ鳴らしてるし、大丈夫だとは思うけど、吐かれると不安が増してしまう。
とりあえず1時間ほど様子を見て、9時過ぎくらいに10ml給水してみよう。
で、嘔吐がなければ、1時間また間を開けて、給餌15mlして様子見しよう。

お天気がいいので、お日様があたるように机をずらす。
毛繕いしたくて首や背中を舐めようとするけど、舌にあたるのは自毛ではなくガーゼの術後服。
牙に服を引っ掛けるのも首元を舐めようとして、違和感に気づき、ガジガジ噛みつくからだろう。
毛繕いできない分、触れられる箇所をできるだけ撫でてやる。
午前9時頃、給水10ml。
お腹が「きゅるるるるる〜」と鳴ってたけど、ゲップや嘔吐はなし。
やはりキャパオーバーな気がする。
給餌量が30mlを超えるとキツイのかもな。
一回の給餌量は変えずに給餌待機時間を3時間にしてみるか。

午前10時、給餌15ml+給水10ml。ゲップなし、嘔吐無し。
機嫌よく、喉ゴロゴロ。
3時間空けて、次は通常通り30ml給餌しよう。

時間忘れたけど、この間に排尿あり。

洗濯しながら、時々様子見してたけど、気づいた時には遅かった。
給餌しようと寝室へ行ったら、術後服をまたイタズラしたようで、牙に引っ掛けていた。
今度は襟もとではなく、チューブを収納するポケットになってる部分。
簡単には抜けないと言ってたから大丈夫だとは思うけど、チューブ挿入部分が見えてので、念のためにチェックしたら、水曜日に交換したガーゼが胃から漏れ出た液で汚れていて、皮膚に張りついてた。
特に消毒しろとも言われてないし、それ用の医療具も処方されてないので、自宅にあるもので消毒していいものか調べたら、オキシドールはダメ、エタノールもダメ、応急処置するなら「イソジン」か「マキロン」と書いてあるページがあった。
悲しいかな、我が家にはオキシドールしかない。
明日の朝は受診日だし、とりあえずガーゼだけ新しいものに変えてあげて、微妙にズレちゃった術後服を修正。
自分の身体に構いだせるだけ回復してくれてるのは喜ばしい事だけど、ややこしい事態になりそうな事はやめてくれ〜。

午後1時過ぎ、給餌30ml+給水10ml。

昔買った、未開封の尿漏れ防水シートを見つけたので、敷いておく。
その上に大き目のおしっこシートを敷いて、おからとスノコ式のトイレを並べて設置。
スノコ式トイレのシート交換、おからの砂少々追加して、完成。

午後4時半、給餌30ml+給水10ml。

午後7時、投薬。
お水入れ過ぎたかな(-_-;)
暫くしたら、ゲフゲフ言い出して、ヨダレを垂らしだしたので、拭いてやる。
トイレシーツを敷いて、吐きたかったら、吐いていいよと声をかける。
結局、吐かずに耐えてくれたけど、口元からお薬のニオイがプンプンしてたから、胃から逆流してくる液体を必死で出すまいと我慢したんだと思う。
4時半の給餌から2時間半、入れたお水は10mlか10mlちょいくらいだと思うんだけど…。
もしかして、胃が荒れてるとか?
何とか吐かずに耐えた後、ノソノソ寝床から出てきて、排尿。
明け方の分を入れても3回。
ちゃんと毒素を排出できてるといいんだけど。
次の給餌は8時半頃と予定してたけど、もちょっと間を空けた方がよさそうだ。
お腹空いた〜と頭突きで訴えてくるまで、待ってみるのもありかな?
ただ、明日は血液検査があると思うから、あんまり遅くなると困るけど…。

ヨダレ、お薬の匂いや味が胃から伝わって来て、気持ち悪くて出ちゃったのかも。
錠剤とか飲まし切れずに失敗して、口の中で溶けだして、ヨダレまみれにさせた事が過去にあったのを思い出した。
胃に直接流し込まれてもあの強烈なニオイは食道を通って、伝わってくるのかも?

晩御飯を食べた後、寝室にてD猫と過ごす。
連日の睡眠不足の所為で、睡魔に襲われたので、午後11時にアラームセットして、仮眠。

午後10時頃、排尿。D猫のトイレ音で起こされる。
用を足すと一旦寝床に戻ったが私のベッドへやってきて、頭突き。
お腹が空いてるのかな?
睡魔と頭突きの攻防戦。

午後11時半頃、胃液嘔吐。
睡魔吹っ飛び、目が覚める。
空腹で、胃酸過多になった?

午前12時、給餌30ml+給水10ml。
ゲップなし。先の胃液リバースが心配だったけど、大丈夫っぽい。
その代わり、またしても術後服を牙に引っ掛けて、硬直してた。
お願いだから、イタズラしないで〜。

この時間に食べさせても明け方には空腹を訴えて、頭突きで起こされそう。
けど、もうお水以外あげられない。
空腹にお水あげて大丈夫かな?
胃を刺激してしまって、また胃液リバースにならんだろうか?

明日は3度目の造血剤摂取と血液検査なり。
どうかどうか、お薬の効果が発揮されてますように!

今日のメモ 

2014年09月25日(木) 7時20分
午前3時前、排尿。
どっちに入るか悩んで悩んで、スノコ式に入って、用を足してた。

午前4時前、D猫に頭突きで起こされる。
寝ぼけながら、撫でてやるけど、つい手が止まり、また頭突きで起こされる。
もしかしてお腹が空いてるのかも?と思い、シリンジにご飯とお水を入れ、皿に腎サポを少し入れて寝室へ。
ドライフードの入った皿を置いてやると、寝床から出てきて、必死でニオイを嗅いでいる。
だけど、食べようとはしない。
そのまま自分のベッドへごはん皿とどんちゃんを移動させ、自分に背中を向けさせる体勢で座って貰い、目前にごはん皿を置いて、シリンジフードを注入。
お腹が満たされていくのがわかるんだろう。お行儀よくしていた。
午前4時過ぎ、給餌20ml、給水10ml。

午前5時半頃、置いておいたドライフードを食べようとしている音で目が覚める。
口の中に入れるんだけど、噛もうとするせいで、口から零れ落ちてしまいうまく食べられない。
牙と牙の間の小さい歯がないから、どうしてもこぼれ落ちてしまう。
これは前からそうだもんな。
それでも数粒は食べたようで、起床時にチェックすると、少し減っていた。
朝ごはんをあげる時はお皿にシリンジ用のトロトロご飯を入れて、持って行こう。
自発的に食べたいという意思がでてきてるようだから、お口からも食べて貰って、私は胃チューブ担当。

午前8時前、給餌30ml+給水10ml。
タッパーに残ったトロトロご飯をお皿に入れて、持って行く。
鼻先まで持って行ってやると、ニオイを嗅いで、舐めたので、寝床から出て来るように誘い出してみるけど、ジーッと見るだけで、出て来ようとしない。
結局、興味は示すものの食べようとはしないので、そのまま置いておく事にした。

午前10時過ぎ、様子見。
またしても術後服を牙にひっかけてた…(-_-;)
D猫の体調も少し落ち着いたし、今日は蒸し暑いので、部屋のドアを開放。
階下から、若衆三兄弟がぞろぞろと現れる。
みんな警戒しながら、部屋の中に入り、あらゆるもののニオイを嗅ぎ始める。
ぐるっと一周し、どんのトイレ付近を執拗に嗅ぎまくるS1猫。
トイレ横にある段ボール箱に尻を向けた瞬間、嫌な予感がしたので、ダメだと声に出して、牽制したが無駄だった。
プシャーッとマーキング尿が放たれ、段ボールに微量、床にポタポタ、そして段ボール横に置いてあったキャリーが一番の犠牲に…。
D猫の便回収用のトイレットペーパーでふき取り、消臭スプレーをかけて、再度ふき取る。
病院に出入りしてる色んな犬や猫のニオイがついていて、テリトリーを守ろうって防御反応が出たのかも。
シートで隠していたとは言え、ホカペカバーからはどんちゃんの失敗尿臭がプンプンしてただろうし。
他の2匹(H猫とT猫)はそんな事しなかったのになぁ。
S1猫はボス気取りなのか?
我が家の大御所はD猫なんだけど…。

午前11時過ぎ、D猫のごはん作り。(腎サポ50グラム+お湯250ml)

午後12時、給餌30ml+給水10ml。

午後1時頃から、どんとお昼寝。
午後2時過ぎ、排尿。(砂を掘る音で起こされる)

午後4時過ぎ、給餌30ml+給水10ml。

午後7時過ぎ、投薬、給水10mlくらい?

午後8時半頃、給餌30ml+給水10ml。
この量だとゲップは無し。
明日から、少し増やしてみるか?
35mlに増量してみよう。目標は40ml。
排尿跡確認。
今日は給餌に行くとにゃあと鳴いてくれる。
で、給餌を始めると、ゴロゴロと喉を鳴らしてくれるようになった。
自分でも気が向いたら食べられるようにとスプーン2杯分くらいのご飯を寝床の前に見えるように置いてあるけど、食べないなぁ。
鼻先に持って行ってあげたら、一応ニオイは嗅ぐんだけど、食べようとはしない。
今は余計なものはあげられないし、鼻炎も治まってるし、吐き気もないようだから、食べられなくはないと思うんだけど…。

午前12時過ぎ、排尿。
うんちかと期待したけど、違った。
オシッコした後、ヨタヨタと歩きながら、私の横にきてくれた。
首を掻いてやると、自分の後ろ足を動かして、同じように掻こうとする。
そんな事をしながら、ウンチ来訪を待ったがない様子。
「ご飯の用意をしてくるから、待ってて」と起き上がり、ドアに向かうと、自分も出て行こうと追いかけてきた。
嬉しいよ!日に日に回復してくれてる証拠だ。
だけど、ゴメンよ。
階段でよろけて、転がり落ちたりしたら大変だし、階下には若衆4匹がいる。
D猫の胃ろうチューブに何かあったら怖いし、防護服が届くまでは寝室でおとなしく過ごして貰うしかない。
「ごめんね。ご飯持ってくるから、待っててね」と声をかけ、ドアを閉めた。
さて、今から若衆4匹のご飯とトイレ掃除、どんちゃんのご飯を用意します。

午後1時半、給餌30ml+給水10ml。
今日もタッパーの底に残ったご飯を持って行ったけど、食べない。
指先につけて、鼻先まで持って行ってもノーサンキュー。
相変わらず足を取られるというか、歩行がふらついてる。
歩いていて床で足を滑らせ、そのまま転んでしまうこともある。
貧血のせいなのか、他に何か原因があるのか…。
腎疾患による高血圧から、脳梗塞を起こすなんてのもあるようだし…。
気はしっかりしてきてるんだけどなぁ。
まあ、欲張らずD猫が苦しまずに過ごせているなら、それでいいさ。

全トイレ掃除して、本日の任務完了なり。
明日も皆が穏やかな一日を過ごせますように。

今日のメモ 

2014年09月24日(水) 9時37分
前夜からの続き。

午前2時半、給餌5ml+給水10ml。
ゲップをしたので、焦ったが嘔吐無し。

24日分はココから。

午前5時半、D猫の荒い息遣いで目が覚める。
トイレを確認、排尿跡あり。

ダンナを駅まで送り、帰宅後様子を見に行くと、またしても息が荒い。
覗きこむと、術後服が下の左右の牙に引っかかっている。
首下を毛繕いしてて、引っ掛けてしまったのかもしれない。
慌てず、ゆっくりはずしてやると、荒い息も治まった。

午前8時、腎サポ60グラム+お湯250ccで、本日分のごはん作り。
いい感じのトロトロ具合だ。

午前8時半、給餌30ml+給水10ml。
今までより水を減らして作り、トロトロだったせいか、注入口に付着したフードがキレイに剥がれて流れて行かない。
気になったけど、とりあえずフタをしてチューブ収納。
ゲップもないし、呼吸が速くなる事もなく、いい感じ。
しかし、気になる流し残しのフード。
9時頃、5mlだけお水を流したら、ゲップ出ちゃった…(-_-;)
その後もゲップ、ごっくんを繰り返し、何とか吐かないように頑張ってる。
吐くと血圧も上がるし、辛いだろうけど、我慢するのも辛かろう。
タオルを敷いて、ココに吐いていいからとお腹をさすってやる。
結局、吐かなかった。
一回の注入量は給餌・吸水合わせて40mlが限度かも。
院長は50mlと言ってたけど、多分無理だろう。
50ml給餌して、吸水10mlしてた時もゲップしてたもんな。
途中から、落ち着きがなくなって、離れて行こうとしてたし…。
1回40mlまでで、あげた後は最低3時間空けるが最適トっぽい。

今日は10時半に病院。
2回目の造血剤注射だ。

院長からは高血圧や心臓への負担などについては何も聞かされてない。
調べると合併症で、そういう症状が出るらしい。
どんちゃんのふらつきは貧血だけじゃなくて、高血圧も関係してるのかも?
その辺も今日聞いてみようと思う。

予定通り、病院へ。
体重増量して、3.75キロ。
自宅での様子などを話し、胃チューブ挿入部分のガーゼ交換。
まだチューブと周辺の間が塞がっておらず、胃液や胃の中の物が微量漏れているらしい。
取り外したガーゼが黄色く染まってた。
塞がるまでにはまだしばらくかかるそうだ。
その後、2回目の造血剤接種。
高血圧について尋ねたら、今の投薬分にちゃんと処方しているとの事だった。
次回は27日・土曜日の午前11時。
腎サポも注文しておいた。
ロイカナを使い続けるのはちょっと抵抗あるけど、(防腐剤の件や韓国に工場を置き、現地で材料を調達するというニュースを見聞きした件)下手に変えると内臓に負担をかけるかもしれないし、どんちゃんの体調が落ち着くまでは(貧血や腎臓に関する数値の改善)このまま与えて行こうと思う。
給餌量が50mlだと多過ぎるようで、ゲップしたり、吐いちゃったりした事を話すと、量を調整して、回数を増やして給餌すればいいとの事。(どんちゃんの体格から推定したら、50mlくらいの許容量はあるはずと言われたけど…)
お水のトータル量が300mlって解釈でいいのかを聞くのを忘れた。
土曜日、忘れずに聞こう。

注射の用意を待つ間、D猫は何とか診察台から降りようと必死だった(笑)
にゃあにゃあ鳴きながら、抑えられた手を何とかはずそうともがく。
力強さが戻ってた。
もうぐったりD猫ではない。
土曜日にはお薬の効果が出ているかの検査もある。
どうかどうか数値が改善されていきますように!

午後1時、給餌30ml+給水10ml。
ゲップなし。

午後3時前、排尿跡2か所発見。(途中でバランスを崩して、1か所がずれただけかも?)
今朝、病院で換えて貰った、胃チューブ挿入口のガーゼが剥がれて、落ちていた。
病院に電話して、聞いたら胃から漏れ出た液体が術後服に染み出ないようにつけているだけなので、自宅にあるガーゼや脱脂綿などで対処して構わないとの事だった。
けど、挿入口って穴を開けて胃に繋がってる箇所で、まだ癒着もしてないし、ばい菌が入ったりする心配はないんだろうか?
とりあえず落ちていたガーゼを拾って、付け直したけど、もちょっときちんと剥がれないようにつけて欲しいもんだ。

午後5時半、給餌30ml+給水10ml。
ゲップなし。やはり現状ではこのくらいが適量なのかも。
吐き気があるわけではないのにキャパオーバーさせて、吐かせたら、食べさせたり飲ませたりする意味がなくなってしまう。
猫が無理なく受け入れられる量にしてやるのが最適だろう。
あと、また術後服を歯に引っ掛けた状態で、金縛り状態になってた。
香箱スタイルで寝ているでなし、じーっとしてるので、しんどいのかな?と思って、机にかけてあるブランケットを持ち上げて、正面から見たら、アガアガ状態になってた。
早く胃ろう用の保護服が届くといいんだけどなぁ。

午後7時半、投薬。
ついでに給水〜と調子に乗ってあげてたら、ゲップ発動。
即やめ。吐いてないけど、あとでまた見に行かないと。
お水3mlくらいを5回ほど吸引したと思うから、15ml程度はあげられたと思う。

午後9時半、給餌30ml+給水10ml。

何年も前に買って、数枚残っていた大き目のペットシーツをトイレの下に敷きつめる。
これで、ちょっと的を外しても吸水してくれるから、大丈夫だろう。
残りあと1枚なので、様子を見て、もっと必要になるようなら、買い足しておかないと。

午後10時半、排便。大きさ、固さ、共に良し。

午前12時過ぎ、排尿。今度は失敗なし。

午前1時過ぎ、給水15ml。
今日はここまで。

今日のメモ 

2014年09月23日(火) 10時21分
午前6時頃、排尿。
トイレの前で、躊躇している様子を見て、入りにくいのかな?と思い、段差軽減のステップを設置。
どうも同じ個所で排尿しているようなので、吸水シートの向きを変えて、汚れてない面に尿が落ちるように修正。

午前8時頃、白湯20ml注入。
腎サポ60グラム+お湯350mlで、本日の給餌分作成。

午前9時過ぎ頃、フード55mlと白湯20mlをシリンジに注入し、給餌に向かった所、前夜最後に給餌した分を少量嘔吐していた。
給餌したのは午前1時半頃だけど、やはり多過ぎたかな。
1回の給餌量は50mlとチューブ洗浄用の水は10ml程度に固定した方がよさそう。
とりあえず、給餌5mlと給水5mlで、吐かないか様子見。
排尿痕確認。

午前10時過ぎ、様子を見に行ったら、吐いた様子はなかったので、残りの給餌分50mlとお水5mlを給水。
給餌が終わった時にゲップしたので、お水は5mlで止めておく。

午後12時前、様子を見に行ったら、まーるくなって気持ちよさそうに寝ていた。
起こさないようにそうーっとドアを閉めて、退室〜。

午後2時半、新しく設置したおから砂のトイレにて排尿。
午後3時、給餌40ml+給水10ml。
ヨダレなのか?胃チューブから入れた水?
嘔吐はしてないけど、口元に水が垂れている事がよくある。何だろう?

午後4時半、様子を見に行き、嘔吐した事に気づく。
午後3時に給餌した分だと思われる。
消化不良なのか、食べ過ぎ?
脱水が怖いので、水20mlを給水しておく。

午後6時過ぎ、様子を見に行く。
4時半に与えた水を吐き戻した様子はない。
水20ml給水しておく。
1時間後くらいに再度様子を見て、吐いた様子がなければお薬を投与しよう。

腎不全の場合、1日にどのくらい給水してやるのが最適なのか調べてたら、体重1キロあたり60mlくらいが適量と出てきた。
D猫の現在の体重は不明だけど、入院時で3.6キロだったので、3.6×60=216mlという事になる。
院長が提示した300mlは胃チューブに給餌した後に洗浄の為に流し込む10mlも込みでの数字だったのかな?
1日6回給餌したとして、その都度10ml洗浄用として給水してたら、60ml。
ドライフードを液状化する際に240mlの水を使っておけば、トータル300mlの水分を摂取できてるって考えでいいんだろうか?
これが正しいとすると、昨日や今日は明らかに水分多めで作り過ぎてるし、胃がキャパ超えして、吐いちゃう理由もわかるんだけど…。
明日は造血ホルモン注射の為の通院日だけど、その時に再確認してみよう。
今日は水分多めで作っちゃったから、給餌量は控えめにした方がいいかもしれないな。

午後7時過ぎ、お薬。
今日は予定通り5mlシリンジでやってみた。
テルモのシリンジ、やっぱり使いやすい。
粉を吹き出さず、お水もしっかり吸水できた。
今日は大成功。
投与した後、シリンジの底に少しお薬の粉が残ってるのを見つけ、お水を足して、チューブへ流す。
あとは吐き戻しさえなければ、OK。

午後8時過ぎ、様子見。
7時過ぎにあげたお薬は吐き戻してない。
何か、目力が出てきた?
ベッドに寝転んでるとジーッとこっちを、見てる。
布団をポンポン叩いて、おいでと合図したら、来たよ〜!
自分がそこで寝起きしてた事を思い出した様子。
涙跡と目糞を拭いたら、怒って戻っちゃったけど(笑)
自分の周りに興味を持ち始めてるのは少しは善くなってる証拠だと思う。
欲目かもしれないけど、耳の血管もハッキリ見えてきたし、鼻も赤みが出てきた。
問題はご飯だなぁ。
午後3時に給餌した40mlでも多いなら、次あげる分も減らさないとまた吐く事になったらかわいそうだし。
給餌30mlと水10mlにするか、もちょっと減らした方がいいか?
朝も少し吐いてたし、今日はあんまり食べられてないしなぁ。
悩む…。

午後9時、排便。
形しっかり、カチカチじゃないし、程よい軟らかさ。
2センチくらいのコロッとしたやつを2個。
ただ、排便時に息んだせいか、終わった途端、ゲコゲコッとなり、胃液?をちょっとだけ吐いちゃった。
その後もゲコゲコしてたけど、空吐きみたいな感じで何も出ず、治まった。

午後10時前、給餌20ml+給水5ml。
午後10時40分頃、排尿。
排便も排尿もおから砂のトイレを使用。
足元は不安定だけど、やはり使い慣れたトイレがいいんだろうなぁ。
だけど、おから臭のせいなのかおしっこの臭いがあんまりしない。
吸水シートだとちゃんと臭うんだけどな。
おしっこの臭いがしないと、不安になる。

吐き戻す様子がないので、午後11時、残り20ml給餌+5ml給水。
午前12時前、様子を見に行ったが落ち着いてる様子。(寝ていた)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:くちん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 職業:専業主婦
読者になる
大切な家族の一員である猫たちについての覚書
2014年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる