青森県八戸市 八戸城跡

December 13 [Tue], 2016, 7:00
青森県は本州の最北端です。
そして僕の住む山口県下関市は本州の最西端
仕事でですが、端から端へやってきました青森県!
いやぁ~やっぱり寒いですねぇ。

今回八戸市に行きましたので、八戸藩の藩庁であった八戸城を訪問しました。
八戸藩は八戸南部家の治める2万石の外様藩で、
盛岡藩の支藩と思われがちですが独立した藩です。
盛岡藩3代藩主南部重直が後嗣無く死去した為、
幕府の裁定により七戸家を継いでいた重直の弟七戸重信に盛岡藩主を継がせ、
中里家を継いでいたもう一人の弟中里直好に八戸2万石を与え、
新たに八戸藩を立藩させます。
中里直好は南部直房と改名し、八戸藩2万石の藩主となりまが、
分割して設立した性質上、盛岡藩側としては快く思われていなかったようで、
1代2代藩主の死去の際、盛岡藩の手による暗殺の噂が流れたほど。
幕府にも暗殺の噂が広まり、幕府の調査などが行われており、
その嫌疑を晴らすためか、盛岡藩側も八戸藩を独立した藩と認めています。


八戸城跡」。
現在は「三八城公園」として整備されています。


三八城神社」。
三八城公園内にある神社で、八戸藩初代藩主南部直房を主祀神とし、
甲斐源氏祖新羅三郎義光、南部家祖南部光行を祀ります。
三八城は「戸郡」という意味らしい。


三八城公園」。
八戸城の本丸であった場所は、公園となっています。


八戸城本丸跡」碑。
三八城公園の入口をはいってすぐ右側にあります。


八戸藩初代南部直房公」像。
公園中央に小高くなっている場所があり、
そこに初代藩主南部直房の銅像があります。
この小高い場所は天守台のようですが、
公園の整備で造られたものらしい。
八戸城には天守や櫓は存在していなかったそうで、
御殿や土蔵があるだけの陣屋規模だったようです。
八戸城と呼ばれるのは、八戸藩主が城主格に昇進したためで、
その後、城郭化するために天守などの建造計画もありました。


角御殿表門」。
南部会館という集会施設の門となっている棟門で、
二之丸にあった角御殿という藩主の住まいの表門です。
ほとんど面影が無い八戸城に残された唯一の建築物。


ちょっと八戸城から離れて根城という場所へ。
そこには中世の城郭「根城」の跡があります。

「史跡 根城跡」。
根城は根城南部家の居城で、南部藩成立後に領地替えで遠野に移されるまで、
300年間八戸の中心であった場所。
現在は整備されており、中世の城跡を思わせる雰囲気を味わえる。

ここに八戸城の東門が移築されています。

「八戸城東門」。
なんでも安政4年の台風で、八戸城にあったこの門が倒れてしまい、
それが家臣の木幡家に払い下げられて木幡家の門として建て替えられそうです。
その門をここに移築したという事ですが、伝承によればもともと根城にあったものらしい。

戊辰戦争での八戸藩は、奥羽越列藩同盟から脱退した弘前藩の攻撃を危惧し、
盛岡藩兵と共に領境に兵を配備していましたが、
列藩同盟の盟主であった仙台藩が降伏たことにより、
盛岡藩と共に新政府軍に降伏しました。
しかし、降伏が受理された次の日、
突如として弘前藩が盛岡領の野辺地馬門村に進行。野辺地戦争が起こります。
盛岡・八戸連合軍は、日の出の光を背にして弘前藩を一方的に撃退。
その後、新政府軍の判断により、野辺地戦争は私闘とされました。

↓ランキングご協力お願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:kii
  • 性別:男性
  • 誕生日:1973年8月25日
  • 血液型:A型
  • 現住所:山口県
  • 職業:会社員
読者になる
HP「ぬしと朝寝がしてみたい」のオフィシャルブログです。 下関を拠点に史跡をまわったり、幕末・維新に係る記事を書いたりします。
2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
P R
http://yaplog.jp/shigekikou/index1_0.rdf