アクシスという学び 

July 19 [Thu], 2007, 0:20
アクシスに出展する上で、アクシスを目標にするのではなく、
その向こうを目標にしなさいと先生には言われていました。

アクシスがゴールではなく。
アクシスを踏み台にプロを目指すのが目標。

出展への道程を「学び」として、
もし審査を通らなくても、得られるものは大きいはずである。

あと一ヶ月半でアクシスが開催されるが、
自分たちの締切り;解散の日を8月5日として、
その後の夏休みの過ごし方は自由にした。

作品は、学びの形であって、作品を作ることには学びは少ない。

今後、先生の下について、学びを進めるのもいい。
自分に休みを与えるのもいい。違う学びを目指してもいい。


自分は学校のテスト期間、アクシスの作品を手伝うことは実質できない。
今になって何もしていない気もしている。実際、何もしていないのかもしれない。

でも事実として、アクシス作品展の一角に、自分の名前が載る(…と思う)。
自分一人だったらできなかったと思う。

しかし、この半年、多くのことを学んだ。
今具体的に何を得たのかは言えないが、
イラレが使えるようになったとか考える力がついたとか
そんな感じではなく、感覚的に。

その感覚的な部分は何なのか。
この二、三週間できちんと言葉にして、終わりたいと思います。

デザイン情報T 

July 18 [Wed], 2007, 14:38
デザイン情報Tの展示がされていました!

夜遅くまで残ってお疲れ様でした。

詳細は後々。

ポートフォリオ 

July 18 [Wed], 2007, 1:10
自分の周りでポートフォリオをつりはじめている人をしばしば見ます。
吉橋先生のブログの中で取り上げられていたので、自分用にまとめてみました。

【ポートフォリオ】
作品集。作品を見せるもの。思いを‘文章で書き連ねる’ものではない。

・「作品」の画面・写真は、大きく見やすいレイアウトにする。
・フォントや文字間、レイアウトに気を配り、見やすく読みやすくする。
・「作品」の見て欲しい所、アピールしたい点が伝わる表現にする。

・絵や図を見て、おおよそわかるようにする。
・文章を最後までよく読まないとわからないのはやめる。

・説明文は、内容を整理し、箇条書きにする。
・長文や数行に渡るものはやめる。

・図や写真にはタイトルをつけ、何を説明しているかわかるようにする

・説明の「項目」を整理し、適切な「見出し」を付ける。
・見出しや区切りがなく、どこまでがひと続きかわからないのはだめ。

・概要(大枠)の説明と詳細な説明のバランスを良くする。
・どれが「作品」で、どれが説明図やイメージ図なのかが見て区別できるようにする。
・自分の考えの道筋が、わかりやすく表現する。

これらを自分や友達とチェックする。

吉橋先生とロイズ 

July 16 [Mon], 2007, 21:32
吉橋先生が今日もいらしていただき、たくさんのことを教わりました。

先生からいただいた、
ロイズのダージリンの生チョコレート
わやおいしかったです(^^)

スケジュールについて
1,プロセスブック
・徐々にやっていく細かい部分もスケジュールに記載する。
・デザインに凝るとコストと時間がかかる。
・きれいな作品の横には、きれいなプロセスブックが並ばないと見てくれない。
・パンフレット風?レポート風?
・そうすると、フォーマットはどうする?色と形は?素材は?
・モノができてるなら説明、モノができてないならグラフィックのようになるはず。
・こうゆうものは、早く形にするとよい。

2,準備物の確認
何かに出展するときは、作品を作っていく際に必要になってくるものを想像しておく。
・コンパネなども用意
・コンピューターを送るなら郵送?持ち込み?
・ネット環境はどうなの?
など

3ムービー
絵コンテを撮っちゃう → 早く形に。
いらないシーンとかわかってくる。

4グループ作業の場合はGOの日を作る
全体を統一する日を決定する必要がある。
なくなったネームを使ってしまって印刷などのトラブルの原因になる。
全員が情報を共有し、作品に向かう日を決める。

5完成日を重ねない。
それぞれ分担作業を行う場合、完成日が同じになると危険。
その理由は、誰かの作業が必ず遅れることになるので、
それを見越して、誰かがヘルプできるようにする。

6残るもの
文章やグラフィックは、ずっと残ってしまうものなので、
慎重にしなければならない。

7,リアル感
・スケジュールを横に書いて、分担作業の関連がわかるようにする。
・作らないといけないものを絵に。

8,最低限を造つくり、安心する
何もないという状態よりも、最低限があり、そこから向上していくようにしていくと、
このままで出すのは恥ずかしいと思い、実行する。

9,アイディアに詰まった時。
散歩する、カフェに行くなど忘れるふり(^^;)

吉橋先生 

July 15 [Sun], 2007, 3:25
多摩美術大学の吉橋先生が北海道にいらっしゃいました。

今日学んだこと。

1,アイディアに蓋をする。
アイディアを出していくうちに、固執してしまう時がある。
そういうときは、そのアイディアをファイルか何かでまとめたり、壁に貼ったりして、
そのアイディアを忘れて、次のアイディアを出すのがいい。

ちょっと置いておく。というのが、プロはできる。

2,アイディアは数が必要
数を出す時、コンセプトが邪魔になる時がある。
そうゆうときは、一度切り離してやってみる。
そして、また舞い戻って、「やっぱり違うな」と思えばいい。

プロは、300、500の案を出すことを無駄だとは思わない。

コンセプトは大事だが、たまには外れてもいい。

プロはきちんともどる。

3,スケジュールは細かく書いていい。
重要度の高い方からつぶしていけばいい。どうせ間に合わないんだから。

4,新しすぎるのはわかってもらえない。
ユーザーによっても反応は変わる。

人だったら学生?老人同士?
場所だったら駅?病院?
で全く捕らわれ方が違う。

使われるシーンを出すことが大事。

5,アイディアをもっと深く
音がなるものなら、どうゆう音?どれくらい?どんな大きさ?など細かく描いていく。
模型やアニメーションで再現してみるのも手。

企画段階ではわかんなくても、
作ってみると感覚的にわかるので、欲しいとか気持ちいいという感情が生まれる。

6,アイディアのリアリティ
コスト問題、誰がやってくれるかなどビジネスモデルを考えるのも大事。

7,休憩しよう。
甘いものでも食べながら休憩することも大事ですよ。

第一弾ショートムービー作成 

July 15 [Sun], 2007, 0:22
今日は作品の使用状況を説明するためのショートムービーを撮影しました。

・監督は、すべてのカメラーワークやカットをわかていないといけない。
・絵コンテを作成する。
・絵コンテは、棒人間でもいいので、そのシチュエーションの役者の動きと状況がわかるもの。
・小道具や場所などの確保をしっかりする。

プロジェクト飲み 

July 14 [Sat], 2007, 0:12
I氏からの学び

ニューヨークや東京にはデザイン的な刺激がたくさんある。
たくさんのものを見て、たくさんの情報を得ることで、アイディアが浮かんでくる。

プロトタイプを作成する際には、
・なぜそのカタチにしたのかという意図や目的が必要
・スケッチを描いてそれをどんどん修正していく。

ピザパーティ 

July 11 [Wed], 2007, 21:09
今日はデザイン系の先輩たちとのピザパーティーの日でした。

これで3回目なのですが、偉大なる先輩方の話が聞ける貴重な時間です。


【K先輩+Y研究所の先輩からのデザインの学び。】
1,新しいアイディアを出すには、まず現状を知らないといけない。
  →先輩方の卒業研究の内容に目をとおす。

2,何気ない日常の中にアイディアはある。
  →ピザホールのままだと食べにくいから、切ればいい。
  →箱のティッシュをぬくと、新しいティッシュが出てくる。
  →寒いギャグを言ったら、本当に寒くなる。

3,いつも考える。
  いつもアイディアを考えていれば、出てくる。

4,デッサン
  デッサンをする時、ただ目の前のものを書くのではなく、何か考えてやる
  →自分の解析度をあげるためのデッサン。

5,アイディアは自分の中にある
  アイディアをだそうと、ネットサーフィンをしていても以外とでないもの。
  出たとしても、似たり寄ったりになってしまう。特異なアイディアは、やっぱり自分の中にあるもの。

6,やればできる。
  本当にやろうと思えば、自分のアイディアをモノとして完成することができる。

アイディアの作り方 

July 11 [Wed], 2007, 2:03
1、何でもいいから集める。
2、分析する。
3、放っておく。
4、また探す。
5、そのうちアイディアが浮かぶ。


アイディアの作り方

ジェームズ・W・ヤング

の内容のほんの一部分だそうです。


具体的な例としては、以下です。

1、何でもいいから集める

カップラーメンの蓋、お菓子のパッケージ、何かのパンフレットなど

2、分析する
カップラーメンの蓋を見て、赤に黄色の文字は目立つ。とか

お菓子のパッケージを見て、この色合いがすき。とか

パンフレットを見て、レイアウトはこうだとこういう風に感じる。とか

3、放っておく

1回、その分析を置いておく。

4、また探す

以上の3項目を繰り返す。


5、そのうちアイディアが浮かぶ。

ゴミやらなにやら集めて写真を撮ったりしているのですが、

まだ分析が足らないのか、

いいアイディアが浮かんだ実感はありませんが…

しかし、デザインの学びとしては、

今まで気づかなかったデザイン的な工夫に気づけることが

以前より出来てきた気がします。

初投稿☆ 

July 09 [Mon], 2007, 5:42
なぞだー

まだ良くわからん。

とりあえず初投稿完了☆

デザインっぽいことを書いてこうと思うよ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shige-o
読者になる
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる