しびれの症状である、手のしびれ、足のしびれに悩んでいらっしゃいませんか?手足のしびれが起こる原因が分からないと不安なものです。しびれの症状が出る場合は、手術が必要になる病気が潜んでいる事が大変多いです。その症状や原因で考えられる病気などについて調べてみましたのでご参考ください。

しびれの症状は、体中どこにでも現れます。
しびれが現れる場所に合わせて、
訪れる病院の診療科が変わってきます。
あなたが今感じているしびれは、どこに感じているでしょうか。
そのしびれはどこの科を受診するべきでしょうか。考えてみましょう。
まず、しびれが起きやすい場所というのを考えてみましょう。
腰、手、口などがあげられます。

腰のしびれを感じた場合、
整形外科を多くの人が受診しているようです。

手にしびれを感じた場合は、整形外科や神経内科を受診しています。
脳卒中の症状に、手や口のしびれがあげられます。
脳を専門的に扱っている脳神経内科などが適しています。



腰のしびれは、椎間板ヘルニアが疑われます。
その場合は、整形外科でも構わないのですが、
脳神経外科でも対応が可能となっています。
また、炎症によるしびれの場合は、整形外科が担当です。
手根管症候群などが、整形外科での対応となるからです。

しびれの症状が出る場合は、
手術が必要になる病気が潜んでいる事が大変多いです。

どの科に受診すればよいか分かりにくいですが、
なるべく早く専門の診療科にたどりつけるようにしたいものです。

早めに病院を訪れて、
軽いうちに治療に当たれるように知識をもっておきましょう。

変形性頚椎症が原因のしびれ
しびれの原因が、変形性頚椎症だったということがあります。
年齢を重ねるごとに頚椎も弱ってしまい、しびれなどを感じるようになるもので、頸部変形性脊椎症とも呼ばれています。

変形性頚椎症のしびれや痛みといった症状は、放っておくとどんどん進行してしまいます。最初のうちは、痛みが主な症状となっていて、首の後ろの痛みを感じたり、肩がこるようになります。
その後、右か左どちらかの肩や腕にも痛みを感じるようになります。

このころになると、首を特定の角度まで動かした時に更に強い痛みが走ることがあります。

そのため、首を思い通りに動かしづらくなったり、しびれの症状が手首から肘にかけて出るようになります。
これらの症状が出るのは、脊髄神経根という頚椎の後ろ側にある部分が圧迫されている証拠です。
 
 続きを読む…  
しびれを引き起こす過呼吸症候群
しびれが起きる原因の一つとして、若い女性が陥りやすい、過呼吸症候群があります。

過換気症候群とも呼ばれる過呼吸症候群によるしびれは、いわば一過性のものです。
しびれが日常的にあるわけではなく、過呼吸に陥った場合に、しびれがあらわれます。

過呼吸症候群に陥る原因は、精神的な面にあると言われています。

大きくショックを受けたり、急にストレスがかかったりすると、過呼吸状態となり、しびれなどの症状が出てきます。過呼吸状態を避けようとしても、本人では制御出来ない面があります。

過呼吸症状があらわれた場合は、正常な呼吸に戻すよう処置することが先決です。

過呼吸になった場合、しびれや意識障害が起こるのは、血中の炭酸ガス濃度の変化が関係しています。
 
 続きを読む…  
肩のしびれは要注意
肩こりの症状でしびれがある人もいますが、本当に肩こりからきているしびれなのでしょうか。

肩こりだと思いマッサージなどで肩周辺の筋肉のこりをほぐせばしびれも改善されて、長時間症状が続かない人は血行不良や姿勢が悪いことが原因と考えられて心配ないのですが、こりやしびれが継続して起こる人や、なかなか快方に向かわない人は注意が必要です。

中には肩こりやしびれの原因が脳障害や頸椎の障害から起こっている人もいるからです。

そんな場合は、肩こりを改善するようなマッサージなどは逆効果で悪化させる恐れもありますからすぐに病院に行き検査してもらうことをお勧めします。
 
 続きを読む…  
しびれの悩みに対応した生活グッズ
しびれ、と一言で言っても、その感じ方は人それぞれです。

ピリピリとした痛みを覚える人もいれば、力が入らず、手であれば物を持ちにくく感じる人など、同じしびれと呼ばれる症状の中でも、しびれから来る悩みは人それぞれでしょう。

しびれを日常的に感じている人のために、掃除や洗い物などをするとき、役立つグッズが販売されていることをご存知でしょうか。

しびれの症状に悩まされている人であれば、自分の症状に合ったグッズを利用するのも良いかもしれません。

手のしびれのせいで物を持ちづらい、という人には、電動ブラシがおすすめです。掃除の時、力をいれてこすらないと落ちない汚れは、しびれのある人にとっては大きな負担となります。

しかし、電動ブラシを利用すると、簡単に汚れを落とすことが出来ます。
 
 続きを読む…  
しびれを感じたら病院へ
しびれは、様々な原因によって生じる可能性がある症状です。

外科的な原因もあれば、内科的な病気から来るものである可能性もあり、場合によっては、命に関わる病気が潜んでいる可能性もあります。

しびれを感じるようであれば、何が原因なのか、病院で調べることをおすすめします。

しびれを感じると、ヘルニアを疑う人が多いようです。特に腰痛、肩こりなどの症状とともに、しびれを感じた人は、腰の椎間板ヘルニア、首の頚椎ヘルニアを疑って整形外科を受診する人が多くみられます。

整形外科でヘルニアかどうかは、ラセーグ徴候を見てまず診断します。

診断方法は、まず仰向けに寝て、まっすぐ伸ばした足を上に上げます。
この動作をした時、強い痛みを感じるようであれば、椎間板ヘルニアであることが疑われます。
 
 続きを読む…  
末梢神経障害が原因のしびれ
しびれや痛みの原因には、末梢神経障害が関係していることがあります。末梢神経障害とは、全身を網羅している末梢神経に異常が生じ、しびれや痛み、筋力低下等の神経障害を招く病気です。

末梢神経は脊髄から左右対称に枝状に分かれる形で分布しています。
末梢神経のどの部分に異常が生じるかで、どんな症状が現れるかも変わってきます。

しびれや痛みが生じる末梢神経障害では、感覚障害や温痛覚があります。立ちくらみや吐き気といった症状が現れるのが自律神経の障害、筋力低下を招く運動障害などもあります。
 
 続きを読む…  
肘部管症候群が原因のしびれ
しびれが出る病気の一つに、肘部管症候群があります。

これは手の小指と、薬指の小指側がしびれるという病気で、男性に多いという特徴があります。
肘部管症候群は、末梢神経に異常が生じて、手の知覚機能に影響が及ぶことで症状が出ます。

肘部管症候群は神経絞扼症候群という病気に含まれています。

手には、知覚機能を担当する末梢神経、支持機能を担当する関節、運動機能を担当する筋肉や腱があります。手が行える様々な動きは、これらの機能がバランス良く働くことで可能になっています。

しかし、末梢神経が圧迫されることがあると、知覚機能、そして関係している筋肉等にも影響が現れ、しびれ、筋力低下、痛みといった症状が出てきます。
これが神経絞扼症候群と言われています。
 
 続きを読む…  
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:手足のしびれをなくしたい
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1975年
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
最近、しびれが気になっている人は、それだけに注目せずに何らかの病が隠れていることも考えられますので、一度かかりつけの医師に診断してもらいましょう。

しびれの症状が出ることのある病の中で加齢が関係している病気がいくつかあります。

例えば骨粗鬆症は、骨密度が低くなってしまった状態を言い、新しく骨を作り出す力が弱まってしまうことです。

また、骨粗鬆症以外にも加齢からくる病でしびれの症状を伴うものがあります。

変形性腰椎症や糖尿病からくる多発性神経症も加齢や生活習慣の乱れからくる病気です。

単なるしびれだと思って適正な診断を受けずにいると隠れた病を深刻な状態にしてしまうこともあり得ます。

心配のないしびれかどうか確認が必要ですよ。

Yapme!一覧
読者になる
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!