こ の 詩 を 読 ん で 彼 方 は ど う 思 い ま し た か ?  コ メ ン ト を 書 い て く れ る と 参 考 に な り ま す の で 助 か り ま す 。 良 け れ ば 読 者 に も な っ て く だ さ い ^ ^  コ メ ン ト に 、 彼 方 が 考 え た 詩 を 載 せ て く れ る と か な り 歓 迎 し ま す !

2005年05月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像いうy
この涙枯れるまで (2008年03月10日)
アイコン画像ゆき
叶わないってこのコト…? (2007年07月30日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shi_love
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
詩  【 つ な が っ て い る 空 】 / 2005年05月03日(火)
空 の よ う に  私 は な り た い 

空 は 永 遠 に 続 い て い て 

何 処 ま で も 1 つ だ か ら  

私 の 心 を 1 つ に し た い 

だ け ど う ま く は い か な く て 

け れ ど 空 を 見 て い た ら  
    
           な ん と な く 彼 方 を 想 い だ し て

心 が 1 つ に な れ た 気 が す る よ 

だ か ら 私 も 彼 方 の 心 を 抱 き し め て 

空 の よ う に な り た い 

永 遠 に 彼 方 を 好 き で い た い ・ ・ ・ 
 
   
Posted at 11:52/ この記事のURL
コメント(0)
詩  【 空 が く れ た も の 】 / 2005年05月05日(木)
泣 い て る と き も 

悔 し い と き も 

空 を 見 れ ば  彼 方 を 想 い 

心 が 強 く な れ た 気 が す る よ 

だ か ら 空 を 見 上 げ よ う 

空 に は 宝 物 が 沢 山 詰 ま っ て る は ず だ よ 
 
   
Posted at 08:15/ この記事のURL
コメント(0)
詩   【 生 き て る う ち 】 / 2005年05月05日(木)

も う 止 め ら れ な く て 

止 ま な い の に 

空 は 何 で こ ん な に も 

            晴 れ 晴 れ と し て い る の ? 

空 は 遙 に 続 い て い て ・ ・ ・ 

そ ん な 空 が 私 は 好 き 

そ れ で も 止 ま な い 涙 と 共 に 

消 え 去 っ て い く 彼 方 ・ ・ ・ 

ど う し て も 逢 い た く て 

呼 ば れ る の は 死 ・ ・ ・ 

生 き て い る う ち  悲 し く っ た っ て 

  生  き  て  い  る  に  は  変  わ  り  な  い
 
   
Posted at 08:19/ この記事のURL
コメント(0)
詩 【 こ の 星 に 生 ま れ た 】 / 2005年05月05日(木)
こ の 星 に 生 ま れ て 良 か っ た 

私 の 心 で は そ う 思 っ て い て  

だ け ど 死 に た い っ て 思 っ た 

な ぜ ? そ れ を 聞 き た い の は 私 の 方 だ よ 

ど う し て 死 に た い っ て 思 う の ?

私 は 彼 方 に 会 う た め に

   こ の 星 に 生 ま れ た 

だ か ら 精 一 杯 自 分 に 自 信 を 持 っ て 生  き て い こ う 


    未   来   へ 
 
   
Posted at 08:24/ この記事のURL
コメント(0)
詩  【 逢 い た い 】 / 2005年05月08日(日)

今 す ぐ に 逢い た い ・ ・ ・ 

彼 方 に 逢 い た い ・ ・ ・ 

そ ん な 気 持 ち で い っ ぱ い な 日 々  

こ れ か ら ど う す れ ば 良 い の ? 

逢 い た い ・ ・ ・ 逢 い た い  

そ ん な 気 持 ち が 有 れ ば 、 会 え る の だ ろ う か ・ ・ ・ 

こ の 気 持 ち   何 と か し た い  

そ ん な 時 私 の 前 に 現 れ て く れ た ら 

私 は 彼 方 を 抱 き し め た い ・ ・ ・   真 夏 の 空 の 下 で  ・ ・
 
   
Posted at 07:47/ この記事のURL
コメント(0)
詩  【 彼 方 に 出 会 え た 】 / 2005年05月20日(金)
く じ け そ う に な っ て も

彼 方 が い て く れ た ら 

立 ち 直 れ て     
    
           頑 張 ろ う と 思 え た よ 

い く つ も の 時 を 越 え て  

私 は   彼 方 を 見 つ け た

そ れ が な に よ り も   嬉 し く て 

涙 が 出 て は  笑 顔 に な れ た よ

彼 方 に 出 会 え て 良 か っ た 

例 え そ れ が 異 性 だ と し て も 

            同 性 だ と し て も 

私 は 彼 方 に 出 会 え て  本 当 に 良 か っ た 



* 作 者 の 言 葉 *
この詩の出来は、まぁ良い方
です^^*人を想うことと言うのは、
とても大切なことですし、
なにしろ彼方に会えて良かった
と言う言葉は、世界中に共通
するものであると信じています^^
なので、皆様も、人を大切に思って
ください^^*そして、なによりも、
生きていることに感謝してください^^

 
   
Posted at 16:17/ この記事のURL
コメント(3)
詩  【 救 い た い 】 / 2005年05月20日(金)
ど う し て だ ろ う

空 は こ ん な に 広 い の に 

私 の 心 は こ ん な に せ ま い 

そ ん な 言 葉 が 心 で 響 い て 

も っ と も っ と 心 の 狭 い 人 に
 
な っ て し ま っ た  と 言 う こ と を

彼 方 は 気 付 い て い る ? 

ど ん な に 優 し い 人 だ っ て 

心 が 狭 け れ ば 優 し い な ん て 言 え な い の 

例 え 彼 方 だ と し て も 

人 は 1 人 で は 生 き て は 行 け な い 

だ か ら  心 の 広 い 人 に な っ て 

私 は 彼 方 を 救 い た い 

ど ん な 事 を し て で も 

彼 方 を 想 う 気 持 ち は 変 わ ら な い  

だ か ら  彼 方 も  私 を 想 っ て 下 さ い 

そ し て 心 の 広 い 彼 方 で い て 下 さ い 



* 作 者 の 言 葉 *
出来はまずまず。自己判断
するのは、難しいですが、
この詩を読んで、皆さんが、
心の広い人間になれたら良いなと
想い、書きました。
人を想うって事は人生の中で
大切なことです。
読者の皆様は、人を救ったこと
ありますか?気付いていなくても、
相手は気付いてくれているはずです^^
なのでその気持ちを絶対に
忘れないでいて下さい^^*
救って貰った方は、その気持ちを大切に
そして、彼方も誰かを救ってあげて
ください^^*
 
   
Posted at 16:25/ この記事のURL
コメント(0)
詩  【 止 ま ら な い 恋 】 / 2005年07月09日(土)
な ん で 私 が 彼 方 の こ と が 好 き か

な ん と な く 分 か っ た 気 が す る 

今 ま で  好 き に な る の に な ん か 

理 由 な ん て 無 か っ た の   
 
    な ん で 彼 方 の こ と が 好 き か 
  
        分 か ら な か っ た の  

で も 今 は  何 で 好 き か が 分 か っ た よ 

そ う 分 か っ た と き に は  も っ と 彼 方 を 

    愛 し て い る の か も ・ ・ ・
 
   
Posted at 12:16/ この記事のURL
コメント(0)
【 理 想 の 恋 】 / 2005年10月18日(火)
いつもみたく意識していた自分なのに


今の自分は何なのだろう


だって・・あの人が好きだったのに


もうスキじゃなくなっているんだもん


何故?何故?


その言葉が頭を駆けめぐり


いつか砕け散ってしまう


そんなたった数日の恋も


いつか砕け散る


そう知っていながらも


今日も私は恋をする。


恋はするものじゃない・・・


恋はおちるものだよ


そう神様が決めてくれたのなら


私はそれを信じる


今日も新しい恋に落ちるように


アナタを見つめる


自分を見つめる


そうすればいつか全ての人に


恋ができるような・・・


そんな気がする
 
   
Posted at 16:35/ この記事のURL
コメント(0)
好きだよ / 2005年10月21日(金)
いつも私の目の前に立って


目立たない自分をあたしだけに目立つようにしている彼


そんな彼にフフッと笑ってしまう


彼って言っても付き合っていない


だってさぁあたしは彼が本当に好きなのか分からないから


それだけの理由


おかしな話し


でも側にいてくれるだけでも


あたしらは恋人同士


幸せだよ


ただそれを悪く思う人もいた


彼はハッキリ言うとモテない


だからあたしなんかと恋人同士が不愉快とか思ってる


馬鹿げてる


あたしが誰と付き合おうが恋人同士だろうが関係無い


関係あるのは彼のみ


そぅ考えていくと


余計に好きになっちゃうね


もぅちょっと待ってね


あとほんの少し待ってね


そうすればあたしはアナタを嘘無しで…


大好きになっているから
 
   
Posted at 21:25/ この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.