デブキャラ化?ハニカミ石川遼プロ、スタイル激変危機【画像】 

January 12 [Sat], 2008, 14:06
ツアープロは「ガッチリ体形が理想」

が、石川遼はデブ化街道、爆進中!!



男子ゴルフ界の救世主がついにプロ宣言。

ところが、石川遼にはさまざまな難題が持ち上がった。

飛ばしか、スタイルか−。

「きょうからプロゴルファーの石川遼です」

と10日、ピチピチの笑顔でプロ転向を宣言。

ふだんはハニカミ王子・石川遼特有のファッションに目を奪われがちだが、実は昨季終盤戦から懸念され始めていたのが、制服姿で一目瞭然の体重増だ。

トレードマークのサンバイザーをめぐっても、同様の問題が生じており、石川遼は、“イメージ激変”でプロデビュー戦登場となる可能性がある。

一部の民放で生中継までされた石川遼プロの初会見では、TVカメラが止まった後の部分で、「現在の身長は172センチ、体重はすごく増えていて68キロあります」と、石川遼自らが現在のスタイルを明らかにする一幕もあった。

石川遼は「もっとトレーニングすれば、もっと体重は増えると思う」と、昨季終盤からトレーナーをつけ、年末年始には雪山でクロスカントリー・トレを実施した効果として、体重増を前向きに評価している。

ツアープロの間でも、「長いツアーを戦うためには、ガッチリしたスタミナ体形が理想的」など、ある程度の体重が必要とする意見が多いのは事実だが…。

見た目に敏感なカメラマンや広告関係者から「このままじゃ

“ポッチャリ王子”

になってしまう」と、石川遼をさかんに心配する声が上がるようになったのは、昨年末。
見た目と言動のさわやかさで人気が爆発した石川遼だけに、イメージの異なるデブキャラ化は、せっかく火がつきかけた男子ゴルフ人気を終息させてしまうネガティブ要素となりかねない。


石川遼、ポッチャリ王子に転向するしかない!

ラウンド後の温泉に密着。うん、でぶってた。丸くて小さい!

【画像】こちら!

まだ若いのになんだか裸に魅力を感じない・・・。

そんな画像の一部です




石川遼の申告では、体重は優勝当時(昨年5月)から3−4キロ増。

これに比して、身長は「1センチ伸びて172センチ」に止まっており、「この年代としては成長カーブが鈍化している」こともデブキャラ化懸念を加速させている。

石川遼は数少ない具体的な目標の1つに「ドライバーで350ヤード。もうこれ以上飛ばせないスイングを完成させること」を挙げたが、

「身長が止まってしまったら、体重で飛ばすしかなくなる」ためだ。

また、アマチュア時代から10色以上を取りそろえ、ウエアに合わせてその日かぶるモノを変えている石川遼こだわりのサンバイザーも、プロ転向とともに「飛ばし」との兼ね合いが生じている。

石川遼が好んでワードローブに加えてきたのは「タイトリスト」や「コブラ」といった米ブランドのサンバイザー。


石川遼、特別に撮影OK!自宅ワードローブでルンルン衣装選び♪

【動画】こちら!


国内のプロは一般的に、ボールの使用契約とセットでこうした用品の契約を結んでおり、タイトリストの「プロV1X」ボールを使用する石川遼もこれにならった格好だった。

ところが、「まだ正式なオファーは1社もない」(父・勝美氏)というものの現在、石川遼がテストしているドライバーは、ナイキ、ブリヂストンスポーツ、ヨネックスの3社。
クラブ契約すれば年間1億円を超えるビッグな金額が転がり込むが、獲得に意気込みを見せるナイキとブリヂストン両社は「クラブ契約するのなら、ボールもセットにするのが基本戦略」と、自社ボール使用にこだわりを持つ。

同時にボールのテストもしている石川遼は、「飛びや小技の時などの感触で使い慣れたプロV1Xへの愛着を見せている」と伝えられ、ナイキかブリヂストンを選ぶ場合、お気に入りだったサンバイザーのロゴ、いやボールの変更を迫られることになるのだ。

ウルトラCとして、クラブ一式の契約を交わさず、1本ずつの使用契約を結ぶ選択肢もあるが、この場合は「海外トッププロのように、サンバイザーやキャディーバッグに所属契約を交わした企業ロゴを入れることになるでしょう。

頭は目立つから各社狙ってます」と、こちらもサンバイザーのロゴは変更が濃厚だ。

飛ばしか、スタイルかの“究極の選択”は、石川遼のプロゴルファー人生を大きく左右する最初の関門となる。





P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shgbsf33
読者になる
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる