男性器の悩み

March 08 [Thu], 2012, 19:56
男性器と悩み


様々な遺伝的または外要因により、厳密には当てはまらない例も存在する。しかしながら、概ね上記に当てはまれば通常その人は男性と見なされる。そのボーダーライン上の判定は非常に難しく多分に個別的であるが、染色体型はその判定に大きな役割を果たす。
性染色体がXXY型などで発現が男性である例はあるが、その多くは本人も周囲も男性として受けとめられている。
稀に、生物学的性別と一致しない〈女性〉としての性同一性を持ち(性同一性障害)、性ホルモン剤の投与や性別適合手術などで、女性的な外見を持つ事例もある。
男性特有の疾患として前立腺疾患、痛風がある。また、十二指腸潰瘍、尿路結石、急性膵炎、大腸ポリープが女性に比べて多く、心臓病、脳溢血(およびそれによる脳血管痴呆)など循環器系の病気が多いのが特徴である。
貧困国を除けば、男性は平均寿命が女性に比べ短い。これは男性ホルモンが代謝を上げる作用を持ち、細胞の損傷が多くなること、免疫力を上げ血圧を下げるエストロゲンの分泌が少ないこと、体質の差により男性は女性と比べて内臓に脂肪のつく健康リスクの高い太り方をする傾向があることが生得的な原因として考えられている。ただしそれ以上に喫煙率が高いこと、過労死や自殺者が男性に多いこと、生命の危険を伴う仕事に従事する割合が女性と比べて多いことなどの環境的・社会的な理由も見逃せない。
男性も被害にあっている事柄を「女性と子供」に限定し、男性の生存権、人権を完全に無視する政策を行っている。例えば、社民党などはチベット問題を取り上げる際、(1997年末の時点で、監禁されているチベット人の政治犯や良心の囚人の数は、18歳以上の男性が73%であるにもかかわらず)「チベットにおける女性と子供の人権を守ろう」と女性・子供のみを取り上げている。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shfklop
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/shfklop/index1_0.rdf