再開します 

2005年08月29日(月) 19時43分
ひと夏いっぱいサイトの更新もせずブログも書かずでご無沙汰しておりました。ぼちぼち再開しますのでよろしくお願いします見た映画についても少しづつ更新していきたいです。

高3次男へ虐待弁当?キャラ弁
なんだか恐ろしいタイトルですが、この方の凄いところは弁当でキャラクターを再現させる時のその造形の正確さ。こんなに見事なものは見たことがありません!色については時々虐待かな…(笑)と感じるものもありますが、ここまで手のかかる弁当を作り続ける母…やっぱりこれは「愛」なんだと思いました。息子さんが弁当を開く時の期待と怯えが目に浮かぶようです。一反もめんが秀逸。

今回はマル 

2005年07月03日(日) 21時24分
また懲りずに韓食
日本のコリアタウン新大久保です。
ここはめっちゃ美味しかったです。マシッタ!
ちゃんと日本語も通じるし(通じないところも多い)
お店も開放感があり、居心地がいい。
美味しい店の時はちゃんと名前を書きます。釜山亭です。
水冷麺とうどんとタコの辛味噌味のようなやつ、海鮮チヂミ
どれも美味しかったですが(タコが少々硬かったけど)冷麺が特に!
食感がいいです。
日本の麺ではないような食感で、何の粉で出来てるんでしょうか。
それにスープがうまかった。

キムチ<他ちょっとしたおかず4つはサービス)はちょいすっぱめですが、
これもなかなか美味しい。
韓国人はすっぱい方が好きな人も多いそうなのですが、
日本人でもこのくらいならいける感じ。
これ以上すっぱいと嫌だけど。


■ところで中古ビデオショップで今日、買うことができました!
「エリック・ザ・バイキング」ビデオ。
しかも180円(笑)
見よう見ようと何年たっただろうか。
ようやく見る時が参りました!

GyaOで映画・ドラマを視聴 

2005年06月30日(木) 20時41分
ミュージックバトンでTELEVISION入れるの忘れた。
MARQUEE MOON今でも聴いてるのに。
後から色々思い浮かぶ。VELVET UNDERGROUNDは?BDBは?
とっさに思い出せないことってある。
クイズミリオネラで簡単な問題を答えられない人のことをバカにできないよな。でもしちゃうけど。青と赤を混ぜると何色?がわからなかった人とか。

ギャオでCODE46のマイケル・ウィンターボトム監督による「24アワー・パーティー・ピープル」が期間内なら無料で視聴できます。
ドラマコーナーではマイケル・ムーアによる相変わらずの映像も。
必須なのは生年月とメールアドレスと郵便番号です。名前、住所は必要なし。
ということで以前から噂は聞いていたのですが、ネットで映画をみるのは疲れそうだなあ。
でもタダなので体験がてら今から視聴してみます。感想は後日。
http://www.gyao.jp/

アクターズ・スタジオ インタビュー 

2005年06月24日(金) 23時40分
珍しく録画を忘れなかったのでさっき見ました。イアン・マッケラン自らを語る。
イギリス人らしいエピソードや軽口、シェイクスピア作品に多数出ている彼のシェイクスピア劇についての解釈、性的アンデンティティのこと…見てよかったです。
このシリーズは好きな俳優じゃなくても見てしまうほど好きなんですが、(さすがに肉体派の○○とか△△などは見なかったですけど)俳優としてどんな人なのかを知ることができる貴重なプログラムだし、人生のヒントになるような話が聞けるので大好きです。ここで俳優の口から語られた作品は見たくなってしまいますねー。それにこの番組をみると私はよく泣きます。なんでかよくわかりません…その人の俳優としての歴史が語られ、ふとした言葉に感激してしまうようです。(私はそれほど泣き虫ではありません)
見ることができたものはそう多くはないのですが、中でも印象に残った人は
ローレン・バコールかなあ。最近はモーガン・フリーマンでも泣いた(笑)でも途中からしか見ていないからまた再放送しないかなー(再再再放送くらい?)

ミュージックバトン 

2005年06月21日(火) 13時32分
burngirlさんから頂いたバトン…こういうの大好きで嬉しいんだけど、え〜どうしよう、知り合いの音楽好きってみんなブログとかサイト持ってないんでティム・ロビンスつながりで…。

1今パソコンに入っている音楽ファイルの容量
なにしろMP3プレイヤー持ってないしMD用に80曲くらい。

2最後に買ったCD
2日前SUPER JUNKY MONKEY「地球寄生人」
ほんとはベストが欲しかったけど売ってないので。でもこのアルバムよかったです。

3今聴いている音楽
アジアものをバカにしていた私がこの人の音楽の面白さと魅力には衝撃を受けました。以来アジアものもセレクトするようになった。最初は派手で壮大な曲ばかり聴いていたが特に最近は初期の曲のよさに惹かれる。
ジェイ・チョウ1ST「周杰倫」

まずかった 

2005年06月18日(土) 9時53分
韓国料理が大好きな私が、最近都内の韓国料理のお店で食べたら全部ゲロまずでした。
ここまでまずい食べ物は久しぶり。私は嫌いなものでなければ、まずくてもなんとか我慢できるし食べられる方なんですが、ここのはなにを食べても全然ダメでした。
来日した韓流スターがよく来るお店のようで、色紙がたくさん貼ってありました。超有名な人ばっかり。2日続けて食べにきたスターもいるとか。
ということは、韓国人にとってはおいしい店なわけでしょうか!?
えーー!!そうなの?
あれがおいしいってことはありえないよ〜。
本来塩味であるべきものが激甘だったり、鍋がめっちゃジャンクな味だったり(ま、これは韓国ではポピュラーな、おやつのようなもんらしいです)、チヂミがべちょべちょだったり。
それともスターに出すものは特別な人が作って出し、一般客には見習いが作ってるとか…(ありえる)
ということでスーパー売りの冷凍チヂミの方がよっぽどおいしいです!
一種類すごくおいしいのがあるんですが、間違って別のを買ったらおいしくなかったのでこんどどこのメーカーか調べておきます。たれもおいしいのでおやつにぴったりなんです。

最近読んだ本 

2005年05月31日(火) 1時41分
一番面白かったのは安野モヨコさんの「監督不行届」。

エッセイ漫画がうまい人って漫画もうまい人だって持論がありまして、この本は多くの人が褒めていましたが、凄くうまいです。面白い!
バランス感覚のある人だなあと感じました。読者としての視点からも見ることができる人だと。漫画家は自分が漫画の一読者だった頃の気持ちを失っていないことが大事なことなのかもしれません。

ところで安野さんはデビューの頃好きで、雑誌から読み切り漫画を保存しているほどだったのですが、だんだん作風がポジティブでメジャーな雰囲気に変わっていって(今の方向に)読めなくなってしまいました。
安野さんは冬野さほさんと仲良しで、最初は作品も似通っていたのが2人は徐々に逆の方向にいきましたが、私はずっと冬野さん派でした。
でもなんだろう、やっぱり面白いなと思います。お二人は、違うようでやっぱり似ているなと。
片や冬野さんはあの松本大洋さんと、そして安野さんはあの庵野秀明さんとご結婚されたわけで、パートナーについてもそれぞれ全く方向が違いながらも、その世界ではそれぞれが高い評価と支持を受けている、かなり独自性を持った作家で。

最後に庵野さんが解説を書いているのですが、庵野さんは安野さんの作品をとても理解していて、それを読んでとても感動してしまいました。私も少し反省したというか、安野さんの作品をまた読んでみようという気になりました。単純だなあ、私は。安野さんってやっぱり絵がうまい!ちゃんとしたいつもの絵よりこういう絵が断然好き。

その他
『競作・五十円玉二十枚の謎』
13人のプロ、アマチュアの作家が、「1人の中年の男が毎週土曜になると本屋に現れ、50円玉を両替して帰っていく…」この実話を推理し短編にし、競作しているもの。
北村薫風の作品が印象に残りました。ただ、いくつかの作品の登場人物がつまらないオヤジギャグばかり言ってるんですが、流行りだったんでしょうか。その部分が面白くなくてしらけました。そういうダジャレがなければもう少し楽に読めたのに。

録画失敗 

2005年05月21日(土) 0時09分
今日はBSで「PLAY TIME」やると知って予約しておいたのにぃ〜
地上波はビデオにしか繋げていないのにレコーダーの方で録画してしまった!
当然何もうつっていないことにさっき気がつき、かなり情けなくなりました。
ジャック・タチ大好きなんですけど、これは観ていなかったので超楽しみだったのに、わーん。
BS2って美空ひばり特集とか石原裕次郎特集は死ぬほどやるくせに、こういうのはなかなかやらなそう…いつ観れるかな…。

みんなのいえ 

2005年05月16日(月) 20時54分
「みんなのいえ」
楽しいコメディでも観たくて借りたのに…これはどうしたもんだろうか。
全体的にあざとくて笑えず、褒めるところが見つからない。
棟梁とデザイナーとのぶつかりあいは笑うどころか見ていてイライラ、ストレスを感じました。
一応感想を書いてみたら、ちょっとひどすぎるのでやめにしました。
三谷幸喜さんの脚本作品、好きなので、是非次回作で名誉挽回して下さい!

箪笥 

2005年05月14日(土) 20時14分
長く古い板張りの廊下。薄暗い日の当たらない室内。
設定がまず魅力的で、いかにも何かありそうな洋館が舞台。
古い家屋のひんやりとした空気が観ているこちら側まで漂ってくる。
映画のために8000万円かけて用意した家だそうだが、こういうところにお金をかけたこだわりが功を奏していて、ホラー映画が陥りがちな安物映画になっていない。美術に力を注いだ結果、ストーリーは分かっていても、また観たくなるような余韻の残る作品に仕上がっている。


キャストも素晴らしかった。
とにかく妹役ムン・グニョンの素朴な可愛さがとてもいいし、姉役イム・スジョンが本当にうまい!義母役ヨム・ジョンアの驚きの表情も凄い。

「スリー/臨死」で監督した「memories」と同系の作品で、私は通常、ホラーならとにかく怖がらせてほしいと思ってしまうのだが、この映画は怖くはないけれど監督のセンスが凄く好きだったから、観てよかった。ある時期からの岩館真理子作品のイメージに少し似ているところを感じた。一般的な男性の表現者が描く女性の描き方とは違っているように思える。もしかするとキム・ジウン監督(男性)は少女漫画を読んでいるのかもしれない。




箪笥オフィシャルサイト


これと同じく韓国ホラーの「狐怪談」をいう映画も観たけれど、こちらと差がありすぎて気の毒だった。
2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
http://yaplog.jp/sherbet99/index1_0.rdf
最新コメント
アイコン画像Ferrell
» 再開します (2008年06月14日)
アイコン画像Peg
» GyaOで映画・ドラマを視聴 (2008年06月13日)
アイコン画像mtqfgp
» 再開します (2008年06月04日)
アイコン画像hdqteg
» ミュージックバトン (2008年06月04日)
アイコン画像yhqvqoyav
» 再開します (2008年06月04日)
アイコン画像qjbkrxooyi
» GyaOで映画・ドラマを視聴 (2008年06月04日)
アイコン画像BlogPetのティム
» 再開します (2007年08月04日)
アイコン画像ティム
» 今回はマル (2007年07月28日)
アイコン画像BlogPetのティム
» 再開します (2007年07月05日)
アイコン画像BlogPetのティム
» 再開します (2007年06月28日)
BlogPeopleガチャガチャブログ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sherbet99
読者になる
Yapme!一覧
読者になる