問題なのが違法改造

December 29 [Thu], 2011, 16:02
このように、明らかに危険につながるとわかる整備の面では大抵の人が修理・交換で対処してしまうのですが、問題なのが違法改造です。

違法改造は、あえて行っている一部の人だけでなく、ドレスアップ目的で車を改造する一般の人達でさえ知らないうちに行っていることがあるのです。


ここでは、違法改造と意識せずにおこなわれることが多いものをいくつか例をあげて、それがどのような危険性につながるかを知りましょう。


● 灯火類(ライト)の色
 車幅灯  :34条
  → 白色、淡黄色又は橙色であり、そのすべてが同一であること。
 番号灯  :36条
  → 白色であること。
 尾灯   :37条
  → 赤色であること。
 後部反射器:38条
  → 赤色であること。
 制動灯  :39条
  → 赤色であり、自動点滅する構造でないこと。
 後退灯  :40条
  → 白色であること。
 方向指示器:41条
  → 橙色であり、点滅回数が毎分60回以上120回以下であること。

灯火類は、決められた色意外のものを使用すると、他の交通に誤認を与えて事故を誘発させる恐れがあるので危険とされています。


花火の夜
これはただの例え話じゃない
優しい歌が歌えない
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shen607
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/shen607/index1_0.rdf