デフコンワン(腐った卵を投げる派)
2017.01.27 [Fri] 03:20

『結婚したらよぉ、目玉焼きにかけるのはしょうゆかソースかとかでケンカになるわけよ。んで、お前はどっち派なんだ?』

この上司は唐突に何を言いやがる。たった今まで僕に早く結婚をしろという話をしていたはずだろう。

こいつはいつもそうだ、話に脈絡はねえ、デリカシーもねえ、さらには髪の毛だってねえときた。それなのに美人の妻と娘がいる、どうなってやがる、焦付いたしょうゆみてぇな顔しやがって。

僕はしばし考え込んだ、なんせこちとら目玉焼きはおろか卵料理を家で作ることがほとんどない。もし外出先で食べるとしても出てきた状態のものを何もつけずにそのまま食べている気がする。しかしそんな回答をしようもんなら、外出し(た時しか食べない)派だの、(味を)つけない派だの、生(タマゴ)派だのとか言われかねない。
馬鹿野郎、そういう話がしたいわけではない、糖衣しもですお久しぶりです。

そもそも、派閥に分けようとするのは乱暴ではないか。卵の食べ方を指摘することは人の性癖を指摘することと同じだ。だから戦争になるのだ。育ってきた環境の違いなどから、様々な価値観があるはずなのに。
人類は同じ屋根の下で互いに認め合い、譲り合うべきではないのか。
と、僕が世界平和に悩んでいるの最中、上司は「ハア?」という顔をしながら、注文した味付煮卵にマヨネーズを付けて食ってやがる。お前はいま食べているものになんの疑問も感じないのか!そりゃミサイルも発射されるわ。

昔を思い出すと、無職時代に実家の朝食当番で目玉焼きを作った記憶がある。もう10年以上前だ。ベーコンとピーマンとタマネギ、ハムやソーセージを使う時もあった。香り付きの肉の味で食べるスタイルになる。
なるほどそうか、その時はたしかにベーコンと野菜などに塩コショウで味付けをしている。そうなると目玉焼き味付け界において、僕は塩コショウ派になるに違いない。しまった、気づいてしまった。「塩コショウ派」、第三勢力の台頭である。


『おい、どうした、そんな難しい話じゃねーだろ?』

ええい、難しい話だろうが、こっちは地球背負ってんだよ!

僕は仕方なく覚悟を決めた。こうなったら上司に爆弾発言をしてやる。

「や、僕、卵アレルギーなんで、そもそも食べないんスよ」

『え!そうなの?なんだ、しょうゆうことかー。』

「ええ、そーっス」

戦争は回避された。みたか、これが外交だ。
糖衣しまでした。
 

送別会での僕のアイサツの半分くらいは野次とチャチャでした。
2012.09.30 [Sun] 00:12

異動が決まりました。

この三年間、
僕は大手町勤務で、リュックサックを背負って通勤しているちょっと危ないタイプだったんですが。

このたび異動になりました。

10月からは
麹町をリュックサックを背負って通勤するタイプの危ない人になります。


つまり三キロだけ異動したんです。えー。
千代田区から出られないぜ。


糖衣しまですこんばんは。
カラオケで歌うと「大きな声出るじゃん、いつもセーブして暮らしてるの?」
と言われます。三人に言われます。

大量に異動の荷物をリュックに詰め込んで東京駅を歩いていたら「君、山好きなの?オレもだよ!これから飲みにいこうよ、話そう。あのグループだからさ!」
と、屈強なオジサンに腕をグイグイ引っ張られました。

「いや、登山じゃないス、エセバックパッカーっス」と、言う間もなくカラダを触られ、
「さすがだなぁ、うん。ほらオレもこんなに鍛えているんだぜ。」とか言われているのに、先輩たちは角に隠れ、カラオケ屋を検索していました。


こんなに身の危険を感じたアジアは初めてでした。


最終的に最寄り駅まで帰れなかった僕はスーツ姿で大荷物を背負いながら、タクシーを拾うべきか否かの答えをだせないまま月に向かって歩きました、家にかえろう。


あと
カラオケ屋ではオーストラリア人の乱入などがありましたが、カラオケで外国人が乱入するシチュエーションも初めてでした。


ああ、アメージングジャパン


 

はいそうです、その清潔感のないiPhoneが僕のです
2012.05.31 [Thu] 08:25

夜のことだ。

ネコを箱に入れたり出したりしていたら、3時間が経っていた。
おかしいな、大切な掃除の時間と勉強の時間がなくなっている。

これはいったいどうしたことか。

何かが、僕の大切な時間を盗んでいるに違いないわけですよ。
よく考えよう。犯人探しだ。

しかし、この三時間の間に身の回りにいたのはネコと段ボールだけである。(タイムマシンコタツは使用していない)


ネコ?あんなにかわいいネコが悪いわけがない。かまいすぎたために床中に毛が舞い散っているだけで、うん、とても迷惑だ。だけど、悪いわけがない、かわいい猫が悪いはずがない。ネコカワイイあへー。


では段ボールか?僕は段ボールにまず一撃蹴りを入れた、が、奴は謝ろうともウンともスンとも言わない。どうやらただの箱のようだ。


何者かが俺を陥れようとしているんじゃないか。そういえば段ボールが小さく「スン」って言ってた気もする。

耳をすます、時計の針がカチカチと聞こえる。


…ははぁ、なるほど。


偏差値37の僕は、悩みに悩んだ挙げ句、やっと見つけたんだ、犯人を。

犯人は時計だ。



偏差値30の人にも分かりやすいように噛み砕いて説明しよう、
まず時計の長い針が一周すると一時間が経過したということで、ここまでは大丈夫だろう、しかし問題はその後だ、
長い針が動くと短い針が同時に動くわけで、
なんと長い針が一周すると短い針が30度も動くんだ。
するとどうだ、3時間だから90度だ。90度とはつまり直角だ!
ちょちょっ、ちょっかくとは…アレだ、サインとかコサインとかだ!

つまりは短い針さえ動かなければいいんだ!まいったか!


あとこの日記を書くのに二時間以上を費やした。
これはいったいどういうことだ。

ムシャクシャした僕は目覚まし時計の電池を抜いてやった、
ほれ、カチカチいってみろ、ざまーみろ。


だからかな
寝坊して走っている今の僕がいる。
ざまーみろ、ざまーみろ俺。



 

二人が夫婦になる日か、夫婦が二人になる日
2012.02.22 [Wed] 18:22

こんばんは。
今日は2月22日でニャンニャンニャーンの日らしいじゃないですか。
会社の先輩に「飼ってる猫に何かしてあげるの?」と聞かれました。
そうですねー、とりあえずローソクでも挿してみますか………えっ?いやいや、ケーキにですよ!やだなぁ、猫の肛門にローソクなんて挿したりしませんよ「フギャーッ」って鳴くから挿さないですよ、まったく。
あれれー?ローソクの芯だけ飛び出してるなー、と思って抜こうとしたら回虫だったりしてさ、あはっはははは。

糖衣しまでしたおやすみなさい。

 

沈没船が離陸
2012.01.17 [Tue] 11:46

wwwに住む皆さんへ。

今日は重大な発表があります。

結婚かって?

いやいやそれは僕がフクヤママサハルに生まれ変わるまで待ってください。糖衣しまですおはようございます。

ああでも、フクヤマも僕と同じく独身でしたっけ、なぁんだ。僕と同じか、なーんだっ!


で、
あのですね、

実はうちにはもう一人のフクヤマこと、無職のおにーちゃんがいるんですが、なんと、なんとですよ、おっ…おにっ…おにーちゃんが!アババババ、アバルイトを!おにーちゃんが!労働を?をにーちゃんが!アルバイトを!はじめました!


いままで、勤労の義務に逆らい続けたレジスタンスが!
憲法のプレッシャーや大人の自覚や親の涙をもはねのけてきたストロングハートが!
無収入を貫いてモヤシを食べていたあの無職の星が!
無気力時代の先行、ニートの先駆けが!

ああ、なんということでしょうか。いったい彼に何が起きたのでしょうか。



あわてて理由を聞いたら

「や、パソコン壊れたしね」
って

えー!
がっかりだよ!
そりゃ働く理由としてはまっとうだし、悪いことなんか何もないけど、えー!

だって以前言ってたじゃんか、新しいパソコンを欲しがってたときに「パソコン欲しいなら働け!」って僕が罵倒したら、

『働くくらいなら、いらん』
って、超カッコいいこと言ってたじゃんか。


でも、喜ばしいことですよね、祝うべきですよね、やっとまっとうな…まっとうな…なんだ?
今さらまっとうなわけあるか、アホか!何回干支をやってるんだ!
こんなんなら10年前にパソコンを破壊してやれば良かったぜ!あああー。らーららー。


そんなわけでして、
あと、これでうちにいる無職は猫だけになりました。
こら!働け!猫はキリキリ働け!鳴くまで働け!

マリは?マリっころ(猫)はどこだ?

「ニ゛ャー」(くぐもった声)

僕は「またか」と思い、コタツ布団をめくると
すっかりコタツホリックになっちまった猫が、コタツの中でだらしなく伸びながら濁った瞳で再度「ニ゛ャーァァー(寒いから閉じろ)」と鳴きました。

僕は、「けしからん、けしからんな」と言っていたんですが、起きたらなぜかコタツにいました、あああー、なんなんだこの劣性な遺伝子はーらーららーーにゃー。




 

シングルスター
2011.12.24 [Sat] 23:34

世の中が、う…うかれてませんか?

どうも独身の星、糖衣しまです婚晩は。生きてるだけでリア充です。



今日は猫を執拗に撫でまわす日にしたんです。

寝ていた猫を執拗に粘着質に、猫が嫌がっても怒っても手を休めることなく体中を撫でまわしました。

しまいには猫は本気で怒りだして、僕の手を咬もうとするんですが、さんざん長毛を撫でまわしていたために静電気がお互いにたまってて、猫の鼻先で「バチッ」てなりました。猫はひるんで、つらそうな顔をしていました。あああーかわいそうです、かわいそうですねー、何がかわいそうって、俺だよ!
クリスマスイブに猫に咬まれるような行為をしている俺がだよ!


オデン食べて寝よーっと。

皆さんよいお年をー。

 

秋だし下ネタでも言いますか。
2011.10.12 [Wed] 18:10

どうもこうも、フォールもオータムも、秋ですよ。

震災後、どうやら妊婦が増えているらしいですね、
どうせあれでしょ?計画停電による明るい家族計画。
「電気のない国の子沢山」みたいなもんですか。

節電節電、あーはいはい節電ブームね、わかりましたよ。じゃあ俺だってやってやりますよ自家発電を!

あ、糖衣しまですこんばんは。セルフゥエレクト!



世の中は節電にあけくれて、街には妊婦とキンモクセイの香りがあふれて。

切ない季節ですね、たまらない。Mの僕にはたまらない


皆さん、ふれあってますか。

痴漢?
いやいや「痴漢」はだめですよ、でも「痴漢行為」ならセーフです。
(あ、シリトリの話ですからね。)


僕ですか?
ふれあいくらいありますよ。
こないだだってゴキブリとふれあいました。
でも、愛情が重いっていうか、すごくしつこくてね。しかも飛ぶもんだから、僕は我を失って、つい、ね。
「死体はゴミと一緒に捨てました」



さて
今日は秋晴れ、爽やかな天気でした、

今日は実家近くの歯医者に行ったり、眼科で瞳を開かれて運転のできないうろたえた母を迎えに行ったり、母が通うヨガへなぜか代わりに行ったりと。
まあ、色々と活動していたんですよ。

でも、秋だからですかね、
充実している気がしていても、ふと、切ない気持ちになったり、死にたい気分にさいなまれるのはなぜでしょうか。

なぜでしょう、
ねぇ神様、僕のズボンのチャックはいつからあいていたのですか。

(ヨガの最中に、美人インストラクターの前でそっと閉めました)


エレクト!




 

スーツケースキャッツ
2011.09.11 [Sun] 08:17


昨日、東京駅で
片手にスーツケースひいて、片手に猫ケージ(inニャンコ)をぶら下げて歩いているサラリーマンを見ました。

え、なんでなんで。

1、出張で誰もネコの面倒を見てくれないから

2、商談でネコがいると場が和むから

3、ついに彼女の家を追い出されたから

4、おまけにスーツケース内にネコが満杯で、どうしても一匹だけ入らなかった(ニャーニャーフーッ)


えーと
スーツケースが欲しいんです、糖衣しまですおはようございます。

僕は気づいたんです、もしかしてスーツケースって便利なんじゃないかって。
みなさんにもその理由を教えてあげましょうか?

大容量でなんと車輪がついているんですよ、画期的!まるで可搬式のタンスですぜ。
一ヶ所のホテルに拠点をおいて活動する際に、最高に便利じゃないですか!
え、知ってた?100年前から常識ですって?
あーそうですかそうですかはいはい。僕だって車輪が紀元前からあったことくらい知ってますよー。


とまあ、先日の旅行で相方がスーツケースを使っていたのをみて「なんて便利そうなんだ」とクソ重りザックを背負いながら思ったわけです。無駄に汗をかきながら。

いままで僕がグレゴリーグレゴリーとつぶやきながら山用品屋で血眼になってザックを選んでいた20年間に初めて疑問を抱いたわけです。


そんなわけでスーツケースのことばかりを考えている(たまに猟奇的に恋人のことを考えています)

ジッパー式がいいのかワンタッチでガポッとタイプがいいのか、軽さと耐久性の兼ね合いをどうするべきか、保管にすごいスペースをとって邪魔じゃないのか、みんなふだん使わないときはどうしているんだろう、中に恋人でも詰めておくのだろうか。猟奇的!(せめて詰めるのはペット程度にするべき)


ほら
想像してみてください、
世界を股にかけてバリバリ働くビジネスマンの自分を。

「Business?」

「Yes」

税関で係員がスーツケースを開けたら200匹のヒヨコが一斉にピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨ

マイガー、どうしてくれんのさ

 

友達がパンダに対して「あぁ?真っ赤にしてやんよ!」と言っていた。
2011.06.30 [Thu] 07:52


パンダがどれだけ努力しているっていうんだ!

どうもね、働きもしない動物がやたらチヤホヤされているらしいじゃないですか。(うちのお兄ちゃん?いいえちがいます)
なんでですかね、絶滅危惧種だから?

僕だって種が残せないような絶滅危惧種ですよー!糖衣しまですおはようございます、あ、独身です。乱獲してもいいんですよ。


鳥ね、鳥もいますよね絶滅危惧種。北斗神拳の継承者のうちの次男で北斗有情拳をつかう人と同じ名前のあいつね。
あいつはもう仕方がないですよ、残念ですが仕方ない、生きる情熱が本人たちから感じられない。天井に頭ぶつけて死んだり、テンに狩られて死んだり、なんだこれ、トキはまさに世紀末(TOM☆CAT)?脆弱すぎるだろが、この偽物め!アッミーバ!


でもなんといってもあいつ、大熊猫?
え、なに、大っきーの?熊なの?猫なの?
数えかたは匹ですか、頭ですか?
わっかんねーけどさ、「成人男性より大きければ頭、小さければ匹と数える」らしいけど、あいつはなんなんですか匹?匹だろ?このパンコロ!

でもさー、こないだテレビで仔パンダをみたんだけど、なにあれ、かっわいー!暴力ですよ、かわいさの暴力、かわい兵器。笹食べながらバランス崩してコローンて、仲間とじゃれ合おうとしてコロンコローンて。えー。なんて劣性動物。
飼育員が首根っこつかんだら小さく丸まって大人しく箱にいれられたりして、やーらーれーたー、かわいすぎるだろかわいすぎるだろ笹買ってやるよ、柔らかめのオイチイやつを、実家の遺産で笹買ってやるよ。


てなわけでさ、はやいところバイオテクノロジーが進んで、ペット用にミニパンダが開発されればいいのに、仔パンダのサイズより大きくならない種が。大ブーム間違いなし。
それに伴って笹がバカ売れ、笹価格が高騰して先物取引で笹がパンパカパーン。はーい、ミニパンダは我が国固有の種でーす。


まあ、バイオテクノロジーで新しい種を作るなんて業深いよね。
業深い、英語で言うとミッド・カルマだ。ミニマムベアキャット・ミッド・カルマだ。ひゅー、かっくいー!




なんてことを満員電車で考えている、働きたくねーなーって思いながら通勤ラッシュに乗るたび考えている。

あとたまに、「あれー?電車に乗るときって右足と左足どっちからだっけー」って考えている。

どちらから乗るか知っていますか?

正解は「両足同時に乗る」でしたー。

ピョンピョーン!ウサギさんッピョーン!
フライングしてホームからッピョーン!
 

映画が好きとか言ってみたい。
2011.06.17 [Fri] 08:09

『僕、映画って全然観ないんですけど、どう楽しむんですか。』

そう、なんとも答えづらい質問に対して、彼女は馬鹿にする様子もなく、少し小首をかしげてから優しく答えてくれた。


・本と違って受動的だから入っていきやすい。

・わりと、同じ共感を持ちやすい。

・音楽と演技とストーリーの総合芸術である。



ほー、なるほどねーと真剣にうなずく僕に、
ちょっとだけ得意気になった彼女は続けた

「非日常をさ、二時間くらいで体験できるんだよ。そんなこと他にある?ディズニーランドだって本だって、二時間以上かかるでしょ。」


あなたと会うことって、僕の中で、けっこう素敵な非日常なんですけどね


「もー…バカじゃないのぉ?あっ、でも、あんまり頻繁に会ったら、非日常じゃ無くなっちゃうよねー、残念でしたー」
彼女ははにかみながら、言い逃げをしようとしていた。そうはさせるものか。


そしたら、一緒に映画を見に行けばいいんだよ。


彼女はハッとした顔をしたあと、悔しそうな表情でこちらをにらみつけている。

グラスの氷が『カラン』と音をたてた。

どうやら僕の勝ちのようだ。


「映画は、いかないもん」

お、感情的になってきたのかな、困った子だ。


「なんか歌ってよ」


え、なんで、ここで?


「いいから、歌ってよ、あたしのためとかうまいこと言ってさ」


ずいぶんご機嫌ナナメのようだね。落ち着いてよ、まいったな。


なだめようと差しのべた僕の手を、彼女は突然握り、こちらを見つめてきた。


「だって、ストーリーも、アクターも揃っているでしょ。あと『音楽』だけで、あなたとのこの時間が、映画のワンシーンになるの。」


やられた、なんて悪い女だ。
今度はこっちがはにかんで、下を向き、まいった、と言っていた。

一転して、得意げで嬉しそうな彼女を見て、ワンシーンじゃもったいないな、と、くだらないことを考えていた。


僕は手をあげ、店員を呼び寄せ、こう伝えた。


「すみません、延長で」