ぷるぷる

March 17 [Fri], 2017, 22:52

肌のターンオーバーが滞りがちになると、ありとあらゆる肌の老化現象や肌トラブルが起こります。老けて見えるシワ・濃くなるしみ・顔色がパッとしないくすみ・クマ・たるみ・嫌な吹き出物・突っ張るような乾燥など、挙げたらキリがないほどなのです。

アトピー性皮膚炎とは、アレルギーに似た症状と繋がりがあるものの中でも特に皮膚の慢性的な炎症(湿疹等)が出現するもので皮膚過敏症の一種なのだ。

アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)をお薬の力だけで完治させようというのは無理があると言わざるを得ません。習慣や楽しめる趣味などライフスタイルすべての思考回路まで視野を広げたような治療が必要になります。

美白というものは、メラニン沈着が少ない、ワンランク上の白肌を重要視したビューティー分野の価値観、及びこのような状態の肌のこと。大抵は顔の肌について用いられることが多い。

押すと返してくるのが皮ふのハリ。これをもたらしているのは、かの有名なコラーゲン、つまりは蛋白質です。スプリングの役目をするコラーゲンが十分に皮膚を支えていれば、弛みとは無関係です。



美容外科(Plastic Surgery)は、体の機能上の損壊や変形の修正よりも、もっぱら美意識に基づく体の外見の向上を重要視する医学の一つであり、自立している標榜科目のひとつである。

フェイスラインのたるみは不必要な老廃物や余った脂肪が滞留することでどんどん促されます。リンパ液が停滞すると様々な老廃物が溜まり、むくみが出たり、余分な脂肪が付きやすくなり、弛んでしまうのです。

ドライスキンによるかゆみの要因のほとんどは、加齢に伴うセラミドと皮脂の衰えや、ボディソープなどの頻繁な洗浄に縁る皮ふのバリア機能の衰えによって現れます。

湿疹や掻痒に悩まされるアトピー性皮膚炎の主因として、1.腸内や皮膚、肺、口腔内等による細菌叢(フローラ)、2.遺伝的な要因、3.栄養面での要素、4.環境面での要因、5.その他の要素の学説が現在は主流となっている。

皮膚の美白指向は、90年頃からあっという間に女子高校生などに人気を博したガングロなど、不自然なほど極度に日焼けする渋谷系ギャルファッションへの対抗とも取れる精神が含まれている。



リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という造語には、肉体の機能に損傷を被った人のリハビリテーションと同様に、容姿にダメージを受けた人がもう一度社会に踏み出すために習うテクニックという意味が込められています。

アトピーというのは「限定されていない場所」という意味の「アトポス」と言うギリシャ語を語源とし、「何らかの遺伝的素因を保有した人だけに発症する即時型のアレルギーに基づく病気」であるとして名前が付けられたと言われている。

美容外科医による手術を受けたことについて、恥ずかしいという感覚を抱く患者も割と多いので、患者の名誉及び個人情報を冒涜しないように気遣いが重要である。

何となくパソコンのモニターに釘付けになってしまい、眉間にはシワ、なおかつ口角の下がったへの字(この形を私はシルエットが似ているので「富士山口」と呼んだりします)になっているのではありませんか?これはお肌の大敵です。

美容整形をおこなう美容外科というのは、れっきとした外科学の一種で、医療としての形成外科学(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは異質のものである。また、整形外科と早とちりされがちであるがこれとは全く分野の異なるものだ。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アイナ
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sheel7mt1lofin/index1_0.rdf