ウォーキングシューズ

November 13 [Wed], 2013, 12:19
 氈@氈@氈@氈@氈@氈@氈@?

nike 使い方
 ――はるか高空から、眼下の争いを白鯨は静かに見下ろしていた。

 戦場を左右に分けて観察するのであれば、平原を二つに割る戦いはちょうど、天を突くような大木を頂点に綺麗に分断されている。
 どちらの戦場においても、小さな人間たちが魔獣の巨躯に取りつき、その手に握った鋼を突き立て、炎を生み出す石を振りかざし、小賢しく抗っている。

 炎が立ち上り、魔獣の苦鳴が下から届くたびに、空を泳ぐ白鯨は白い霧を吐く。
 戦場に立ち込める霧は眼下の同位存在に味方し、争う小さな存在たちを確実に劣勢へと追いやっていた。

 ちょこまかと動き回る影は時間の経過につれて、ひとつ、またひとつと確実に数を減らしていく。『霧』の中に呑まれ、その存在を掻き消されることで。
nike ジャージ 上下
 全てを呑み尽し、この無益な戦いが終わるのもそう遠いことではない。
 戦力バランスが崩れ出し、瓦解が始まるまで時間の問題だ。

 白鯨が人の知能を持っていればそう考え、自身の勝利を確信したことだろう。
 だが、実際には白鯨にはそのような知能はない。ただ白鯨はその本能に従い、自身が滅ぼされずに済むための、相手を滅ぼし尽くすための行動をするだけ。

 なぜ、そのような判断をするのかなど、獣の本能に問うだけ無粋だろう。
 故に白鯨は本能に任せた判断で、冷静で的確に、獲物をなぶり殺しにしようとしている。

「――――」

 霧を吐き、地上を白く染め上げていく。
 邪魔が入って中断しているが、霧を広げて眼下の世界を覆い尽くさなければならない。それもまた本能の指令であり、そうすることが生きる意味だ。

 そうし http://www.cn-shunmei.com/ウォーキングシューズ-0bftk0-7.html
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shattuckwa
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/shattuckwa/index1_0.rdf