XENO 

2005年05月12日(木) 18時18分
Ye hypocrites, ye can discern the face of the sky and of the earth
but how is it that ye do not discern this time?
偽善者よ、汝ら天地の気色を辨ふることを知りて、
今の時を辨ふること能はぬは何ぞや。

うーんと、ここらへん毎日ちゃんと勉強にも励んでますが、普通にネットサーフィンするのが楽しい。そしてヤフオクも面白い。
普通にいろんなサイトを見るのが、かなり刺激的だってことに気付いてきました。
「ネットの広さ≒世界の広さ」
これ間違ってるか?

学問とは虚栄の別名である。人間が人間で亡くなろうとする努力である 

2005年05月12日(木) 18時16分
太宰治にすっかりはまって、「斜陽」を今読んでるんですがー。
あまり時間がなくてかなーりゆっくり読んでます。
その一節にこうありました。

「学問とは虚栄の別名である。人間が人間で亡くなろうとする努力である。」

これを見たときは、衝撃が走ったさ。なんてその通りなんだろうって思った。さすが太宰!
また、すぐそのあとに・・
「不良でない人間があるだろうか。」と。
こうあるんですよ。そんな人いねんだなぁ・・と。妙に納得できる。
そりゃ、人間なんて何かにつけてふざけてみたりしながら生きてるもんだと思ってきたし。
人が真面目君かそうでないかなんて、その遊び心の大小で決め付けるもんだ。
って思えますよね。
1ページを読む間で、こんなにも輝けるものが生まれる・。それが太宰治だと思います。そして2度目、3度目読むときにもまた違ったものを得られたりする・・。
それ以上に輝けるものが詰まっているはず。

「人間失格」も全てがどこまでも共感できて、人の素晴らしさを最も巧みに表現した本でありました。

ごたごた考えるよりも、腹くくれ!!」 

2005年05月10日(火) 1時35分
その時に胸に響く言葉とかを伝える、その事だけで、その時の自分を伝えるかなりの自己表現だと思う。
本当に何も難しい事はいらないってつくづく思うんですよ。

「ごたごた考えるよりも、腹くくれ!!」
まさにその通りですよね。この言葉、本当に好きだな・・。ハンパに考えて答えがでなくなるよりも、腹をくくった方がいい結果になりそうなもんだ。
全ては単純なんだと言い聞かせたいんですよ。
でも、単純な答えに行き着くには、自分の胸に宿り続けるような答えを得るには、小賢い事を考えていろんな方向に彷徨っていかないと、それに至る経緯を自分で経験しないと・・。
結果得られたものの価値さえも分からないと思うんですよね。
そういう経験があってこそ、深い部分に潜んだ、真の意味が分かると、そんな気がするのです。

余生に宿り続けるものは、「強い」もの、「因果な」ものに決まってる。
一般的で当たり前なものの裏にそれはあったりするものじゃないかと思います。
その「強さ」や「因果」を感じ取るには、やっぱり魂を削っていく事が不可欠なんじゃないかって思うんですよ。

わだかまり 

2005年05月01日(日) 1時37分
最近、感覚が変わってきた。
美的感覚。それをよしとする感覚。
一般化してきたような、大人っぽくなったようにも感じる。あまりいい変化とは思えない。
前、GLAYの曲で至高的で、澄み切ったような曲をよく聞きだしたって書いたんだけど、それはつまり、自分の美的感覚に移り変わりの季節が来たっていう事の表れなのかもしれないな・・。
と思いました。
つまり自分の感覚が変わってきたからなのかなと・・。

でも、自分の中で「変化」という言葉の概念は、「次の対象に移り行く」っていうふうに捕らえられているんですよね。
今の状態じゃいられない、満足できない。もう自分のいるべき場所ではなくなったから、次のステージに移ったんだと見なします。

酸いも甘いも知り尽くしたGLAYの曲達を、ことさらに取り上げて聞く時期がやってくるっていうのは。
感覚が変化したんだと認識すればいいのかなーと。
ALL STANDARD IS GLAY.
今日は、一日中、院試の勉強してました。数学です。やっぱり数学はやってて飽きない!
勉強をするっていうのは、まさにこれが勉強だ!っていうものをやってないとやる気が出ないんですよね。
考え方も単純明快で、やってて勉強してると実感できる教科程、やる気がでる。そう思いませんか??


Way of difference 

2005年04月29日(金) 18時25分
最近、GLAY楽曲のこう、透明で、澄み切ったような、至高な曲を選んで集めて聴くのにはまってます。
中でも「Way of difference」「すべて愛だった」「Together」とかがツボで。
もう、GLAYは酸いも甘いも吸い尽くしたと思ってたのに・・。
まだこんな聞き方があったなんて・・。なおもGLAYに癒される日々があるっていうのは、素晴らしいですね!

どれだけ回りに流されても、思い立ったようにGLAYを聞いていると、僕の好きな、あの感覚を覚える自分がいる。
まさにGLAYを好きになった理由だなと。GLAYを好きになった頃の、いろんなメディアでTAKUROを追うようになった頃に気になって気になってでしょうがなかったあの感覚。
それを忘れないようにしたい。
いつになっても、それに鮮明な感動を受け取っていたい。

人は死んでも悔いのないように生きてるから、それぞれに生き方がある 

2005年03月07日(月) 4時40分
手が震える。ムカムカして気持ちが悪い。胸がバクバクいってる。寒い。
そして頭の中は次々に巡る思いが溢れて、一つを取り上げて整理をするよりも前にどんどん思いが溢れてくる・。
今の器量じゃとてもそれを留められないくらいにどんどん溢れてきて・・。どうしようもない。
不安定になってくる。
これが、いてもたってもいられない状態というのか・・、もう、何もいらない。何も必要ない。
でも、紙と鉛筆があれば何とかなる気がする。
そこに全てを吐き出せば、この衝動は留まる気がする。
でも、何も出てこない。何を吐き出せばいいのか分からない。
吐き出すものが何もないってことだ。

真っ青な青空が見たい。

いろんな人がいるっていうことはどういう事なんだろう・・。人は何のために生きているんだろう・。
人が生きていくってことは、森羅万象にどう関わってくるんだろう・・。
人は最後に何を見るんだろう・・。

日々一日一日に課題を課し、それを遂げ続けていく生活の中で、自分の中に生まれるべくして生まれたもの。 

2005年02月23日(水) 14時41分
16:00/
なんかこう、革命を起こしたい気分です。
何にも目を暮れることなく、何かに向かって走り続ける自分になりたい。

-----------------------------------------------------------------------
2:30/
結局のところ、このサイトの存在であれ日記であれ
それこそ、この言葉を、この思いを誰かに伝えたくて伝えたくてしょうがないんだ!って思えるくらいの表現をしたいんだなと。

-----------------------------------------------------------------------
3:30/
こう、もっと自分はナルシストになっていいと思う。
ていうか、人は謙虚であることは大切だと。もっともだけれども、ナルシストであることの方が力強く生きていくのには大切だなと思って。

力強く世を渡っていくには、謙虚であるという前提の上でナルシストであることだなと。
謙虚でなければならない場面は必然的に存在すると思う。だけど、今の世の中それだけでは潰されてしまうと思う。
でもナルシストって他人の目ばかり気にしてる自分にとっては永遠の課題かもな・・。
「あえて」話を飛躍させると・・
将来の自分の子供が悪ガキであったなら、それは喜ぶべきことなのかもなと。
この飛躍をさせている自分はつまり人目を気にするヤツってこと。
すごくシニカルってこと。そのこともさえ・・ってこと。
ああ・・整理が足りん。また今度!
日々一日一日に課題を課し、それを遂げ続けていく生活の中で、自分の中に生まれるべくして生まれたもの。

GLAYのこの先 

2005年01月21日(金) 18時27分
そして、昨日速攻で買った別冊カドカワを読みきりました。
何かこの本は、GLAYはいいバンドだなってつくづく思わされるだけだった・・。つまり、今までの事を何度も押し出されるようにして説得させられているように感じただけ。
でも、TAKUROの胸中については結構書いてあって、今彼の中では本当に過度期を迎えてて、さらに次の目指すものを見てるっていう感じで。
これから創る楽曲については、これまでのようにはもう作らないと言ってました。
もっと想像力をかきたてる様な、自分のすべてを投影できるような、そんな曲を作るのだと。美しさを求めるのだと。
次のアルバムがすごく楽しみに思っているのだと書いてありました。
そんなTAKUROにさらに尊敬の眼差しで見ている自分と、 実はどこかで0.1%くらい、違和感を感じてしまう自分がいます。
思ったことをそのままが曲に投影されているから、大げさでも、情熱を持って熱意を持って伝わってくるその言葉の一つ一つが好きなのに。
それがGLAYの曲なんだと。他のバンドとは違うよさでもあるんだと思っていたのに・・。
僕はGLAYの曲が聞く人の想像力を掻き立てるために、伝え方を変えてしまう。
もう、分かりやすく強い言葉をとことん重ねていくようなアツイ方法はしないという事でしょうか。
それって、これまでやってきた道とは違うのではないかと思ってしまいます・・。

カテキョの子、もう高校入試本番まで3週間もないのに、最近になって英語・数学の調子が全然あがらないのに不安です。
最近は、かなり熱を入れて教えてるのに、分かってくれてはいるようだけど、変に少し無駄なことが多いのかなんなのかどうも力に結びつかない・・。
こちらとしては、いろいろ考慮してやっているのに・・。
頑張って欲しいです。