OPCWによると、媚薬拠出額は加盟国で最大

February 26 [Wed], 2014, 12:11
日本政府がシリア化学兵器全廃への取り組み支援のために14億円を拠出することになり、辻優駐オランダ大使と化学兵器禁止機関(OPCW)のウズンジュ事務局長が25日、オランダ・ハーグのOPCW本部で書簡を交換した。

 日本は全廃作業の費用をまかなう特別基金に資金を拠出する。OPCWによると、拠出額は加盟国で最大。ウズンジュ事務局長は「日本政府の手厚い支援に対し、OPCWを代表して媚薬感謝したい」と述べた。
威哥王