スイブルスイーパーG2 ワークショップ

November 29 [Fri], 2013, 12:00


それは吸収する力の点から自分の小さな1ガロンの店休暇さえに匹敵しない場合がありますが、15.6vでは、このものはまだそれが自分自身のものであると考えます。
それはおがくずのようなものには大きく作動します、プレキシグラス/アルミニウム・ファイリング、実際に、扱う一般的なワークショップ/世帯残骸(かけら、髪など)の任意の方法、それ、チャンピオンのように。
広告されるように、大竜巻のビットは働きます。部屋は明らかです。また、内容が渦巻き、かつ摂取を明らかにしておくのを見ることができます。
それを空にすることはスナップです。また、フィルタは容易に水の中で離れてすすぎます。
自分が表に出すただ一つの警告は、一定にスイブルスイーパーG2をかけることに直立して時間を得ることを期待することができないということです。
それはあちこちのわずかな仕事には素晴らしく、充電間に日続くでしょう。しかし、あなたがそれを30-60分に直立して使用し始める時、スイブルスイーパーG2は非常に速く流出するでしょう。
同じ以来の否定がすべてのコードレススイブルスイーパーG2に該当するように、自分はこれを言いません。しかし、全くそのとおり、コードレススイブルスイーパーG2を所有していない人々は、何を期待するべきか知っています。