謝罪文の書き方について

  • 2009.05.22 [Fri] 05:21
謝罪文を書くのには、どんなことに気をつければ良いのでしょうか?
例えば、謝罪文を誰に対して書くのか?
どんな事によって書かなければならないのか?
謝罪文を書くことになった背景によって、注意することは違ってくると思います。
謝罪文には、反省の意と具体的にどう対処するかを明確に書かなければいけません。

すみませんでした。
できる限り早期に、壊したものや間に合わなかったものを修復や買い替え、納品、損害賠償をすることを
誠意が伝わるように書き込むことです。
謝罪文は、謝罪する相手に電話で謝罪しようとしても、連絡がつかない、メッセージを残しても、連絡がつかない
そんな場合には、手紙に謝罪文を書いて、送ることもよいのではないでしょうか?
間違いが、あったときに、その場で謝罪しても、許してもらえなかったときなど、こういう方法で、謝罪文の書き方の基本に、則って
手紙に書くことも出てくるかも分かりません。なにせ現代は、忙しい方が多いですから、連絡が取れないということも、多々あると思います。
経営者とお客様、犬などのペットの飼い主との事故、交通事故の加害者と被害者など、人生のいろいろな場面で、一度くらいは、謝罪文を書くことがあるかもしれません。

▲ トップ