結婚記念日(6周年A)

February 12 [Sun], 2017, 11:28
こんにちは
結婚記念日レポの続きです



ショー鑑賞後は、席にもどってお料理を待ちます

テーブルには、メニューカード
名前と日付入りであらかじめ作って下さってます
結婚後、毎年利用しているのでこれももう6冊目


ナプキン、ミニーちゃん型に折ってくれてて可愛い
こちらは結婚式の時の私の席のミニーナプキン当日のことを思い出させてくれてダブルで嬉しい


シャンパンで乾杯して、パンと前菜を頂きます
白くて丸いのは海藻バターですこれ大好き



【鴨胸肉のロースト アンディーヴとナッツのサラダ仕立て レッドカラント風味のレムラードソース】
1品目から大好きな鴨肉が出て感激


【イトヨリ鯛のポワレ ワカメと大麦のカルドソ フェンネルのフォームと共に】
お魚も、食べごたえがあって美味しかった


【牛フィレのグリル 筍ソース セロリアークのピュレを添えて】
柔らかくて美味しかった
そして、「もう少し飲もうか」という話になり、赤ワインを


ワインと一緒に頂くと、お肉がより美味しく感じられました


そして、アニバーサリーケーキ登場
ちなみに席は、今回初めて入った、オチェーアノ一番奥の個室エリアでした。
いつもの丸いソファー席が好きだけど、個室エリアはブッフェエリアから離れていて静かなので、しっとり過ごせました




ケーキには、6周年の文字を入れて頂きました
1年に1回だけ食べられるケーキ

【シュー生地に入ったチョコレートのフォンダンとバナナのカラメリゼ ヘーゼルナッツのアイスクリーム】
見た目も味も楽しめました
シューもチョコレートもアイスも好きなので嬉しかった
ケーキが王道のショートケーキなので、ケーキとギャップがあるのも良かったです


以前はディナーを利用していたのですが、お料理のボリュームのちょうど良さ・太陽の光りが入り込んだ室内の雰囲気・皆さんパークで遊んでいる時間帯なので店内は結構静か・結婚式が昼間だったからより当時の気分に浸れる…などの理由から、4周年以降はランチを頂いています



この後、宴会場エリアに遊びに行きました
近日中に続き書きますので、宜しければまたご覧下さい

結婚記念日(6周年@)

February 05 [Sun], 2017, 14:30
こんにちは
先日、今更な結婚式レポをようやく書き終えたばかりですが、現実では6周年を迎えました
先週、記念日のお祝いをしにミラコスタのレストラン、オチェーアノに行って来ました
パークで遊んだり、ミラコスタに宿泊したりはしなかったのですが、とても満喫出来たので、3回くらいに分けて書いていきますね


まずは、オチェーアノで受付。
「ご結婚記念日おめでとうございます」と、さっそく入口でお祝いメッセージを頂けてHappy
しばし入口のソファーで案内待ち。
窓からパークの様子を見ると、凄く混んでいて…待つの苦手なので、入らなくて良かったなぁとちょっとほっとする

この日はとても運が良く、ショーが見れる時間帯の予約が取れたので、お食事前にテラスでショー鑑賞

テラスからの景色は完全にパーク内食事代込みと考えるとお得かも
しかも、パークでは皆さん寒い中早くから場所取りしている中、レストランチームはショー5分前までお店でぬくぬくしていられるのでとても有難いVIP気分です( ´艸`)








ショーの様子もとても良く見えました
しかも、キャラクターやダンサーさんが時折テラスの方も見てくれるので、この気遣いも嬉しい
ジェラトーニも見れた



ショー終盤には、カイト(凧)や花火も揚げられて、以前のハーバーショー「レジェンドオブミシカ」の内容を引き継いでいるようで興奮しちゃいましたミシカ大好きだったので
あんなに壮大なショーだと知らなくて、見れて本当に良かったです



席に戻る前に、テラスで記念写真
なんちゃってinパーク感( ´艸`)

次回は、お食事について書きますね

当日E披露宴(後半)

January 15 [Sun], 2017, 16:11
 
披露宴の後半は、プロメテウス火山の火を持って、各テーブルへのキャンドルサービス
今はこのシーンにいろいろな演出があるので、キャンドルって昔ながらなのかもしれないけど、プロメテウス火山の火というオリジナリティーが好き
そして、左の写真は、手作りのブーケをよく活かして撮ってもらえたので大好き
小ぶりなブーケなんだけど、この写真だととてもボリューミーに見える
あと、髪飾りも自前です。プリザーブドフラワーをヘアピン状にして、それを使って美容室の方にカチューシャ風に仕上げてもらいました




ディクオーレのプラン上、ゲストと過ごす時間がたっぷり確保出来ないので、後半は旦那さんの提案で余興は無しにして歓談時間をなるべくたくさん取りました。
親戚が多いので、歓談…というか皆で写真撮るのでいっぱいいっぱいでしたが
「主役は食べる時間があまりない」と聞いていたので隙あらば食すそんな一枚( ´艸`)




そしてメインはディズニーの仲間によるショー





直後に花嫁の手紙の読み上げを控えていたので、楽しさあり、緊張ありの時間でした
でも、二度とないだろうってくらい凄い至近距離でディズニーの仲間との時間が過ごせて本当に幸せだった
結婚式だから駆けつけてくれたんであって、それ以外だと個人がミッキーたちを呼べるパーティーなんてほぼ無いですもんねありがたい



花嫁の手紙、新郎の挨拶を終えて披露宴終了。
手紙は、照明が消されてしっとりした音楽が流れた時点で感極まってしまって…文章も拙い上にまともに読めなかったけど、なんとか終わってすっきりお見送り


結婚式のことを何も知らないところからのスタートだったけど、ミラコスタの皆さんや周りの方のサポートのお蔭で素敵な結婚式を挙げることが出来ました。
間もなくこの結婚式から丸6周年を迎えますが、感動が今でも褪せないのはディズニーのパワーだと思う



数年ぶりのFTW記事更新となりましたが、お読み頂いた方、ありがとうございます

当日D披露宴(お子様メニュー)

January 15 [Sun], 2017, 15:58
大人用メニューは試食レポに掲載しているので、お子様メニューを
年の離れた従弟(当時小学生)に堪能してもらいましたむしろ私もこれが食べたかった( ´艸`)


「小さな前菜の盛り合わせ」

パンも可愛い

「牛フィレ肉のステーキ キノコのリゾット添え カレー風味ソース」


デザートパレット

写真に残っていなかったけど、この他に「コーンクリームスープ」と「海老フライ オーロラソース」が。
お子様メニューとは言えど、全6品でしっかりとコース料理になっていておしゃれです


当日C披露宴(前半)

January 15 [Sun], 2017, 15:37

ベールを外し、髪・メイク・衣装を整えてもらったら、すぐに披露宴開始




新郎や主賓のゲストの挨拶が終わると、いよいよミッキー&ミニー登場
こんな至近距離で、自分たちの為に走ってきてくれるというあり得ない状況に緊張(笑)

ウェディングケーキは、本当はクロカンブッシュに憧れていたのですが、外注出来ないのでミラコスタのラインナップから選択。
でもこれとても素敵なんです
ミルフィーユの上に、本が乗っていて、本にはミラコスタのロゴと日にち入り
これをきっかけに、ミルフィーユが思い出のケーキになりました
このケーキ本体はフェイクとの事ですが

披露宴後半で、1ピースごとに提供されるので、あのケーキをカットしたように見える演出




ケーキカット後。
これは母が撮ってくれた写真です
ドレスの表情も良く出ていて、ミッキーたちとのバランスも良いお気に入りの一枚


このあとそれぞれの母と中座し、お色直しです



当日Bゴンドラウェディング

January 15 [Sun], 2017, 14:43
挙式の後は、すぐに外=ディズニーシーのパーク内へ
このゴンドラウェディングは、私がミラコスタで式を挙げたい理由の1つでした。


屋外アトラクションを利用するセレモニーなので、雨天や強風時には中止。
そして別日に振り替えということが出来ないのです。
そんな中、天気予報は雨
「曇りでも良いから、なんとかゴンドラウェディングの時間までもって」と祈る気持ちでした。

当日は良い意味で天気予報が外れてくれて、まさかの晴れ!!
1月下旬なので寒いことには寒いんだけど、無事にゴンドラウェディングが出来た喜びと、外に出来る時に着せてもらったケープのお蔭で寒さを感じなかったことを覚えています


私たちの為だけに用意された、可愛いお花とハートの飾りで装飾されたゴンドラに貸し切り
そしてすっごい注目を浴びました( ´艸`)
目立つことは何もしてこなかった人間なので…この状況に地に足がつかない状態でした(笑)




ミラコスタを背景に。
イタリア旅行をしているようで、この眺め大好き



プロメテウス火山側のショットは旦那さんリクエスト。
実は打ち合わせ当初、こちら側は補修作業が入る期間で、クレーンとかが映り込んでしまうと思うから綺麗な写真が残せないかも…と説明を受けていたんですが、なんと工事が予定より早く終了し、無事撮れました
この眺めだとまさに「ディズニーシーだー」って感じですね



悲願のゴンドラウェディング実施が無事に叶い、ほくほくしながら披露宴会場へ移動

当日A挙式

January 15 [Sun], 2017, 12:41

これは挙式直前。
当時の私は本当に結婚式の知識が乏しくて…「ベールはお母様に下ろして頂きますか?」と介添えさんに確認され、「え、そういうもんなんですか」とパニック
成り行きで母にベールダウンしてもらいました。
ペールを顔の前に持ってきてもらう…ただそれだけなんだけど、これをやってもらった瞬間に嫁ぐ実感が湧いてなんとも言えない気分に。


挙式は、神父さんもといポルトパラディーゾ市長さん(笑)→新郎が入場し→続いて私・父・ベールガー
ル(お互いの親戚の子が引き受けてくれましたこの子たちも、もうすっかり成長してます
この入場もルールはなくて、父親・新郎・一人で…選択肢はいろいろあるみたいです。
父とは手を繋いだりするベタベタの仲良しでもないので、父との入場は考えて無かったんですが、母に相談したら「お父さんと入場する場合が一般的だし、お父さんも喜ぶだろうから嫌じゃなければお父さんと入場が良いんじゃない?」と言われ、「そういうもんかー」と父にお願いすることにしました。

これは、父との入場にして良かったです。
嬉しさもあり、こういうのも最期か…と寂しさも感じ。
ベールダウン効果を引きずってたので、涙が沢山流れてしまいましたが



指輪交換の時…最初間違えて右手を出してしまいました( ´艸`)
でもそれでちょっと笑えて緊張がほぐれて、楽しそうな写真になってました


この写真は、この日のおひさまがもたらした奇跡の一枚だと思ってます
ステンドグラスと後ろ姿が綺麗に反射して床に写っているんです
こういう現象が起こるって思ってもいなかったので嬉しかった
でも夜になるとまた別の表情で、それも好き
このステンドグラスは万能( ´艸`)


人前式オリジナルの願いの水のセレモニー
このイベントを挟むことで、私たちが楽しんだのは勿論、会場全体に和やかな空気が流れた気がしました

参列者の全体のお顔がわかる写真は顔隠しが大変なので、挙式写真はここまでにしておきます。




当日@前撮り

January 15 [Sun], 2017, 11:59
ご無沙汰しております。結婚式を挙げたのは2011年1月。で、今は2017年1月
今更感が否めませんが、折角途中まで記事を書いていて、なんだか時折「ブログの続きどうしよう…」と自分でも気になっていたので、軽く当日の写真とコメントを残して、FTWのことちゃんと完結させようと思います。

私の場合、FTW花嫁さんとの交流も少ないですし、詳しい情報を上手に掲載している方は沢山いらっしゃるので、自分の日記として軽く書きますね


まずは、当日の結婚式前の前撮り。(現在はパーク内で前撮り写真が撮れるオプションメニューもありますが、当時まだそれが無かったので、宴会場エリア&エントランスでの撮影)

これは旦那さんがカメラマンさんにリクエストしていたショット。
この場所は、噴水の両サイドが道路なので、「車がいたら撮れないから当日次第です」と言われていたので無事に撮れてラッキー




これは宴会場エリアの長廊下
立つ位置もポージングも、カメラマンさんが指示してくれるので安心
私が着た「リチェルカーレ」はトレーンが短いので、迫力はあまり無いのですが、この撮り方は目一杯ボリューム感があってお気に入りの一枚

アップ(笑)
このショットでは、ヘアスタイル・クラウン・ブーケが強調されていてこれも大好き
ヘアスタイルはこのように、ミッキーヘアにしました
ウェディングドレス着用時のヘアスタイルは、もっとしっかりとまとめた正統派スタイルにするべきなのかなと不安だったんだけど、思い切ってしまいました( ´艸`)
ウェディングでこういうヘアスタイルの花嫁さんってあんまりいないと思うので、特別な形に出来たなーと満足しています
母には「ある意味王道を貫いたわね」と言われました(笑)
奮発してレンタルしたミッキークラウンも、このスタイルだととても収まりが良かった( ´艸`)












声優になる方法

March 25 [Wed], 2015, 10:55

もう一度、声優としての修行を

March 19 [Thu], 2015, 22:56
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かよっぺ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 職業:その他
読者になる
お芝居について 東京アナウンス学院・日本ナレーション演技研究所で勉強していました。これからもお芝居を学んでいこうと思ってます FTWについて 2011年1月29日 東京ディズニーシーホテルミラコスタに於て。挙式から数年経過していますが、思い出をゆっくりUP中です 日常生活 猫のロロの事(メインクーンの男の子)など
P R
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
Yapme!一覧
読者になる