カシュガルからタシュクルガンへ

September 29 [Sat], 2012, 18:47
カシュガルからタシュクルガンへ

中国国境付近の町、タシュクルガンに今日は向かう。

朝、国際バスターミナルへ行き、チケットを手配。
バスが運行になることも多々あるとの前情報もあったのでちょっと心配だったけど、運行しているとのこと。
よかった。
しかも、あと30分で出発、とタイミングもいい。
ラッキー

バスといってもマイクロバスだ
ちっちゃーい

しかも満席で、私は運転手横の補助席。
シート固いし、背もたれないし
でも眺めは良い  はず。


乗客のほとんどはウイグル人




所要時間は6-7時間

1時間ほど走ったあたりで、出店らしきものは並んでる通りが出てきて、
そこで休憩(?)
運転手さんがランチをとりたかったのだろうか。
ランチにはちょっと早いけど、この先多分何もないと思うから私もランチにしようっと。

デカい鍋に入った美味しそうな炒め飯なるものがあったので、それを食すことにした、
zhua fan(抓飯)というらしい。



これがめっちゃ美味かった
ここでこのzhua fan(抓飯)がやみつきになり、この旅の間、何回も食べたが、ここのzhua fan(抓飯)がピカイチ美味しかった。
値段も通常の倍額以上したが(ぼられたのかもしれないがw)、倍額の価値アリ。

ラムチョップは柔らかくてジューシー。
飯も羊肉の出汁がしみ込んでいて味付けも絶妙




ごちそうさまでした

さあ、タシュクルガンに向けて再出発

道はガタガタ。補助席は両足でしっかりふんばっていないと飛ばされそう。
途中何カ所か崖崩れがあって、脇へ迂回させられるが、それがヒドイ。
道とは呼べないどころか岩や石むき出しの、パンクしそうな道じゃない道

だんだんと標高があがってくるのが分かる。
空気が薄くなってるし気温も下がってる。







ここはチェックポイント。


皆バスから降りてIDかパスポートをチェックされる。
武警が銃を持って見張ってる。
なんかみんなスゲー感じ悪い。

このポイントでは写真を撮ったりすると消去されるらしい。
知らずに写真を撮ってた私に運転手が車から「写真撮るな!」的なことを叫んできた。

無事パスポートコントロールをパスし、バスに戻る。

山がきれいだ〜
この寒さ、けっこう標高たかいな〜






暫く走ると湖が見えてきた。
淡いブルーでめっちゃキレイ



チベットのyamdrok lakeみたい

ん?道路が湖に堕ちてる。。。




湖じゃなくてダムなのね。
それにしてもキレイ

さらに走ると、今度は本物の湖が見えてきた。



これが有名なkarakul lake(カラクル湖)だ!

天気良かったらもっとキレイなんだろうな〜

ここで数人の漢人が下車。
周りに宿らしい家があるし、多分バスは1日1本だから、ここで1泊するのだろう。


ここで補助席から普通の席に昇格。
快適
あと2時間くらいで到着かな〜








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:miomio
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/shanghailife/index1_0.rdf