念の為 

March 25 [Tue], 2008, 16:04
こっちに日記を短期間移しますから
↓↓↓↓

http://www.enpitu.ne.jp/usr10/107322/
上の
アドレスをコピーして
上のアドレスバーにペースト(貼り付け)して
enterキーを押してくれたら
ジャンプしてあたいの日記へ移動
してしまいます!!

親友T子へ 

March 04 [Tue], 2008, 20:42

今日届いたんだ!
元気出てきた!!
ここの所ここblog休みがちだったのは
ママさん網膜剥りった翌日に彼氏が
腎臓結石で入院(丁寧に両サイド1.5cmの結石が1個ずつ)
猫たんの病院に1日おきに行ったり・・・・
自分の事が出来なくて・・・・
明日から少し余裕が出てきそう!!

んで↑猫たん!!
太りました!!太りました!!
腎臓の薬(コバルジン)と抗生物質を投薬しつつ
2日に1回の皮下注射で
余命2週間から2ヶ月目にして

2.92キロを先日記録
その後は2.8キロ後半〜2.9キロ前半を行ったり来たり
ちなみに↑の写真は
あたいのベット
そう・・・・猫アレルギーの結果が出たあたいの部屋とベットに
来るようになってきた猫たん・・・・
でもねえ
何だかあたいにとって
両親とか親戚とか親友とか戦友とかと同じなんだ
例えば大袈裟だけど
うちの猫たんには最高の医療を与えたいと思うし
でも人間ほど医療が進んでないけど
獣医さん方々の努力で色んな薬
色んな知恵
色んな手助けでこの子を始め
世界中のペットと言う名前の家族と共に過しているんだと思います
きっと
善良なペットと言う名の家族と共に過している
人間と言う名前の家族の一員は
皆そう思っていると思う

な、位猫たんと生きて行きたいんだよね
アレルギーは完治しないって言います
そうあたいはもう13年目
酷くなって数ヶ月だけど
猫たんと寝食共にして今の所発作でてませぬ

出来る限り一緒に生きていたいな


あたいなんかね感激したな
勇気が湧いた
近日お返事するね!!
有難う!!T子!!!

不安 

February 12 [Tue], 2008, 6:21

後姿でお解りの通り寒いのだ


お姿で解る通り甘えたいのだ

一匹は病猫 一匹は甘え猫
一体 彼女と彼は何時も裏腹 気が・・・・間が合わない
お互いに譲り合う事を存じ上げないのだ
彼女は彼に甘えっきり
彼は人の彼女に甘えっきり
甘え猫後をたたず・・・・だな

再起 

February 06 [Wed], 2008, 22:19

本日2日に一度の皮下注射の日
先生にお願いして体重計測!2.5キロ以下だった約1週間前から↑UPして

2.84キロ
奇跡が起こり始めていると信じてしまう
腎臓管理限定食とコバルジン(腎臓薬)を混ぜてもコバルジンに香りと味が無いため
意外と気安く食べてくれるのが良いのかな?
しかし抗生物質だけは二人がかりで直接口頭投薬継続なり

今週末にもう一度体重を計ってもらおうかな
一緒に頑張ろうね

多謝 

February 05 [Tue], 2008, 6:55

嬉しいBDプレゼント有難う!!某様より!!かなり嬉しい
嬉しすぎて未だにオブジェ化してます何時の日か!!今は香りを楽しむ!!
ああっん!欲しい・・・いや我慢だろうかと思っていたのに!!
MODEL気分で使って浸かってみたい!!


某様よりBDプレゼント!!可愛すぎる!
かなり〜嬉しい!しかもブレスRDと間違えるあたいとママさん装着完了後に
教えて貰うあたい!!願懸けの為只今一点物ピアスのパールさん、オソロで
きちんとネックレスとして装着中かなり付け心地が良い為入浴前の確認を怠らない事


某親友よりBDプレゼント!!あんっ!可愛い!!
早々にあたいのリップお直し用ミラーとしてバックイン!
早々より実用実践中!!有難う!!
どうして欲しい物をこうも!!!

皆な大好き!!有難う!!

看病 

January 30 [Wed], 2008, 6:43


【♀16歳 あさり】
   退院当日の彼女を激写する

少し前から
飼い猫たんの様子がおかしいな・・・
とママさんと話しをしていて
今日こそはと
現状を診察して貰うために
猫たん【♀16年目突入名称あさり】
を病院に連れて行きました
血液検査して
暫し待って

腎臓疾患で
もう先が長くないって・・・
告知して欲しい時は
私から「先生この子は後どの位?」
と聞いて
出来たら私達家族の心の準備を
せめてさせて貰いたかった・・・けど
この子は長生きしてる充分!と言う先生の診断だったのか
あっさりと
先が・・・なんて言われて
泣きそうなのを必死に堪えました
「ここ2週間がやまだ」
だって本当に泣きたいのは
猫たん♀だろうから
言葉も解んないだろうから
自然に解っているのかもしれないけど
いや猫たんは本来死と言う概念が備わってないとも聞いたが
そうなのだろうか・・・・?

実際これから

1日おきに病院へ皮下点滴につれてって
病気専用食に切り替えて
水分補給を充分にさせて
投薬投飲食させて

病人が病猫たんを看病します

正直 もう少し早い事病院に連れて行くべきだったと
後悔してやみません
病院の先生曰く
【♀16歳あさり】の腎臓は略正常機能を果たしてなくて
80%が不能20%で機能を果たしているらしいのだから
これが全治する事が無く
予断を許さない状況なのだと言う事だったから・・・
猫たんの気持ちが解れば
泣き声が理解出来たらどんなに確実に
訴えを実行してやれるのだったろうに・・・
後悔するんだ・・・
大体猫たんの様子がおかしいと気付いた時には
大半は血中検査で大分悪い状態になっているのが現実らしいのです
人間同様猫たんも健康だっても年4回位少なくても年2回は
血液検査などのメンテナンスをせねば
長生き出来ないんだそうだ

折角16年連れ添ってきたのにね
でも
この子今迄数々の奇跡を起こして
波乱を打ち勝って来た子だから
今回も一緒に頑張ろうね
押し付けがましいようだが
あたいはそう思う事で
本気で猫たんも私も救われたいと思っているのだ

猫たんの点滴デーは2日に1回あたいが病院へ連れて行く
(月曜日は母上同伴)
朝から支度にそわそわして
自分のマニュアル車に
カゴ乗せてその上に猫たん乗せて膝掛毛布で
覆って病院迄15分〜20分位かな?
点滴10分(皮下注射だから速いのだ)
猫たんは本当元気無かった
ご飯ももはや口に入らず
こたつの中でジッとしとる
水すら飲まない
濡らしてあげても飲まない舐めない
現実を受け止めなくてはいけないのだが
一人で診るのはやはり辛い
まして
もう1つ失いつつあるもの迄
とうとう失ってしまった(あたいのお仕事ね・・・)
人間限界があるけど
今本当最下位地点だな
しかもイースタン・ウエスタンリーグの
(日本の野球的に言えば)

先の見えない事が本当に
こんなに不安なのか?
と 最近いや今週頭から思って
その思いを拭えないでいる自分がいる

もう泣くだけ泣いたから後は進むだけ
じゃなくて
進む前に
私・・・・立ち止まってる
勿論猫たんの不安もあるけど
自分の持病の不安もある
自分の今後の不安もある(定職につけるのか???)
不安が無いと言えば嘘になる
でも
進の少しだけ待とうかと思う
んでもう少し立ち止まって
猫たんに付き添いながら
あたいも持病と向き合ってみようと思う

これがどう言う結果になるかは不安だ
先の見えない事が不安だから
でもそんな選択が出来た自分は
昨日より成長出来たんじゃないかと思う

そう思いながら猫たんはどんどん体重すら減っていく
病院でも最後宣告での入院を勧めて貰い
3日間入院点滴
これで血液検査で良い兆が見えなかったら
いよいよ覚悟を決めておかなければならない・・・
祈りながらお気に入りの毛布と籠を預けて
お別れする・・・

あっと言う間に3日経って

今日は猫たんの退院日
病院に午前中電話をしておいて
お昼から伺うのだ

先生の一言一言に気絶しそうになりはしたが
しかし
頑張ったうちの猫たん
左前足を点滴の為に毛刈してた為
見た目は若干痛々しく見えるのだが
先生曰く

数値が下がっているとの朗報
食欲が全然ないのが不朗報
入院部屋から出て来る籠に入った猫たん
看護士さんに籠ごと連れてこられる猫たん
大好きなカゴベットに座り
「にゃ〜ん!!にゃ〜ん!!」
意外と元気なご様子
数値変動で良い兆があるものの
意外と小康状態を保っているのだ
もしかしたら行けるかもしれない
「この状態を保てれば良いですね」
先生の希望的な言葉が最後に身に沁みて
泣きそうになるのを堪えるので一杯だ

もし回復するのであれば
定期健診と体質改善を試みねばいけない
腎不全は完治しない
数値が変動したとしても
根本的に一度壊した腎臓は全回復しないらしい
しかし全回復しなくても
生きて行ける事もある
いや実際に生きて行く猫たんも多勢いるのだ
だから日頃の体質改善は必要なのだ
うちの猫たん【♀16歳あさり】の腎臓は約80%が不能
残りの20%で辛うじて生きている


家の中で住まう猫たんは現在医学の進歩と環境で
長生き出来るようになってきた
だから今回も奇跡が欲しいと願う
今までに死に際を引き取り最後を見取るつもりで引き取り
病院で処置して難を逃れ
目の前で車にひき逃げされ足傷と尻尾の損傷で更に難を逃れ
数年に渡った眉間額辺りの原因不明の蓄濃で骨に穴を開けて
抗生剤で更に更に難を逃れて
今日迄一緒に懸命に生きて来た
生きる事に関しては強運の持主なのだ
だから今回もその強運を見たいと
飼い主なら誰でも思う
そんな気持ちで溢れてるあたい

何故ならあたいも地味に
いつ完治するか分からない蕁麻疹と気まぐれに出る喘息に
悩んでいたから(それで無職になったのだが)
生きる事に貪欲な猫たん(そもそも死の概念は持ち合わせないと言うが)
本当だろうか?少なくとも
猫たんだって人間だって生きる事に貪欲だろうと思う
だから医学は進歩するし
人は病院に行きたいと思う
健康保険だってあるじゃないか
少しだけ不器用だが
あたいは何時だってそんな思いと格闘してきた

美味 

January 27 [Sun], 2008, 3:34



何より美味しかったし
何より美しいかったよ


幸せだな
あたい 凹んでいたんだ
先が不安で見えなくてもがいていて
有難うはーたん
先が見えて来そうだ
行動出来そうだ

私のバイブル 

January 16 [Wed], 2008, 23:30


嬉しい・・・・
首都で頑張る親友とーこ!!に
紹介して貰ったバイブル
「言志四録」!!
地方地元の紀伊●屋にも置いてなかったけど
価格も良い具合にしたもんで
無職と成り果てたあたいには
手が届かないのかな?
なんて・・・・

凄いよね●天ポイントで
タダでお買いあげしちゃって
今日届きました

そしてブックカバーは
入院中にダー(彼氏だが)に
買って貰ってどれもこれも
サイズが合わなかった一品
いたたしてたが此処で役目を貰えるとはね
有難い事です

今後のあたいの人生の中での
バイブルの1つになるのです

働く事 生きる事 生活する事 人としての責任
これには教訓として書いてあるものが
もはや教訓を超えて
言葉の重さを教えてくれる
言葉は重い
だから言葉を紡ぐ事は
その人の人となりを見せる事になるんだな

凄い本を紹介してくれた親友とーこ!!有難う!!
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:shalom玲志
  • アイコン画像 趣味:
    ・お酒-bombaysapphire激愛
    ・音楽-Alicia Keys好き
    ・ファッション-model Shalom Harlow love
読者になる
2008年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧