相続についての相談は誰にする?

June 22 [Wed], 2016, 8:41
相続についての相談を誰にするか迷っている方も多いかと思います。
弁護士に相談すべきか、司法書士にすべきか、税理士にすべきか。

やはり相談する上で一番頼りになるのは弁護士で間違いないでしょう。
遺言がない場合は特に相続人間で財産の分け方について問題になることが多いのが事実。
調停や裁判などになった場合には、弁護士でしか代理人になることはできません。
揉め事がある場合には弁護士があなたの力になってくれるでしょう。
また、借金、ローンなどのマイナスの遺産がある場合にも弁護士に相談できますし、遺言書はあったとしても、その遺言書の内容に納得出来ない場合にも、弁護士にお願いすることで解決の糸口が見えてくるでしょう。
どんな悩みでも対応できないものはありません。

相続で必ず絡んでくるもの、それは税金。
税金に関しては、税理士に相談する方がいいと思う方も多いでしょう。
また不動産の登記手続きが必要になるケースも非常に多くなっています。
不動産を相続する場合には必ず名義の変更を行わなくてはなりません。
この名義変更は司法書士の仕事になります。そうなると、それぞれの専門家にお願いした方がいいのでは?
と思うかもしれません。

しかし最近では弁護士にお願いしたとしても、それぞれの業務に特化した税理士や司法書士と連携しているので、そんな心配も不要です。
信頼できる専門家を紹介してくれます。

もし遺産相続についての悩みがある場合は、無料相談を受け付けている弁護士もいますので、一度相談してみてはいかがでしょうか。
相談することで、信頼できる弁護士かどうかも知ることができます。

遺産相続に強い大阪の弁護士に無料相談しませんか
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:虎
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる