大熊で村さん

August 06 [Sun], 2017, 9:08
転職をするのが看護師の場合であっても、違う職種へ転職しようと思う人も少なからずいるでしょう。



けれども、努力して看護師の資格を取得したわけですから、その資格を活かすことのできる仕事を探したほうが良いでしょう。
全く異なる職種だとしても、プラスになるところは少なくありません。
頑張って得ることのできた資格ですから、利用しないのは損です。本来は、看護士も看護師も同じ職業のことを言います。
どの点が違うかというと、男性を以前は看護士、女性を看護婦と位置づけるように性別で分けて称していたものです。最近は、男女両方共に看護師と統一して、呼ばれています。実際、看護師が転職する理由は、人間関係といった人が多くいます。



女性の多い職場ですし、ストレスが多くあることもあって、人間関係を面倒と感じる人がかなりの数いるでしょう。その時、パワハラやイジメが転職しようと考える理由という人も存在します。大変な環境を耐えて働いてしまうと、健康を害してしまいますので、すぐに転職した方が良いでしょう。子供のころから看護師になるのが夢だったのですが、家庭の事情があって結局OLになりました。しかし、看護師になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。転職して、無資格で医療関係の仕事に就くということも出来たのですが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、医療施設で看護助手として勤めながら資格を取ることが出来る事を知りました。


諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。
たいていの場合、看護師の人間関係は良くないということも、しばしば言われるようですが、どうやら、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。女性は協調性に優れていることもあって仲間同士で固まりやすく顔を合わせる度に、娯楽として誰かの悪口に励んだりもするでしょうし、どうやら女の人ばかりの仕事場では、そういったことは多いようです。
日常的にそんな環境に接しているとやはり良い感情を保ち辛いかもしれないのですが、それもこれも、ただ職場に女性が多いからであり、そのことはわかっておけば、冷静でいられるでしょう。

看護師の仕事を退職したいと考えている人は、実際にすいぶんな数になっているといえます。最大の理由としては、厳しい労働で体調が悪くなってしまったり、給料に満足していなかったり、複雑な人間関係で精神的に切羽詰ってしまったりといったことが多いです。
基本的に、看護師は医師の指示で医療行為を行う場合が多いですが、単純な医療行為であれば、医師の指示がない場合でも遂行ことができます。それなので、老人ホームやその他の福祉施設に看護師の方がいれば、非常に心強いと言えるのです。


早期に、辞めてしまう看護師は割と多いです。女性の割合が高いため、人間関係がこじれてしまうと、修復することが難しく、看護師は再就職が難しくないことが関係しているのです。違う仕事と比べると看護師は再就職が容易ですから、希望労働条件と著しく違う場合、退職し、違う病院などに転職する人もたくさんいます。



毎日、看護師として頑張っている中、嫌なことや辛い目にあうことも多くなります。
楽ができる病棟はどこだろう、と考えるようになってもおかしくありません。全体的に見て、比較的忙しくない診療科としては、残業の少なさから、精神科、眼科、整形外科などがピックアップされるようです。
しかしながら、医療機関の種類や、重症度の高い患者さんの有無などの要因によっては、ハードさの度合いは違ってくるはずです。端的にいって、正看護師と準看護師の最も違うところは資格の有無です。国家試験で、正看護師の資格を取らなければ、正看護師にはなれません。
一方、準看護師は、資格が与えられるのは各都道府県の知事からなのです。準看護師から正看護師に向かって指示するということは不可能で、看護師長などに昇格したり、指導をする立場にも立てません。
世の中看護師への求人は多くありますが、希望通りの求人が絶対にあるとは限りません。看護師資格を所持している方で就職ができさえすれば良いと思っている方は少ないでしょう。

できる限り高収入で職場環境も良く夜勤のないところで勤務がしたいと考えている方が多いものです。望んでいるところに転職するには、情報収集することが最重要になってきます。

看護師は患者の治療に関することに限らず、身辺のお世話まで、しています。


クリニックで、ナースほど忙しい方はいないだろうと感じます。


だから、忙しい看護師さんの仕事の中味に合った待遇にしてもらいたいものです。



一般的に、同じ病院で長く勤めて実績を積んでいくと出世していきます。

具体的には、婦長と聞けばその役職も想像がつきやすいですが、他にも階級ごとにいくつかの役職があります。



昨今の看護師不足の影響で、看護学生やパートの看護師も増加しているため、資格を持った正看護師という地位も上の役職であることは理解できると思います。当然ですが、役職がつけば収入もアップするでしょう。修学旅行やツアーなどに出席し、怪我や病気の応急対応をしたり、病院を探す看護師もいます。主婦として子供を育てながら働いている人は週末は休暇を取ることができたり、日勤のみの職場を最終的なゴールにしているものです。



病院以外で看護師として働くには、それぞれの場に応じた専門的知識を習得している認定看護師や専門看護師の資格を所持していると、雇用されやすくなります。


基本的に、看護師は患者の方の命に影響を与える仕事をしているので、かなり精神的に疲労します。
だというのに、あまり高給とは感じられない給料でがんばって仕事しているのです。そのような看護師の仕事に対するモチベーションをアップさせるためにも、給料を上げてほしいと考えます。

医者がしていたことを看護師の方が行うようになり、仕事内容が多様化しています。
相次ぐ患者の急激な体調の変化への対応に追われながら、注射や点滴、カルテの整理や記録なども行い、休日も取りにくく、帰宅できないことも増加しているようです。

結婚、出産をした看護師にとっては、家事や育児にプラス仕事は、つらいものがあります。


ますます仕事を辞める者が増えてしまい、看護師不足は解決できません。


たくさんの人と出会える街コンですが看護師の中でこちらに参加をする人というのは多くいます。職場では女性が多数で、男性との出会いというものが少なくて、結婚したいと思っている看護師をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。


街コンにおいても、「看護師」という仕事は人気が高いです。けれども、もしも新しい出会いがあってもお互いの休みが合わなかったりと上手くいくケースばかりではないのが現実です。
看護師を題材にしたドラマがよくありますが、あの様にはいかないのが現実なのです。



普通の業務だけでも多忙を極めるのに、実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、仕方なく残業することも日常茶飯事です。



けれども、もし忙しくて疲れがたまっていたとしても、常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。直前まで愚痴を言っていても打って変わって笑顔になるのです。
看護師はさながら女優だなと感じます。


引く手あまたの看護師は就職しやすく、さらに転職に際しても簡単なことが多いです。することはまず、求人を探し、転職希望先に履歴書を送ります。

履歴書による書類選考に通ったら、多くの場合は面接という形になるでしょう。ここで、経験してきた職務であったり、従事してきたことなど話をすることになります。

しかし、実はそういう技術や経験についての話と同じくらい、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分も見られています。
仕事上の能力や技能はもちろんですが、人間的な魅力などもアピールできると、とても有利でしょう。


看護師が転職するときに大切なのがやはり、面談です。面接の時に、看護師が尋ねられることが多いのは以前の病院での業務内容について、以前の病院を辞めた理由、転職したら、この病院でどんなことをやりたいと思うか、また、自分の看護に関する価値観などでしょう。

言葉に詰まることなく、しっかり説明するためにも、面接の前に準備しておいてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:モモカ
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/shaietknptemry/index1_0.rdf