つーじーと井上堯之

January 02 [Mon], 2017, 10:57
今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。
具体的には、普段の食事に加えてよりたくさんの葉酸を摂るよう厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。
なぜかと言うと、必要な量の葉酸を摂取することで、胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。
サプリメントによる補給もおススメですが、添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。
ですから無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事を大事です。
妊娠をきっかけに栄養指導を受けたり、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。
こうした場で、葉酸を多く含んだ食材についても説明を受けたのではないでしょうか。
葉酸がどのような食品に多く含まれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。
もちろん、野菜も代表的な食品の一つです。
食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が熱に弱くその大半が失われてしまうという葉酸の特性を承知の上で、摂取するようにしましょう。
葉酸には、胎児の正常な発達をサポートをする働きがありますので、妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントによる葉酸摂取が一番良いですね。
サプリによる補給はお手軽ですが、飲むタイミングによっては思わぬ副作用を発症することもありますから、注意が必要です。
葉酸サプリメントの効率的な摂取のためには、食事の後、30分以内にサプリを飲むようにするのが良いでしょう。
通常に食事によって摂取した栄養素との相互作用が働くことで、葉酸の働きが活性化します。
反対に、胃が空っぽの空腹時に葉酸サプリを摂取してしまいますと、胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。
ですから空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。
葉酸についてですが、今では産婦人科においても、摂取が勧められているほどです。
病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。
ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方も多いと思います。
もし、こうした方法で摂取をしていなかったとしても、問題はありません。
葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でもほうれん草などの青菜類や、肉類にも入っている栄養素なのです。
ですから、普通の食生活を送っていれば、ある程度は摂取できるのです。
近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、胎児の健やかな成長を促し、先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が明らかになりました。
このような研究結果から、妊婦が葉酸を積極的に摂ることを厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリに代表される補助食品のうち、いくつかは特定保健用食品指定のものがあります。
こうした食品は妊婦が利用しているケースもよく耳にします。
妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。
細胞分裂が行われる、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症する危険性があります。
受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊活中から妊娠3か月の期間、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。
基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が推奨されています。
ところで、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は要らないのかと言うと、そうではないのです。
赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを下げてくれるという意味では、妊娠初期が最も注意する期間ですから、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。
妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、どれだけ大切な栄養素だからといって、摂取量に気を付けてください。
これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、普段の食事で摂取できる葉酸に比べて、遥かに多くの葉酸が含有していますから、サプリでの摂取は、定められた用法を守るようにしましょう。
葉酸が過剰に体に蓄積されることで、母体には吐き気や食欲不振といった副作用があらわれることがあるそうです。
それに、胎児は喘息にかかりやすいという話もありますから、過剰摂取は禁物ですね。
妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を自然な食べ物を通して摂取しようと葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性も多いと思います。
しかし、実は葉酸は熱に弱いため調理のために加熱することでどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。
一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が足りていないかもしれません。
一般的に、妊娠中は当然のこととして、妊活期間から十分な摂取が求められる葉酸なのですが、普段通りの生活を送っていると、摂取が不十分になってしまう、などの困りごとが出てくることもありますよね。
そんな不安を解消してくれるのがサプリです。
葉酸サプリであれば、普段の食事を変えることなく気軽に摂取できるため、継続的な葉酸摂取も容易です。
ですから、食事での葉酸摂取に不安がある方も心配の必要が無くなります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:マリア
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/sh4vrstli8fale/index1_0.rdf