理解不能 

September 16 [Tue], 2008, 8:20
私の事嫌いなんだよね?



だったらなんで足跡残すの?

私どうでも良い存在の人や大嫌いな人には足跡すら残したくないから


理解できないなぁ


まぁ、名前見たら笑いでるし
笑わせてくれてるんだろうけど
正直ウザイ

Come COVER ME 

March 04 [Tue], 2008, 18:32
お前の愛で闇を包んでくれ
赤いワインを飲もう
お前の全てで私を包んでくれ

お前が私を迎え入れるまで
お前の中で安らぎたい

私のために
お前のために
時がむさぼる 情熱は美

お前の愛の為に
この世界よりお前の素晴らしさの為に

私を包んでくれ・・・

幻想 

February 21 [Thu], 2008, 12:31
明日も二人で肩を寄せ合いたい
私が望むものは君が優しく紡いでくれる
貴方は優しい風の中で
暖かく微笑んでくれるから
穏かに目を閉じる事が出来る

夢を見ているような幻想的な君とのひと時
柔らかく頬を撫でる

蒼く優しい瞳が未来を映す

幸せの鼓動はすぐ傍に

Feel 

February 17 [Sun], 2008, 21:37
私は自分で傷つけた心を伝えず
ただ迫る痛みに跪く

汚してしまった私に纏わりつくのは
消えない傷
犯した罪
君を追いかけても届かない

君はどうか優しい空間で笑っていて欲しい

この穏かな優しい場所を
優しい君を守るためならば
どんなことでもしてみせる
それが例え神に逆らう行為であっても
絶対に、君を守りぬく

今更気付いた哀れな私
大切だと思っていながら
私は私を拒絶した
君を、拒絶した

それでも君は「許す」と言ってくれた
抱きしめてくれた
どうかこの体温が嘘ではないと教えて欲しい
優しい声で名前を呼んで
私をもう一人にしないで

せめて最期のときまで
ずっと優しく微笑んでいられるように
君の傍にいられるように・・・

Cry 

February 17 [Sun], 2008, 21:32
貴方の隣で全てを感じたい

貴方との何気ない日々が時間が
どんな高価なものよりも大切で価値がある宝物
いつまでもこの幸せな日々が
優しく温かな光で包まれていますように

オレは信じてる
例えそれが許されなくても

輝いていて ずっと微笑んでいて

もう泣かないで もう自分を傷つけないで
どうかオレの声を聞いて
周りの雑音がうるさすぎて
オレの声が聴こえてないの?
少しで良いから黙って
どうか声を届けて
あの人に届けて
誰よりも素直じゃなくて
誰よりも子供で
誰よりも愛しくて
誰よりも大好きなあの人に届けて
「許してるから 泣き止んで」

どんなに貴方に拒絶されたとしても
この手を差し伸べる
貴方が手を重ねるまで
どうかオレを信じてください

もう傍から離れないよと
教えたい

 

February 15 [Fri], 2008, 10:31
貴方を守りたい
どんな姿も愛しい
真っ直ぐ貴方に歩く事ができるように手を握っていて
まともじゃなくてもしっかり歩くから

貴方となら何処にでもいける
何処まででも飛び立てる
落ちてしまっても 心地が良い
次を待てない
貴方とならどんな所にでも行きたい

思えば思うほど翼は広がる
寄り添う事は悪い事じゃない
貴方の全てを俺に預けて

次を待てない 貴方とならば

Black White 

February 13 [Wed], 2008, 16:45
無疵な無垢な魂など存在しない
私は一人でいい
所詮「愛」というものは自己満足に過ぎない
無償の愛など存在するはずは無い
私は黒いままでいい
綺麗な色などいらない

何故君は私の邪魔をする?
何故、私に触れようとする?
わざと傷つけて
わざと罵っているのに
何故なんだ・・・

わからない わからない
それよりも
自分の心がわからない

君が私の元に来てくれることを何処か期待している
こんな私がわからない
黒に白が混ざり、灰色になる
私はそんなもの望んでいない!!
なのに心地が良い

そんな自分が解らず
気付けば空を仰いで涙を流した

美しきもの 

February 10 [Sun], 2008, 21:40
昨日の事のように覚えています
貴方が俺を愛していると言ってくれた日の事を
呼ぶ声は温かく貴方の手を握り
美しき音を聴きました
ありふれた平凡な自分だけれど
貴方と出会えた事を誇りに思います

昨日の事のように覚えている
寒い雨の日
君の声は高らかに響き
私を包んだ
最悪な事をしたと我ながらに思う
それでも、君と出逢えた事は最高の幸運だ

ああどんな困難や苦難が訪れても諦めずに立ち向かいましょう

貴方が今生きているそれが「俺の生きている物語」
君が私を愛してくれるならそれが「私の幸福」

そして、美しき物語の意味

枯れた大地 

February 07 [Thu], 2008, 14:51
さび付いた鍵にはまるはずの無い鍵を合わせて
無理矢理にこじ開けても真実は隠されたまま
思いやらずに求めすぎ、自分の欲望や憎しみの度合いが過ぎているならば
何も照らせないだろう
手に入れた偽りの関係など、実りの無い果実などすぐに色褪せるから

哀しみは憎しみへの足跡へとなる
私はただ歩くだけで罪を繰り返す

言葉が交わせないのなら何も残らないだろう
荒れ果てた世界もいずれは消えるはず
憎しみは愛に変わるはず
命も焦がすほどの愛が
オレはただ生きているだけで罰も抱え込む

枯れた大地は二人を引き合わせる事で癒しの大地となる
二人が一つとなるとき
この世界は
色を持つ
ため息は喜びに変わる
二人の存在こそが
この世界の光だと

土下座外交 

February 06 [Wed], 2008, 14:26
詩と小説をいっしょにしてみたんですがどうでしょう??
私にしては珍しい書き方ですが(=ω=.)

というか最近詩ばかり書いてるような(汗)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:霧朱 刹那
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1986年9月6日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 職業:短大生・専門学校生
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-サンホラ・ALIPROJECT・妖精帝國・霜月はるか
    ・ゲーム-鬼畜眼鏡・学園ヘヴン・星のカービィシリーズ
    ・マンガ-黒執事・ローゼンメイデン・ケロロ軍曹・未来日記・Venus versus virus
読者になる
鬼畜眼鏡の御堂×克哉を溺愛してます☆
腐女子でヲタクですwww
ニコニコ動画中毒でもあります←

当HPはリンクフリーですが、一応報告をメールかコメント欄にてお願いいたします。
小説や詩の感想を下さると小躍りします(自重)相互リンクも大歓迎

http://yaplog.jp/sh-midokatu/
2008年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像ななし
» 理解不能 (2009年11月14日)
アイコン画像汁ーんwwwwww
» 理解不能 (2009年06月15日)
アイコン画像盗賊
» 理解不能 (2008年10月20日)
アイコン画像タイラノ清盛
» 理解不能 (2008年10月15日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 理解不能 (2008年10月11日)
アイコン画像猫男爵
» 理解不能 (2008年10月09日)
アイコン画像ぷるん
» 理解不能 (2008年10月05日)
アイコン画像はにまる
» 理解不能 (2008年10月03日)
アイコン画像チャーリー
» 理解不能 (2008年10月02日)
アイコン画像きりひと
» 理解不能 (2008年10月01日)
Yapme!一覧
読者になる