注文住宅 世田谷区

September 25 [Tue], 2012, 17:52

奈良の法隆の寺の原建は7世紀初めに、保留するのが最も完全な日本の古い木が建築群を構成するので、堂、塔を主とします。注文住宅 世田谷区法隆の寺は金堂と塔を中心にして、回廊で巻いて、仏陀と俗っぽい世界を区分します。その形式はそのために細部の紋様は皆中国南北朝の建物からの影響を反映しました。
建物用はたくましいと推測して、金堂の円柱が殺して明らかで、柱の上に置くことを巻いて大きくて闘う食器の板があって、全体の木版画で雲の形の雲の形の斗拱が軒先を支えていることになって、そしててすりと大きな字を採択して押しのけます。全体の建築群は雄壮で美しいです。