共同配送システムの形成

December 07 [Fri], 2012, 21:49
荷受側も、数社の納入業者の荷受けが一度で済むから、その検品、検収のコストも減少するだろうという安易な考えから始められている。

ところが、会社が違えばその商品の性格も梱包形態も異なる。

商品の表示方法も異なる。

取引形態も異なる。

そのような雑多な状況を整理・標準化もせず、ただ集まってみても、胎の衆なのである。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hujtjj
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/sgtryuhj/index1_0.rdf