関係も参考になるスペインリーグはプロでありながら企業との距離感も近く、

July 26 [Sat], 2014, 15:48
企業との関係も参考になるスペインリーグはプロでありながら企業との距離感も近く、チームの呼称は「クラブ名+スポンサー企業名」が一般的だチーム名に企業名が入ることは「ヨーロッパのバスケやハンドボール、フットサルで一般的なこと」(富田氏)だというスぺインリーグ新会長のフランシスコ・ロカ氏はNBAで長く勤務したアメリカ通だが、スペインに“アメリカ流”をそのまま持ち込むことはないだろうスペインにはスペインに合ったやり方があるからだ

もちろん、そんなスペインでも、バスケットボールチームがプロとして運営していくことは楽でないサッカーの影に隠れてバスケの存在感は小さく、クラブの消滅も日常茶飯事加えて「ロシアやトルコ、ギリシャの金満クラブに選手が引き抜かれることも多い」(富田氏)という逆に言えば、彼らが先行するプロスポーツの“ニッチ”を狙わなければいけない厳しい経営環境の中で戦っているからこそ、日本バスケはスペインから学び得る日本のバスケもまた、野球やサッカーと競い合う土俵の上で戦わなければならないからだ

スペシャルな人材が自然と育つ、恵まれた経済的基盤を持つアメリカのやり方を、日本にそのまま持ち込むことは上策でない少なくとも唯一の方向性ではない

実業団の持つ人材、リソースを生かす悪い言い方をすれば養分として搾り取るそれくらいの現実性がなければ、日本バスケの発展など臨めない年に億単位の資本をこの競技に投じてきた大企業の存在は、良くも悪くもこの競技を動かしてきたそれは無視できない現実だ議論するべきはその排除方法ではなく、前向きな方向に取り込んでいくプロセスではないだろうか?

プロ化で先行したJリーグでさえ、未だに“親会社”から施設提供を受けているクラブが多く、人的・経済的なつながりも残っているまだ幼児に近い日本バスケを、親から無理やり自立させても、順調な成長は望めないだろうクラブが発展した結果として実業団を圧倒するようになれば、それは素晴らしい進化だしかし権力闘争で彼らを倒すことは、却ってプロの尊厳を貶め、バスケの未来を閉ざす行為となりはしないか?

選手の選択肢、生活権を奪うドラフト制度も、バスケ界にそのまま導入するとなると、マイナス面が多いバスケ界は学校体育への依存から抜け出せなくなるし、プロのよる選手育成であるアカデミー組織の可能性も捨て去ることにもなるプロとアマの境目がない、柔軟なリーグの運営もできなくなる

日本バスケの新リーグが向かうべき方向は、断じてNBAの強引な模倣ではない日本の国情にフィットするやり方は他にあるそれはプロとアマの関係がオープンで、資金力に差のあるチームが同じリーグに共存し、プロクラブが選手を育てていく力も持った“スペイン型”ではないだろうか ボストン・レッドソックスの田沢純一投手が現地25日、敵地で行われたタンパベイ・レイズ戦の1点リードで迎えた7回1死一塁の場面で登板しかし、2本のタイムリーを浴びるなどレイズに逆転を許し、2/3回を2安打、2四球、3失点の内容で今季2敗目(1勝)を喫した

 レッドソックスは1対2で迎えた6回、指名打者デービッド・オルティス、シェーン・ビクトリノ外野手のタイムリーで3対2と逆転しかし、リリーフが7回に4点を献上してリードを奪われると、反撃も9回の犠牲フライでの1点にとどまった4対6で敗れたア・リーグ東地区最下位のレッドソックスは、これで4連敗となっている

 一方、同地区4位のレイズはこの勝利で8連勝レイズ先発のデービッド・プライス投手は8回3失点で今季11勝目(7敗)を挙げているスぺインリーグ新会長のフランシスコ・ロカ氏はNBAで長く勤務したアメリカ通だが、スペインに“アメリカ流”をそのまま持ち込むことはないだろうiphone ケース ブランドスぺインリーグ新会長のフランシスコ・ロカ氏はNBAで長く勤務したアメリカ通だが、スペインに“アメリカ流”をそのまま持ち込むことはないだろうシリコンケーススぺインリーグ新会長のフランシスコ・ロカ氏はNBAで長く勤務したアメリカ通だが、スペインに“アメリカ流”をそのまま持ち込むことはないだろうiPhone 5 ケースコピー
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sgrwr/index1_0.rdf