t20「奇態なことだよ、まつたく!

July 03 [Wed], 2013, 12:05

 時に煙草を一服くんなよ! 教父とつ
つあん、お前めの煙草はえらく上物だのう! どこで買ふだね?」
「なんの、上物なもんか!」と教父クームは、飾り縫ひをした白樺皮の嗅煙草入の蓋をしながら、答へた。「ちいと年をくつた牝鶏なロンシャン 刺繍 バッグら、嚏みひとつするこつてねえだ!」
「おら今でも憶えてをるが、」と、同じ調子でチューブが話しつづけた。「あの、おつ死
ちんだ酒場の亭主のズズーリャが一度、ニェージンの市
まち
から煙草を土産に持つて来て呉れたつけが、それあ素晴らしい煙草だつたわい! とてつもない上等の煙草だつたぜ! 時に、教父ロンシャン バッグ
とつつあん、どうするね? そとは真暗ぢやねえかい。」
「ぢやあ、いつそ家ロンシャン プリアージュ

うにをることにしようか。」と、扉の把とつて
を握りながら、教父クームが答へた。もし教父クーム
がさう答へさへしなかロンシャン トラベルバッグつたら、てつきりチューブは出かけることを思ひとまつたのだが、かう言はれると、まるで何かに唆かされでもしたやうに、意地づくでも出かけようといふ気になつたものである。「うんにや、教父とつつあん、行かうや! なあに、い
かいでか!」ロンシャン 折りたたみ

 かう言つてから、すぐに彼は自分で自分の言つたことを忌々しく思つた。こんな晩にそとへ出かけるのは酷くいやだつた。だが、自分がどこまでも我
がを通して、他人ひとの助言に盾をついて押し切つたことがせめてもの心遣りだつた。ロンシャン トート
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sgjyte
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sgjyte/index1_0.rdf