記者が見た福島第1原発 「収束」のインプラント カウンセリング 東京現実

May 23 [Wed], 2012, 10:20
東京電力福島第1原発の内部が12日、報道陣に初めて公開された。公開は事故収束作業が進んだとして行われたが、目の当たりにしたのは収束にはほど遠い現実だった。「3、4号(機)はぼろぼろ。崩壊状態なんだから武蔵野市 GBR。今でも(線量計の)警告音にはびくっとする」。事故当時から最前線へと通い続ける下請け会社の作業員(47)が明かす。崩落が今も続く原子炉建屋。作業員は屋外で高い放射線量と対峙(たいじ)していた。原発敷地内では8月、がれきの撤去作業中に1万ミリシーベルトを超える極めて高い放射線量が計測されている。約3千人の作業員は、常にこうした「未知の危険」と隣り合わせでいる。東電の中堅社員が不安を口にした。極限状態の中で相当な精神的負担を強いられる作業員。低価格で人気の住宅ローン比較と口コミ
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sghshg/index1_0.rdf